【センター対策編】出口汪のシステム現代文の評価と使い方&勉強法






246秒で読めます。

システム現代文センター対策編でセンター8割へ

 

システム現代文センター対策編

システム現代文センター対策編の特徴

 

センター試験の実際の過去問の内容理解、設問解法が、出口現代文シリーズの核となる「論理的思考」を軸にしながら解説されています。

二次試験や私大で出題される記述形式や空所補充形式などの問題よりも、センター試験対策に特化しています。

センター試験で出題形式の大半を占める傍線部内容の把握や本文全体の内容を把握して答えさせる問題への対処の仕方を中心に学べる点が本書の最大の特徴と言えます。

>>早稲田大学の卒業生が語る!最強の英語の勉強法はこちら➡

 

システム現代文センター対策編のレベル

 

対象となる受験生のレベル

 

本書の内容はセンター試験レベルの問題で高得点を採ることに焦点を置いている為、基礎力がある程度固まって、更にもう1ステップ先のレベルに行きたい受験生向けです。

偏差値で言えば50前半程度のレベルは必要です。

センター試験で言えば5割は確実に取れる実力をつけてから取り組んでください。

 

本書に取り組むには、ある程度の基礎力が定着していることが望ましいです。

ここでいう基礎力とは、教科書や易しめの文章で、「筆者の言いたいこと(主張)」が何なのかをしっかりと掴んで読むことが出来るということです。

ですので、易しい文章で筆者の主張が掴めるようになってから本書に取り組むようにして下さい。

基礎定着の基準としては、文章の要約をして添削してもらうのが一番良いと思います。

もしくは、解説などに書いてあることと自分の考え方が合っているか確認してください。

>>入試までもう間に合わない!諦めたくない受験生はこちら

 

目標到達レベル

 

センター試験自体の問題が基本的には平均的なレベルに作られていることと、出口汪の解説がわかりやすいこともあり、センター試験で8割程度は狙えるようになります。

問題演習を繰り返し、パターンを自分の中で定着させていくことで安定した力を養っていきましょう。

 

システム現代文センター対策編の勉強法

 

基礎がある程度定着したら、本書に取り組みます。

大まかな流れを示すと、「①問題解答⇒②解説の熟読⇒③問題の再演習」という感じです。

 

①問題解答

 

「①問題解答」では、説明文と小説文で自分の苦手な方から始めても構いませんし、初めからやっても構いません。

ここで大切なのは、

・必ずノートに演習すること

・どうしてその答えを選んだのか、他の選択肢はなぜダメなのかを事細かに書いておくこと

です。

なぜなら、ただなんとなく解答して「②の解説の熟読」に進んでも、ただ解説を読んで答え合わせをしただけになってしまいます。

それでは、自分の解答までの思考と出口先生の正解を導くまでの思考の差が埋められません。

自分の思考をどう改める事で出口先生の思考プロセスに近づくのかが気づけないままになってしまいます。

これでは、せっかくの問題演習と解説が無意味になってしまいます。

自分のプロセスを正しいプロセスへ近づけていくことが大切です。

なので、この①のステップについては特に慎重に取り組むようにしてください。

 

②解説の熟読

 

正解した問題でも、解説の出口先生の思考と自分の思考の違いを確認してください。

もし正解していても自分の思考が出口先生の思考と違っていたら間違っていると認識してください。

ここで、思考が違った場合、何が違ったのかを自分の言葉でメモしておくと認識しやすいです。

そして、このやり方で本書を一通りやりきってください。

 

③問題の再演習

 

そして、③の「再演習」に入ります。

ここでは一度といた問題を解きなおしてください。

頭の中やメモするなどして一回目に取り組んだ時よりも出口先生の思考、解答プロセスに近づけるように回答にあたってください。

そして解答を確認して自分の思考を出口先生の思考に近づけるというサイクルを完璧に出口先生の思考に近づくまで繰り返してください。

一番大切な事は、出口先生の読解における思考を自分に定着させることです。


⇒センター試験が廃止!3分でわかる共通テストの解説はこちら

⇒時間がない!合格を諦めかけている受験生はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡

⇒【LINE講座!】受験の英語をLINEで相談したい受験生はこちら

>>30日で早慶・国公立の長文が読めるようになる方法はこちら

受験エキスパート
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。 英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。 浪人期に図書館にこもって研究し、 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発券し、偏差値を73まで上げ、早稲田大学に合格。 通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。 自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。 開発した「独自の英語長文読解法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。 センター試験の英語の対策法も研究し、無料で公開している。


⇒センター試験が廃止!3分でわかる共通テストの解説はこちら























LINEで英語長文の読み方を教えています!


たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める方法


単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値70.4、全国22位まで登りつめました。
その具体的な「英語長文の読み方」を、LINEにてお伝えしています。
勉強や受験に関する相談も受け付けています!



Copyright© 大学受験の偏差値上がる勉強法 , 2020 All Rights Reserved.