【大学受験勉強】睡眠時間は削るべき?脳科学的な理想は6時間?最低3,4時間?






337秒で読めます。

【大学受験勉強】睡眠時間は削るべき?

【大学受験勉強】睡眠時間は削るべき?脳科学的な理想は6時間?最低3,4時間?

Q.勉強の量がとても多いのですが、睡眠時間を削るべきでしょうか?

でも睡眠時間を削ると、次の日に眠くなってしまって・・・。

どうしたら良いでしょうか?

 

多くの受験生が、寝る間も惜しんで勉強するべきなのか、悩んでいるようです。

私のもとにも睡眠に関する相談が、たくさん寄せられています。

そこでここでは、受験勉強と睡眠を両立する方法をお伝えしていきます。

>>早稲田大学の卒業生が語る!最強の英語の勉強法はこちら➡

 

まず勉強は時間ではなく「量」で考えよう

 

睡眠時間について考えている受験生は、「勉強時間」を目標にしてしまっているケースが多いです。

「1分でも多く勉強するために、睡眠時間を削ろう」

「1日〇時間勉強しなきゃいけないから、今日は寝れない」

などなど。

 

しかし大切なのは「時間」ではなく「量」なのです。

1日にやるべき量をきちんと決めて、そのノルマを達成するようにしていけば、時間にとらわれなくなります。

例えば単語を10個覚えるのに1時間かけてダラダラ暗記しても、10分でサクッと覚えても、やっていることは変わりません。

 

ノルマを決めておけば、「今日はたくさん寝たいから、一気に集中して早めにノルマを終わらせるぞ!」という調整もできます。

机に座って時間だけが過ぎていくということもなくなり、勉強に対するやる気も上がるでしょう。

私が学生時代に早稲田大学に合格するために実践した英語の勉強法を、LINEでお伝えしていますので、そちらも参考にしてみてください!

>>【LINE講座】英語の勉強法を教わりたい、相談したい方はこちら

 

睡眠時間は、勉強時間くらい大切

 

睡眠不足は脳科学的にも、学力の向上を妨げるといわれています。

脳は寝ているときに記憶を整理するので、睡眠時間が足りないと勉強した内容が頭の中に定着しにくくなるんです。

 

もちろん睡眠不足は、集中力も奪ってしまいます。

睡眠時間を削るという事は、脳を休ませる時間を減らすという事ですから、勉強の効率が下がってしまうのは当然ですよね。

睡眠時間を削ったがゆえに、次の日に勉強しているときに眠気が襲ってきてしまったら、本末転倒。

 

睡眠時間は、勉強時間と同じくらい大切なものなんです。

成績を上げるためには、睡眠と勉強を両立する必要があって、どっちも欠けてはいけません。

>>入試までもう間に合わない!諦めたくない受験生はこちら

 

睡眠時間よりも削れる時間は、たくさんある

 

そんな大切な睡眠時間よりも、削れる時間は本当はたくさんあるんです。

そこでやってみてほしいのは、勉強した時間だけをストップウォッチで測ってみること。

勉強から少しでも離れた時間は、ストップウォッチを止めてください。

 

・机に向ってはいるけれど、ボーっとしている時間。

・ついついスマホをいじってしまっている時間。

 

そうすると自分では1日6時間勉強していると思っていても、実は3時間くらいしか勉強していないことも珍しくありません。

もちろんずっと勉強し続けることは難しいので、息抜きを取ることも必要です。

でもそれにしても、思っている以上にムダにしている時間は多いんです。

睡眠時間を削る前に、このムダを減らしていきましょう。

そうすれば睡眠時間も勉強時間も増やせるので、成績はぐんぐん上がっていくはずですよ。

 

またどうしても時間が無い受験生は、配点の高い分野に絞って勉強するのも1つの手。

例えば「英語長文」は大学受験において、最も配点が高い分野の1つです。

英語長文が読める受験生とそうでない受験生では、点数に大幅に差がついてしまいます。

コストパフォーマンスを一番に考えて、どう勉強していくべきかを考えていきましょう。

>>最短30日で難しい英語長文もスラスラ読めるようになる方法、知りたくないですか?

 

理想的な睡眠時間は、8時間ほど

 

高校生に必要な睡眠時間は、諸説ありますが8時間ほどと言われています。

朝7時に起きるとすると、夜11時には寝なければいけません。

これはちょっと、現実的ではないでしょう。

また理想的な睡眠時間は、その日の体調や前日の睡眠時間によって、毎日変わります。

必ず毎日〇時間寝ることが、正しいとは言えないんですね。

 

そこでおすすめなのが、自分の疲れをABCの3ランクで評価することです。

そしてその疲れに合わせて、睡眠時間を調節しましょう。

例えばものすごく疲れているときは、Aランク。

8時間たっぷり睡眠を取りましょう。

 

逆に前日ぐっすり寝れてすごく元気なとき。

Cランクと評価して、6時間睡眠にするんです。

睡眠時間を少し短くした分、勉強時間が増やせますね。

 

そうするといつもスッキリした状態で朝を迎えられるので、勉強にも集中できます。

もちろんこの時間には個人差がありますから、少しずつ調整して自分にベストな睡眠時間を、毎日取れるようにしましょう。

>>【LINE講座】英語の勉強法を教わりたい、相談したい方はこちら

 

【大学受験勉強】睡眠時間は削るべき?まとめ

 

・睡眠時間は、勉強と同じくらい大切な時間

・睡眠時間を削る前に、ムダな時間を削ろう

・毎日の疲れに合わせて、睡眠時間を調整しよう


⇒センター試験が廃止!3分でわかる共通テストの解説はこちら

⇒時間がない!合格を諦めかけている受験生はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡

⇒【LINE講座!】受験の英語をLINEで相談したい受験生はこちら

>>30日で早慶・国公立の長文が読めるようになる方法はこちら

受験エキスパート
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。 英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。 浪人期に図書館にこもって研究し、 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発券し、偏差値を73まで上げ、早稲田大学に合格。 通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。 自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。 開発した「独自の英語長文読解法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。 センター試験の英語の対策法も研究し、無料で公開している。


⇒センター試験が廃止!新しい英語の最強の攻略法はこちら























LINEで英語長文の読み方を教えています!


たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める方法


単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値70.4、全国22位まで登りつめました。
その具体的な「英語長文の読み方」を、LINEにてお伝えしています。
勉強や受験に関する相談も受け付けています!



Copyright© 大学受験の偏差値上がる勉強法 , 2020 All Rights Reserved.