早稲田大学文学部の日本史の対策&勉強法!難易度/傾向も【早稲田文学部日本史】






早稲田大学文学部日本史で合格点を取る対策&勉強法

 

早稲田大学文学部の日本史

早稲田大学文学部日本史の特色

 

早稲田大学の文学部の日本史は60分で大問6つ、配点は50点です。

史料問題と文化史の出題が特徴です。

また、記述の出題が3~4割弱ほどあります。

記述問題もしっかりと対策し、正しい勉強法で得点率8割を目指しましょう。

>>早稲田大学の卒業生が語る!最強の英語の勉強法はこちら➡

 

早稲田大学文学部日本史の出題傾向

 

早稲田大学文学部の日本史は古代から現代まで幅広く出題されます。

大問5までは時系列で並んでおり、古代史はほとんど必ず出題されます。

また、大問6は文化史が問われ、早稲田大学と縁のある問題が出ることもあります。

これらの傾向にあまり変化はなく、掴みやすくはあると思います。

>>浪人する人は必見!私が自宅浪人で早稲田大学に合格した話

 

早稲田大学文学部日本史の対策&勉強法

 

基礎の対策が最も重要

 

まず基礎を徹底しましょう。

確かに早稲田大学文学部の日本史には難問と言われる問題もありますが、ほとんどが教科書レベルのことを聞いています。

入試問題は教育課程を網羅した教科書を参考に作られているのです。

まずは教科書をマスターしましょう。

最初はざっと眺めるくらいで良いので、一つの時代を繰り返し読みましょう。

教科書の欄外の注からの出題も多いため、隅から隅までしっかり読んでください。

教科書を読みこみ、一つの時代を完璧にできたら市販の問題集等で知識を定着させると良いです。

全ての時代をやり終えたら、用語集や一問一答式の問題でさらに細かい知識を詰めていきます。

最初から人の名前や作品名を作業的に詰め込んでしまうと、時代の流れが理解出来なくなり、覚えにくくなります。

そのため日本史の勉強をはじめる際にはまず教科書等で全体の流れをつかみ、その後細かい知識をパズルのように当てはめていってください。

 

早稲田文学部に特化した対策&勉強法へと進む

 

ここまで終えることができたら次に文学部に特化した対策を始めましょう。

具体的には文化史が鍵となります。

先述のとおり文化史でまるまる一つの大問が設けられています。

ここを落とすわけにはいきません。

文化史は視覚的なアプローチをすると良いです。

学校で配布された資料集を参考に、時代、作品名、作者名を抑えていきます。

時代の有様は文化に大きな影響を与えています。

そのため、為政者の政治的性格と照らし合わせてみると覚えやすくなります。

また自分で絵を描いてみたり、写真をコピーしてノートを作ったり、語呂合わせをつくったりして工夫をしてみてください。

文化史は覚えるのが大変ではありますが、工夫次第で楽しく取り組むことができる分野です。

 

史料問題の対策と勉強法

 

次に取り組むべきは史料問題です。

史料問題を集めた問題集なども販売されているので取り組むのも良いです。

その際はその史料が作成された背景や関連人物もリンクさせて覚えましょう。

音読するとなお良いです。

試験では初見の史料が出題されるかもしれません。

そのようなときは元号や役職の名前などの背景知識が役に立ちます。

余裕があれば抑えておきましょう。

 

早稲田大学文学部日本史の傾向と対策&勉強法まとめ

 

とにかく基礎を重視することが大切です。

基礎の部分を疎かにし、難問、奇問の対策ばかりしている受験生はかなり多いのです。

繰り返しになりますが、文学部は難問は多くないため、教科書を中心に勉強しましょう。


⇒センター試験が廃止!3分でわかる共通テストの解説はこちら

⇒浪人する人は必見!私が宅浪で早稲田大学に合格した話

⇒【1カ月で】英語の偏差値が30上がった勉強法はこちら

⇒早稲田大学の合格者が語る!最強の英語の勉強法はこちら


>>浪人生は必見!宅浪で早稲田大学に合格した話


>>早稲田大学の合格者が語る!最強の英語の勉強法はこちら

受験エキスパート
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。 英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。 浪人期に図書館にこもって研究し、 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発券し、偏差値を73まで上げ、早稲田大学に合格。 通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。 自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。 開発した「独自の英語長文読解法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。 大学入学共通テストや英検、TEAPの対策法も研究し、無料で公開している。


⇒知らなきゃマズい!新しい英語の勉強法はこちら



























センター試験廃止で、全ての大問が英語長文に変更!


旧センター試験が廃止され、大学入学共通テストでは全ての問題が英語の文章を読む問題に変わりました!


模試や過去問を解いても、英語の長文が全然読めない・・・。
英語長文の重要度がさらに上がった今、長文を攻略できなければ志望校には合格できないといっても過言ではありません。

私が受験生の時に、1ヶ月で英語長文をスラスラ読めるようにしたトレーニング方法をお伝えしています!
1ヶ月で40前後だった偏差値が、70を超えるようになり、模試の全国ランキングにも掲載されました。
その勉強法を詳しく解説しています!
勉強や受験に関する相談も受け付けています!



Copyright© 大学受験の偏差値上がる勉強法 , 2020 All Rights Reserved.