得点奪取現代文で記述力をつける使い方&勉強法【東大京大レベル】






216秒で読めます。

得点奪取現代文のハイレベルな使い方&勉強法

 

得点奪取現代文使い方と勉強法

得点奪取現代文のレベルと特徴

 

国立大学志望で二次試験に国語がある受験生に対応するレベルです。

この問題集には解答に実際の生徒の解答例が複数載っており、その不正解の解答例が赤ペンで 添削されています。

その解答例が秀逸で受験生が間違って答えてくるだろう解答、つまり殆どの確率で自 分の不正解の解答が添削されています。

そして添削には「なぜ答えが間違っているのか」が明確に記述さ れており自分自身で答えを訂正することができます。

 

得点奪取現代文の使い方&勉強法

 

使い方&勉強法のポイント①量より質にこだわる

 

問題は易しい順番から掲載されていますので、順番に手前から問いていきましょう。

特徴でも述べましたが、この参考書の一番の特徴は解説です。

解説が通常の参考書よりも分厚く、情報量 が多いです。

ですので答え合わせ+見直しに多くの時間をさいて下さい。

現代文の対策は「」をこなすこ とではありません。

問題となりうる良質な現代国語は今も出版され続けていますので「」をこなすことは意 味がありません。

重要なのは「」。

その「質」を磨くために「得点奪取現代文(河合出版)」が役に立ちます。

>>入試までもう間に合わない!諦めたくない受験生はこちら

 

使い方&勉強法のポイント②間違った回答は徹底的に理由を探る

 

一度制限時間内で問題を解き、答え合わせをします。

そして間違った問題のみをなぜ自分は間違った 答えを正解だと思ってしまったのか」+「なぜ正解が正解なのか」に焦点をあて復習して下さい。

すると自分 の足りない現代国語力が徐々に分かってきます

例えば、不正解の解答をしてしまった理由は時間が足りずに急いで解答したからなのであれば、文章を読 むスピードと解答するスピードを上げなければいけません。

または、自分が不正解の解答を完全に正解だと 自信をもって解答している時が成長できる瞬間で、この参考書の力が最も活かされる瞬間でもあります。

その時に分厚い解答説明の隅々まで読み込み勘違いの理由と正解を見つけられなかった理由を探りま しょう。

 

使い方&勉強法のポイント③得点がもらえるポイントを知る

 

またもう一つの特徴として採点基準が明確に記載されていることです。

ある単語を書いていれば2点、因果関係の記述があれば5点など自分一人でも正確に採点ができるようになっています。

ここの参考書の 強みを最大限に活かすために採点のみで終わるのではなく、現代文の得点がもらえるポイントを習得し てください。

採点基準の基本は「適切な単語使用」+「関係性の記述」です。

この採点基準は他教科にはなく現代文特有の採点方式です。

これに慣れることで、たとえ解答が頭に浮かんでいなくとも「おそらくこ の単語を書いていれば部分点はもらえるだろう」や「因果関係の記述に一番大きな配点がされるだろうから、ここは丁寧に記述しよう」などの賢い得点の稼ぎ方ができるようになります。

現代文で満点を取りに行 くことはほぼ不可能で、全問部分点のみだとしても合格点に達する可能性は大いにあります。

ですから本 参考書:得点奪取現代文(河合出版)で有効な部分点のとり方を習得して下さい。

すると国立レベルの現代文であっても合格点を取りにいけるような読解力を養うことができます。


⇒センター試験が廃止!3分でわかる共通テストの解説はこちら

⇒時間がない!合格を諦めかけている受験生はこちら

⇒【1カ月で】英語の偏差値が30上がった勉強法はこちら

⇒早稲田大学の合格者が語る!最強の英語の勉強法はこちら

>>早稲田大学の合格者が語る!最強の英語の勉強法はこちら

受験エキスパート
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。 英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。 浪人期に図書館にこもって研究し、 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発券し、偏差値を73まで上げ、早稲田大学に合格。 通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。 自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。 開発した「独自の英語長文読解法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。 センター試験の英語の対策法も研究し、無料で公開している。


⇒知らなきゃマズい!新しい英語の勉強法はこちら

























センター試験廃止で、全ての大問が英語長文に変更!


旧センター試験が廃止され、大学入学共通テストでは全ての問題が英語の文章を読む問題に変わりました!


模試や過去問を解いても、英語の長文が全然読めない・・・。
英語長文の重要度がさらに上がった今、長文を攻略できなければ志望校には合格できないといっても過言ではありません。

私が受験生の時に、1ヶ月で英語長文をスラスラ読めるようにしたトレーニング方法をお伝えしています!
1ヶ月で40前後だった偏差値が、70を超えるようになり、模試の全国ランキングにも掲載されました。
その勉強法を詳しく解説しています!
勉強や受験に関する相談も受け付けています!



Copyright© 大学受験の偏差値上がる勉強法 , 2020 All Rights Reserved.