数学基礎問題精講の評判と使い方&勉強法【センター数学9割到達レベル】






234秒で読めます。

数学「基礎問題精講」でセンター試験9割取る使い方&勉強法

 

数学基礎問題精講

数学基礎問題精講の特徴

 

数学基礎問題精講は数学Ⅰ・A、数学Ⅱ・B、数Ⅲの問題集となっています。

例題及び練習問題がついています。数学Ⅰ・Aは例題135題で練習135題、数学Ⅱ・Bは例題167題で練習167題、数Ⅲは例題125題で練習125題となっています。

青チャートと構成が似ていますが、青チャートと比べると解説が詳しく、問題数も少なく重要問題がまとめられています。

>>早稲田大学の卒業生が語る!最強の英語の勉強法はこちら➡

 

数学基礎問題精講のレベル

 

対象となる受験生のレベル

 

センター試験で4割~7割程度の得点を取っている受験生に向けた問題集です。

青チャートに比べて問題数が少なく、内容が厳選されているためチャートの問題が多すぎて断念した人や数学があまり好きでない人でも取り組める問題集です。

収録されている問題はそこまで難しくなく、あまりつまずかずに問題を解いていけると思います。

つまずいた問題は絶対におさえるようにしましょう。

 

到達目標レベル

 

使用後はMARCH・中堅国公立レベルの数学の力が身に付きます。

センター試験はほぼとりこぼしがないレベルまで持っていけるため、本書学習後は記述型の問題演習を積極的に行うことをおすすめします。

>>センター試験が廃止!3分でわかる共通テストの解説はこちら

 

数学基礎問題精講のハイレベルな使い方&勉強法

 

数学基礎問題精講は問題集となっているので教科書などで一通り基本を学んだ後に本書に取り組むことをおすすめします。

本書は前述した通り、基本的な問題が収録されていますが、超基本的な問題は省かれています。

もし本書の解説を読んでも全く分からない問題が出た場合は基礎の基礎が抜けている可能性が高いので教科書、参考書などできちんと確認しましょう。

青チャートと比べると圧倒的に問題数は少ないのですが、その分絶対に外せない重要問題が本書には収録されています。

よく例題のみを学習する人がいるのですが、例題だけでは問題数が少なくもったいないため、練習問題も解くようにしましょう。

>>ゼロから東工大レベルまでジャンプアップする数学の勉強法はこちら

 

使い方&勉強法①短期間で終了し一気に力をつける

 

数学基礎問題精講を使用するにあたってスピード感を持って取り組みましょう。

本書収録問題数はおよそ250題~330題程度です。

そのため、一日3~4題解けば約一か月半で終わります。

本書はあくまで基本の定着を図るものであるため、だらだら取り組んでいると基本の定着が遅くなる上、発展的な問題に取り組むのが遅くなります。

したがって、本書を使って基本問題をできるだけ早く定着させましょう。

>>【LINE講座】英語の勉強法を教わりたい、相談したい方はこちら

 

使い方&勉強法②精講とポイントを頭に叩き込む

 

数学基礎問題精講を実際に使う上で精講とポイントをしっかりと確認してください。

精講とポイントはその問題の着目点や重要な内容について説明がなされています。

この部分をきちんと押さえることで問題が解けるだけでなく、発展的な問題を解く際にも力となります。

本書で間違えた問題の精講とポイントはノートに書き写したりして確実におさえるようにしましょう。

 

数学基礎問題精講が終わったら?

 

数学基礎問題精講を終えた後、MARCH・中堅国公立レベル以上の大学を受験する人は本書の1段階上のレベルの問題集である「標準問題精講」シリーズに取り組むことをおすすめします。

ただし数学Ⅱ・B、数Ⅲは基礎問題精講」シリーズと「標準問題精講」シリーズの難易度の差は大きいです。

黄チャートの標準問題などに取り組んだ後に「標準問題精講」へと移っていきましょう。


⇒センター試験が廃止!3分でわかる共通テストの解説はこちら

⇒時間がない!合格を諦めかけている受験生はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡

⇒【LINE講座!】受験の英語をLINEで相談したい受験生はこちら

>>30日で早慶・国公立の長文が読めるようになる方法はこちら

受験エキスパート
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。 英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。 浪人期に図書館にこもって研究し、 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発券し、偏差値を73まで上げ、早稲田大学に合格。 通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。 自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。 開発した「独自の英語長文読解法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。 センター試験の英語の対策法も研究し、無料で公開している。


⇒センター試験が廃止!3分でわかる共通テストの解説はこちら























LINEで英語長文の読み方を教えています!


たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める方法


単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値70.4、全国22位まで登りつめました。
その具体的な「英語長文の読み方」を、LINEにてお伝えしています。
勉強や受験に関する相談も受け付けています!



Copyright© 大学受験の偏差値上がる勉強法 , 2020 All Rights Reserved.