【大学受験エバースタディ】~大学受験の勉強法~

大学受験勉強のやる気が出ない原因は?今すぐにやる気を出す魔法の対策


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

424秒で読めます。

大学受験の勉強のやる気が出ない原因と、やる気を出す魔法とは

 

大学受験勉強のやる気が出ない原因は?今すぐにやる気を出す魔法の対策

 

なぜ大学受験で成功したいはずなのに、勉強のやる気が出ないんでしょうか?

 

・机に向かっても、ボーっとしてしまう

・やる気がある日とない日のムラが激しい

・いつの間にか寝てしまったり、スマホを触ってしまったり・・・

 

なんでこんなにも、受験勉強に身が入らないのでしょうか。

その原因とすぐ効く対処法をお伝えしていきましょう。

 

私も現役時代は、勉強にやる気がなかなか出てこなくて、成績も上がりませんでした。

しかし浪人した1年は、やる気についてしっかりと知識を取り込んで、意識的にやる気を出すようにしていました。

毎日、勉強が楽しくて仕方なくなり、偏差値40台から早稲田大学に合格。

そんなやる気が出る魔法を、あなたにもかけていきます。

きっとこれを読み終わったあなたの体は、自然と机に向かっているでしょう。

>>英語の偏差値が40から70に上がる方法、知りたくないですか?➡

 

やる気が出ない原因①入試までの期間が長すぎる

 

やる気が出ない原因①入試までの期間が長すぎる

入試まで半年~1年以上もの期間があると、「まだまだ受験まで期間があるなぁ」と、どうしても現実味がわきません。

まだまだ先のことだと思ってしまうと、どうしても勉強へのやる気が出てきません。

 

そこでおすすめなのは、模試をたくさん受けることです。

私も1ヶ月に1回は、必ず模試を受けるようにしていました。

1か月後に模試があれば、自然と次の模試で良い結果を出すために勉強するようになるんです。

短いスパンでたくさん模試を受けて、常に目の前に目標がある状況を作り出しましょう。

受ければ受けるほど、「今度こそはE,D以外の判定を取ってやるぞ!」という気持ちも強くなっていきます。

模試に向かって必死に勉強を進めていれば、いつの間にか入試本番がやってきます。

その時には十分な力が蓄えられているでしょう。

>>あなたは天才?凡人?「勉強センス診断」はこちら

>>E判定から、偏差値80を取った!「模試の復習法」はこちら

 

やる気が出ない原因②危機感が足りない

 

やる気が出ない原因②危機感が足りない

 

「なんだかんだ、最終的には自分は志望校に合格できるだろう」

と楽観的に考えてしまっているパターンです。

人間誰しも、「自分だけは何とかなる」と思ってしまいがち。

私も現役時代は、「入試本番になるころには、自分の実力もついて、合格できるんだろう」なんて思っていました。

結果、12回の受験ですべて失敗。

自分が思っている以上に、受験は厳しいものなんです。

 

今すぐに、志望校の過去問を解いてみてください。

まだ合格点は取れないですよね?

入試本番までに安定して過去問で合格点が取れなければ、志望校には合格できないんです。

想像している以上に、難しいと実感できるはずです。

 

「今はまだ、解けなくても心配いらない」などと、現実から目を背けてはいけません。

1日でも早く合格点を取れるようにするため、必死で勉強に取り組みましょう。

>>安定して合格点を取り続ける!最強の過去問演習法はこちら

 

やる気が出ない原因③合格したい理由が言えない

やる気が出ない原因③合格したい理由が言えない

 

なぜあなたは、志望校に合格したいのですか?

 

と問われたとき、あなたは即答できるでしょうか。

「志望校に合格したい」というのは目標です。

「なぜ志望校に合格したいのか」という理由が、あなたのやる気を引き出してくれる最大のパワーになります。

 

志望校に合格して、家族や友達、先生から褒めてもらいたい。

そして大学に進んでから、「〇〇大学に通っています!」と胸を張って言いたい。

憧れのキャンパスで、こんなサークルに入って、こんな勉強をしたい。

 

これは私が浪人していた時の、志望校に合格したい理由でした。

そんな志望校に合格したい理由を、一度整理して紙に書き起こしてください。

そしてそれら1つ1つを達成した時に得られる「感情」を、リアルに感じてください。

人間は感情によって動いていて、その感情をあなたは欲しているんです。

その感情を得るために、あなたは勉強を頑張ろうとしているんです。

常にその感情を意識しながら勉強をしていくと、やる気がわいてきますよ。

>>モチベーションを最高潮に上げる方法はこちら

 

やる気が出ない原因④ノルマが明確になっていない

 

やる気が出ない原因④ノルマが明確になっていない

 

1日にやるべき勉強量、しっかりと明確にしていますか?

人間はノルマがあると、やる気が出る生き物なんです。

 

A:「今から頑張れるだけ、勉強をしなさい」

B:英単語を200個覚えたら、今日は終わりです。その後はテレビを見ても、遊んでも、何でもOK。」

 

Bの方が言うまでもなく、頑張れますよね。

私も毎日のノルマを決めて、「これが終わったら、家でゲームしよう!」というのを楽しみに勉強していました。

やる気を出すためには、1日のゴールを設定することが大切なんです。

ゴールを早く達成すればするほど、自由時間が増えると思えば、自然とやる気もわいてきますよね。

 

そしてその1日のノルマに、「それを達成していけば、志望校に合格できる」という根拠があったらどうでしょう?

毎日これだけやれば、志望校に合格できる。

でもやらなければ当然、志望校に落ちてしまう。

そう思えば、絶対に勉強するのではないでしょうか。

 

ですからまずは志望校の過去問を解いてみて、どの力がどのくらい足りないのかを分析しましょう。

そしてそこから逆算して、志望校に合格するためには、1ヶ月、1週間、1日でそれぞれどれくらいの量を勉強しなければいけないのかを、数値化してください。

例えば英語であれば、

単語を50個

熟語を20個

英文法を30題

英語長文を2題

というようにノルマを決めます。

そうすれば毎日やるべき勉強量が数値として現れるので、やる気がみなぎるでしょう。

>>私に、志望校に合格するための毎日のノルマを決めてもらいたい方はこちら

 

大学受験の勉強のやる気が出ない原因と、やる気を出す魔法まとめ

 

・模試をたくさん受けて、受験を身近に感じよう

・志望校の過去問を解いて、現実の厳しさを知ろう

・志望校に合格したい理由を、ハッキリ言えるようにしよう

・毎日やるべきノルマを数値化しよう

>>大学受験が辛い!もう逃げたい!そんなあなたはこちらをご覧ください

>>英語の偏差値が40から70に上がる方法、知りたくないですか?

>>60秒でできる!あなたの勉強センス診断はこちら





⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡
大和@受験講師
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。
開発した「英語長文専用勉強法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。


⇒【天才?凡才?】60秒勉強センス診断はこちら!
⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら➡

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡



無料で、英語 長文の読み方を公開中


無料メールマガジン:英語 長文専用勉強法

たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める方法



単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値70.4、全国22位まで登りつめました。
その具体的な「英語 長文の読み方」を、無料でお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。







5:10 AM