【大学受験】センター試験現代社会の傾向と対策!1ヶ月で9割取る勉強法!






センター試験の現代社会で9割取る勉強法&対策法!

 

センター試験現代社会

センター試験現代社会の傾向

 

センター試験の現代社会は、常識的判断が非常に大切になります。

倫理的に正しくない選択肢、常識的におかしな選択肢は不正解になります。

例えば、「環境破壊をしてでも、経済発展を追い求めるべきである」と言う選択肢があるとします。

常識的からはずれ、倫理的にも良くない選択肢なのでまず正解にはなりません。

ここまで極端な選択肢は出ませんが、こういった常識的、倫理的な観点から答える視点を持てるように、過去問演習を繰り返していきましょう!

 

センター試験現代社会の全体的な出題傾向

 

現代社会は幅広い知識の習得が求められてきます。

政治分野では消費者問題、基本的人権、裁判員制度などの日本社会の諸問題が問われます。

経済分野では需要・供給曲線、金融市場や労働市場などの市場メカニズムや、財政・金融・物価に関する国民経済が問われています。

また国際問題にも目を向ける必要があり、為替相場や通貨制度、国際法、国際連合の仕組み、パレスチナ問題などは頻出項目となります。
>>早稲田大学の卒業生が語る!最強の英語の勉強法はこちら➡

 

センター試験現代社会のレベル

 

ほとんどの問題は「センター試験現代社会の点数が面白いほどとれる本」を熟読することでカバーすることができます。

本文を読むだけではなく、図表などにも目を通し、数値もある程度は頭に入れておきましょう。

ほんの小さな知識が解くためのカギになることもあります。

 

現代社会の問題のレベルはほかの社会科目と比べてあまり変わりませんが、平均点は低いほうです。

この原因は、「時事問題」が出題されるからです。

教科書は今までのことを学習することができますが、今まさに起こっている問題には対応できません。

これが受験生を苦しませている一番の要因であり、問題が難しいと感じる大きな理由となります。

基本的な問題自体は難しくないので、「センター試験現代社会の点数が面白いほどとれる本」を熟読し、時事問題対策をすれば9割を目指す事が出来ます!

>>浪人する人は必見!私が自宅浪人で早稲田大学に合格した話

 

センター試験現代社会で9割取る対策法&勉強法

 

まず一番始めにやるべきことは、「センター試験現代社会の点数が面白いほどとれる本」を熟読し、全体像をつかむことです。

政治分野でも経済分野でも最初に知識を詰め込むことが最も重要になります。

政治分野ならば政治家、法律、年号などを真っ先に覚え、経済分野ならば専門用語、数値を中心的に覚えていきます。

またどちらにも共通しますが、図表も必ず確認するようにしてください。

これだけでも得点率を上げる事が出来ます。

 

一通り勉強したら、用語集などを使ってより深い知識を習得していきます。

現代社会は暗記科目に近いので、どれだけ覚えられたかが勝負となってきます。

用語集、センター試験の過去問などで、どんどん知識を吸収して全国の受験生と差をつけていってください。

 

先ほどお伝えした通り、時事問題が出題されますが、さほど心配しなくても大丈夫です。

時事問題の対策方法はニュースや新聞などに目を通す程度でOKです。

あまり時間がないという人は新聞の社説を読むだけでも随分違います。

日頃から今起こっている問題に興味を持つことが大切です。

 

現代社会は常識的なことを聞いてくることが多く、全く対策せずに受験しても90点以上取れる受験生もいます。

冒頭でお伝えした通り、「センター試験の正答のクセ」を掴み、知識以外の回答力も上げてください。

>>共通テストやTEAP・英検も攻略!最強の英語の勉強法はこちら

 

センター試験現代社会の盲点

 

受験生が苦手としている分野は時事問題と実はもう一つあります。

それは倫理問題です。

基本的に倫理問題に関しては教科書を読めば対策はできます。

加えて用語集を使って勉強すれば完璧です。

時事問題・倫理問題と他の受験生が勉強していない部分を対策して、高得点を狙っていきましょう!

 

1カ月でセンター試験で9割取る勉強法!直前対策法!

 


⇒センター試験が廃止!3分でわかる共通テストの解説はこちら

⇒浪人する人は必見!私が宅浪で早稲田大学に合格した話

⇒【1カ月で】英語の偏差値が30上がった勉強法はこちら

⇒早稲田大学の合格者が語る!最強の英語の勉強法はこちら


>>浪人生は必見!宅浪で早稲田大学に合格した話


>>早稲田大学の合格者が語る!最強の英語の勉強法はこちら

受験エキスパート
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。 英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。 浪人期に図書館にこもって研究し、 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発券し、偏差値を73まで上げ、早稲田大学に合格。 通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。 自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。 開発した「独自の英語長文読解法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。 大学入学共通テストや英検、TEAPの対策法も研究し、無料で公開している。


⇒知らなきゃマズい!新しい英語の勉強法はこちら



























センター試験廃止で、全ての大問が英語長文に変更!


旧センター試験が廃止され、大学入学共通テストでは全ての問題が英語の文章を読む問題に変わりました!


模試や過去問を解いても、英語の長文が全然読めない・・・。
英語長文の重要度がさらに上がった今、長文を攻略できなければ志望校には合格できないといっても過言ではありません。

私が受験生の時に、1ヶ月で英語長文をスラスラ読めるようにしたトレーニング方法をお伝えしています!
1ヶ月で40前後だった偏差値が、70を超えるようになり、模試の全国ランキングにも掲載されました。
その勉強法を詳しく解説しています!
勉強や受験に関する相談も受け付けています!



Copyright© 大学受験の偏差値上がる勉強法 , 2020 All Rights Reserved.