岡山大学の理系数学の難易度と傾向と対策&勉強法【岡大理系数学】






249秒で読めます。

岡山大学の数学で合格点を取る対策&勉強法

 

岡山大学数学の対策と勉強法

岡山大学の数学の出題の傾向

 

大問は大きく4つに分けられています。

問題形式としてはとてもシンプルなものになっていて一見取っ付きやすく見えます。

内容としては主にⅠAでは場合の数・確率、図形でⅡBでは微分積分、ベクトル、数列でⅢでは微分積分、極限などが出題されています。

もちろんその分野単品の出題の仕方ではなく色々な分野が混ざった複合問題となっています。

ですから、センター試験だけの勉強では対応し切れない部分も多々あります。

>>早稲田大学の卒業生が語る!最強の英語の勉強法はこちら➡

 

岡山大学の数学のレベルと特徴

 

問題数としては少ないですが難易度としてはセンター試験より難しく1つ1つの分野の知識理解が甘いと解けないような問題となっています。

また、証明問題がほぼ毎年出されているので基本から応用まで問われることになります。

 

岡山大学の数学の対策&勉強法

 

対策&勉強法のポイント①センター対策より二次対策

 

二次試験より先にもちろんセンター試験があります。

なのでセンター対策を徹底してやるという方が多く見受けられます。

しかし、センター試験が終わってから二次試験までそんなに時間はありません。

センターの問題ばかり解いていても二次試験には対応しきれません。

ではどうするのか、二次試験レベルの問題に慣れておくべきなのです。

岡山大学くらいのレベルになってくると数学の根本を分かっていないと解けない問題が出てきます。

もちろんマークではないので1から自分が解かないといけません。

なのでしっかりとした実力をつけるためにも普段から上層部の大学の二次試験を解いたり、二次試験対応の問題集をやったりするべきです。

>>入試までもう間に合わない!諦めたくない受験生はこちら

 

対策&勉強法のポイント②ⅡB・Ⅲを重点的に行う

 

やはりつまづく所はⅡBとⅢの分野でしょう。

問題の比率や難易度からしてもⅡB・Ⅲの方が多く難しいものとなっています。

ここで落としてしまうと希望は薄れてしまいます。

特に重点的にやるべきなのは微分積分です。

関数は比較的点が取りやすい、それは数Ⅰの二次関数からずっと関数というものに触れてきている分イメージがしやすいからです。

逆に数列などは見る人によってはただの暗号にしか見えなかったり、何を表しているのかさっぱり分からないという声もよく聞こえます。

ベクトルは図形的要素が強いので図をしっかり書いてイメージできれば後は公式通りに解くという問題も多いです。

そういう面で見ると関数はグラフの書き方など染み付いている人が多いので解きやすいです。

数Ⅲの微分積分は新しい公式が出て来ますが覚えてしまえばそこまで苦ではありません。

まずは公式を覚えるところから始めましょう。

微分積分を一通りやり終えたら、次はベクトルに進むと良いでしょう。

岡山大学では空間ベクトルがここ数年出ています。

苦手意識を持っている人もいるかとは思いますがやることは平面ベクトルと何ら変わりはありません。

ただ図だけはしっかりと書きましょう。

数学ができるようになるコツは与えられている情報を書き起こすことから始まります。

図形やベクトルならば図を書く、関数ならグラフを書くなど、そこから自分の知っている公式や知識が使えないかを判断するのです。

>>私が模試で全国ランキングに入った、秘密の勉強法はこちら

 

対策&勉強法のポイント③問題数をこなす

 

やはり問題数はこなしておくべきです。

色々問題形式や解き方を知っている方が断然有利なのは間違いない。

しかし、あまり時間が無い人もいるかもしれません。

そういう人はあまり参考書は買わずに一つの参考書を徹底的にやることをお勧めします。

それとあとは過去問を解いて完璧に理解すること。

理解していなければやっても意味がありませんので理解するまでやる、同じ問題をやっても構いません。

要はその解き方をマスターして似たような問題に対応出来ればいいのです。

直前になって慌てるのではなく早いうちから計画を立ててなるべく多くの問題に触れ、理解を深めていくことが大学合格への道です。


⇒センター試験が廃止!3分でわかる共通テストの解説はこちら

⇒時間がない!合格を諦めかけている受験生はこちら

⇒【1カ月で】英語の偏差値が30上がった勉強法はこちら

⇒早稲田大学の合格者が語る!最強の英語の勉強法はこちら

>>早稲田大学の合格者が語る!最強の英語の勉強法はこちら

受験エキスパート
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。 英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。 浪人期に図書館にこもって研究し、 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発券し、偏差値を73まで上げ、早稲田大学に合格。 通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。 自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。 開発した「独自の英語長文読解法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。 センター試験の英語の対策法も研究し、無料で公開している。


⇒知らなきゃマズい!新しい英語の勉強法はこちら

























センター試験廃止で、全ての大問が英語長文に変更!


旧センター試験が廃止され、大学入学共通テストでは全ての問題が英語の文章を読む問題に変わりました!


模試や過去問を解いても、英語の長文が全然読めない・・・。
英語長文の重要度がさらに上がった今、長文を攻略できなければ志望校には合格できないといっても過言ではありません。

私が受験生の時に、1ヶ月で英語長文をスラスラ読めるようにしたトレーニング方法をお伝えしています!
1ヶ月で40前後だった偏差値が、70を超えるようになり、模試の全国ランキングにも掲載されました。
その勉強法を詳しく解説しています!
勉強や受験に関する相談も受け付けています!



Copyright© 大学受験の偏差値上がる勉強法 , 2020 All Rights Reserved.