明治学院大学/明学の英語の傾向と難易度!対策&勉強法【自由英作文】




⇒1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら

明治学院大学の英語で合格点を取る対策法

 

明治学院大学英語

 

明治学院大学の英語の傾向と難易度

 

明治学院大学は英語に重きを置いており、英語は同レベルの大学と比較してもやや難しく、配点も高くなっています。

長文と会話問題だけでなく、日本語の要約問題と自由英作文も出題されます。

私立大学をメインで考えている受験生は、記述・論述問題の演習が足りていないケースが多いです。

明治学院大学を志望するのであれば、対策は必須。

逆に言えば十分に対策しておくことで、他の受験生と大きく差をつけることができるでしょう。

>>明治学院大学の英語で合格点を取る方法、知りたくないですか?➡

 

明治学院大学の英語長文の対策法

 

明治学院大学の長文は文章量、難易度ともに標準的。

問題は文章の理解を問う問題がほとんどなので、英文を正確に読んでいくことを一番に考えて、トレーニングを進めていきましょう。

長文を「精読」する力をつけるために、日ごろから文構造を理解して、丁寧に英文を読んでいくことが大切です。

 

問題の解き方としては、「設問を読む→答えを探しながら長文を読む→答えが見つかったら次の設問へ」の繰り返し。

基本的に設問は長文の流れに沿って作られているので、1問ずつ順番に解いていけばOK。

設問で問われている内容に絞って長文を読んでいくことで、正答率もスピードも上がっていきます。

>>1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら

 

明治学院大学の会話問題の対策法

 

明治学院大学の会話問題は、「会話のストーリー」を理解することを求められています。

細かい会話表現を覚えるよりは、長めの会話文に慣れておくことが大切。

会話文を読むときには「どんな人たちが、どんな雰囲気で、どんな会話をしているか」をリアルに想像しながら読んでいきましょう。

会話の情景を思い浮かべながら読んでいくことで、会話のストーリーを理解しやすくなります。

こちらも長文と同様、1問ずつ順番に、「設問→会話文を読む→回答」の作業を繰り返して進めていってください。

>>1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら

 

明治学院大学の要約問題の対策法

 

明治学院大学では、短めの長文の内容を、日本語で要約させる問題が頻出。

まずは赤本などの回答を見て、「要約文とは何を書けばよいのか」を理解することからスタートしましょう。

文章をどのように活用して、どんな論理構成で要約文を書いているか。

先にゴールを知ってから、そこから逆算して戦略を立てていきましょう。

大まかな書き方が分かったら、後はたくさん問題を解いて、要約文の精度を高めていくだけです。

>>1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら

 

明治学院大学の自由英作文の対策法

 

明治学院大学の自由英作文は、自分の意見を述べるオーソドックスな形式。

対策を全くしていないと太刀打ちできませんが、ある程度の対策をすれば十分に合格点が取れるようになります。

「英作文ハイパートレーニング 自由英作文編」などを使って、まずは自由英作文の書き方を学びましょう。

最初は全く英文が書けないところからスタートすると思いますから、文章を書いていく簡単なテンプレートをストックしておいてください。

まずはテンプレートに沿って英文を書けるようにし、そこから少しずつ柔軟に対応できるようにしていきます。

 

自由英作文を書く際に私が一番大切にしていることは、「先に日本語で論理構成を考える」こと。

いきなり英語で文章を書き始めると、どうしてもレベルが低い文章になってしまいがちなんです。

日本語で考える思考の方が当然、発達していますからね。

日本語で論理構成を考えて、「まっとうな意見」を英語にして書き出しましょう。

 

また日ごろから英単語英熟語を覚える際には、スペルにも少しだけ気を使っておいてください。

スペルをすべて覚えようとするのはさすがに大変ですから、少し目を通す程度でOK。

本番でスペルミスをすることがないよう、日ごろから意識しておきましょう。

 

明治学院大学の英語の対策&勉強法まとめ

 

明治学院大学の英語は、まとまった論述の問題が多くなっています。

対策しているか否かで大幅な差がついてしまうので、受験の直前ではなく、早い段階から対策しておきましょう。

私立大学を志望する受験生は特に、記述や論述問題に苦手意識を持ってしまいがちですが、避けずに日ごろからトレーニングしておかなければいけません。

>>明治学院大学の英語長文がどうしても読めない受験生はこちら



⇒英語長文を読むスピードを速く、試験時間を5分余らせる方法はこちら

⇒偏差値が1ヵ月で40から70に!私が実践した「たった1つのワザ」はこちら

⇒1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら



⇒英語長文を読むスピードを速く、試験時間を5分余らせる方法はこちら

⇒偏差値が1ヵ月で40から70に!私が実践した「たった1つのワザ」はこちら

⇒1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら


>>英語長文を読むスピードを速く、試験時間を5分余らせる方法はこちら

受験エキスパート
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。 英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。浪人期に図書館にこもって研究し、 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発券し、偏差値を73まで上げ、早稲田大学に合格。 通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。開発した「独自の英語長文読解法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。 大学入学共通テストや英検、TEAPの対策法も研究し、無料で公開している。
⇒偏差値が1ヵ月で40から70に!私が実践した「たった1つのワザ」はこちら

⇒偏差値が1ヵ月で40から70に!私が実践した「たった1つのワザ」はこちら

⇒1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら


>>1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら


>>偏差値が1ヵ月で40から70に!私が実践した「たった1つのワザ」はこちら







この記事も読まれています

1

東大/京大/早慶の英語長文の読み方・解き方のコツを大暴露   このページの途中で、あなたの「勉強のセンス」を診断する簡単なテストがありますので、興味がある人はチャレンジしてみてください! は ...

Copyright© 大学受験の偏差値上がる勉強法 , 2020 All Rights Reserved.