微積分 基礎の極意の評価と難易度と使い方&勉強法【東工大レベル・文系不要】






233秒で読めます。

微積分 基礎の極意のハイレベルな使い方&勉強法

 

微積分 基礎の極意

微積分 基礎の極意の特徴

 

微積分 基礎の極意は第1部から第3部までで構成されており、第1部は「計算力のチェック」、第2部は「手筋、常識、落とし穴」、第3部は「有名問題、典型問題の解明」となっています。

理系数学では非常に出題頻度の高い微積分に特化した参考書です。

出題頻度が高く差が付きやすい分野ですので、得点力アップに非常に有効な武器となります。

一対一対応の演習は演習問題がメインに対し、こちらは細かい部分を吸収することがメインと言えます。

 

微積分 基礎の極意のレベル

 

微積分の参考書の中でもレベルは比較的高いです。

微積分の基本は抜け目なくて定着してから取り組んでください。

主に難関私大~有名国公立大を志望する受験生、特に記述力を必要とする大学を目指す受験生にとっては網羅しておきたい一冊です。

解説等も充実しているので、早めに数学のレベルアップを図りたいという方にも向いています。

文系の受験生にはほぼ不要と言っても過言ではありません。

>>入試までもう間に合わない!諦めたくない受験生はこちら

 

微積分 基礎の極意のハイレベルな使い方&勉強法

 

第1章の使い方&勉強法

 

まずは第1章の「計算力のチェック」で、間違えた問題や解法が思いつかなかった問題を丁寧にチェックしていきます。

チェックボックスが各設問に配置されてありますので、ボックス毎に問題を解いて答え合わせしていくと自分の弱点がその都度分かるようになります。

この章では考えるよりも計算力やスピードを重視する問題が多くありますので、隙間時間などに少しずつ解くことが肝心です。

本番で緊張している中計算ミスをしないためにも、少しレベルの高い計算問題を解き続ける練習を心がけて下さい。

 

第2章の使い方&勉強法

 

第2章では難関大の受験数学によくある盲点や受験時に使える技などを紹介しています。

第3章にある入試問題をある程度解いてみてから、時間のある時に読んでみることをおすすめします。

特に微積分の勉強に行き詰まった際に読んでみると、新たな視点が生まれることが多く、その情報が脳裏に定着します。

 

第3章の使い方&勉強法

 

第3章は、まさに入試の典型的な問題です。

難関国公立の過去問から選抜された問題です。

総合的な演習として取り組んでいきましょう。

 

問題演習の進め方

 

①じっくり考えて一度解いてみる

一つの問題にあたり3,40分を越えたらそれ以上は時間の無駄なので解説を見るようにしてください。

 

②『なんでもノート』に逐一メモしておく

自分で解いていて気付かなかったポイントを把握するために、なんでもノートに常にメモをする癖をつけてください。

「なんでもノート」は定期的に目を通してください。

 

③時間をおいてまた解いてみる

これを繰り返すことで、実際の入試のときのような集中力を得られます。

そして『なんでもノート』に書いたことを本番直前に見返すことで注意すべき点がすぐに分かるという2つのメリットがあります。

 

微積分 基礎の極意の使い方&勉強法まとめ

 

第1章は最低でも3周はやっておくことをおすすめします。

スピード頑丈な計算力が身につくので、繰り返し演習をしてください。

また第1章に限らないことですが、解法が分からないのか、ただ計算ミスをしてしまったのかと、間違えた原因をしっかりと把握するのが重要です。

この参考書の解説はかなり丁寧に書かれてあるのですが、解法が分からない場合は、解説の冒頭部分のみをさらっと見て、解くアプローチを自分なりに考えてみてください。

そうすることでどんな形式の問題でも臨機応変に対応できるようになります。


⇒センター試験が廃止!3分でわかる共通テストの解説はこちら

⇒時間がない!合格を諦めかけている受験生はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡

⇒【LINE講座!】受験の英語をLINEで相談したい受験生はこちら

>>30日で早慶・国公立の長文が読めるようになる方法はこちら

受験エキスパート
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。 英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。 浪人期に図書館にこもって研究し、 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発券し、偏差値を73まで上げ、早稲田大学に合格。 通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。 自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。 開発した「独自の英語長文読解法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。 センター試験の英語の対策法も研究し、無料で公開している。


⇒センター試験が廃止!3分でわかる共通テストの解説はこちら























LINEで英語長文の読み方を教えています!


たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める方法


単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値70.4、全国22位まで登りつめました。
その具体的な「英語長文の読み方」を、LINEにてお伝えしています。
勉強や受験に関する相談も受け付けています!



Copyright© 大学受験の偏差値上がる勉強法 , 2020 All Rights Reserved.