【大学受験エバースタディ】~大学受験の勉強法~

明治大学経営学部の英語の難易度と傾向と対策&勉強法【経営英語】


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

430秒で読めます。

明治大学経営学部の英語で”8割を超える”対策&勉強法

 

明治大学経営学部の英語の難易度と傾向と対策&勉強法【経営英語】

 

明治大学の経営学部は倍率も高く、合格するのは簡単ではありません。

私も現役の時は、明治大学の経営学部の英語で得点率が30%を切ってしまい、もちろん不合格。

しかし1年浪人して、明治大学経営学部の英語で85%を得点し、合格しました。

その時の合格点は60%ほどだったので、かなり余裕を持った合格だと言えます。

1年でこれだけ点数を上げた私が、明治大学経営学部の英語の対策法を徹底的にお伝えしましょう。

「明治大学経営学部の英語で、8割以上取る対策法」をぜひ実践してくださいね。

 

明治大学経営学部の英語の出題傾向

 

英語の問題構成は

大問1,2 英語長文

大問3 英文法問題

大問4 会話問題

の計4題になっています。

 

英語長文が配点の7割ほどを占めているので、英語長文を攻略することが一番のカギになります。

現役時代の私は、英語長文が全く読めず、カンで答えるしかなかったので、3割以下の点数になってしまいました。

逆に浪人してからは、英語長文が大の得意になったので、簡単に8割以上の得点を取れるようになりました。

合格点は6割~6割5分程度ですが、長文がしっかりとできれば、7割5分~8割程度まで狙えるということですね。

英語は150点満点で、国語や選択科目の1.5倍の配点が与えられています。

英語でしっかりと得点出来れば、国語・選択科目で少し失敗してしまっても、何とかカバーできるんです。

では具体的な対策法をお伝えしていきましょう。

 

明治経営英語 英語長文の対策&勉強法

 

明治大学に限らず、英語長文はまずは文が読めることが大前提です。

そこから対策に入っていきます。

まだ英語長文を読む力が足りていない受験生は、そこをなんとかしていきましょう。

1文1文をしっかり読む力をつけて、そのうえで「文章の主題」をつかまえるトレーニングをしていきます。

下の2つのリンクを、上から順にご覧ください。

そうすれば明治大学経営学部の英語長文は、バッチリ読めるようになりますよ。

 

>>1文1文を正確に読み、長文を得意にする方法はこちら

>>「文章の主題」をつかまえて、スラスラ読めるようにする方法はこちら

 

明治大学経営学部の英語長文の問題形式は、内容一致問題と小さな問題(穴埋め、語彙力など)の2つ分けられます。

内容一致問題を軸に、問題を解いていくことをおすすめします。

内容一致問題は配点が高いですし、内容一致問題を解きながら長文を読んでいくことで、内容が理解しやすくなりますからね。

 

内容一致問題の解き方

 

ここで言う内容一致問題とは、文章に関する内容を問われ、その質問に正しい選択肢を選ぶ問題です。

明治大学経営学部の英語長文の、メインの問題ですね。

内容一致問題を攻略するカギは、先に設問を読んでおくこと。

明治経営の英語長文は、長文の流れに沿って、設問が作られています。

1問目の設問を読んだら、その答えを探しながら長文を読む。

答えが見つかったら、2問目の設問を読み、また長文を読んでいく。

と繰り返していきます。

問題を解きながら、長文を読んでいくという事ですね。

※1問目だけは、全体の要旨を問うケースがあるので注意。

 

このように解いていくことで、英文の内容しっかりと覚えているうちに問題に回答できるので、正答率が上がり、時間も短縮できます。

また長文の内容を整理しながら読み進められるので、文章も読みやすくなりますよ。

 

問題を解くときに、1つだけ注意しなければいけないことがあります。

それは絶対に先に選択肢を見ずに、自分の頭の中で回答を作ってから、それに一番近い選択肢を選ぶことです。

先に選択肢を見てしまうと、「あれ、これ本文に書いてあったような気がするな・・・」、「これも正解な気がする・・・」と迷ってしまうからです。

ひっかけの選択肢も多いので、まんまと罠にはまってしまう事もあるので、注意してくださいね。

 

小さな問題の解き方

 

穴埋め問題や語彙問題などの小さな問題は、傍線部や( )の前後だけで解かないようにするのがポイント。

小さな問題も、広く見て、文章の流れを考慮して、さらには2文以上離れた文もヒントにしたほうが、解きやすくなることが多いんです。

どうしても解けない問題は一度パスして、その後の文章をヒントにしてもう一度解いてみると、解けるなんてこともあります。

問題の前後だけで解こうとすると、ヒントが少なく、回答に時間もかかってしまいます。

小さい設問も広く見て解答するように心がけてくださいね。

 

明治経営英語 文法問題の対策&勉強法

 

明治大学経営学部の英文法は、基本的な問題がとても多く、得点の稼ぎどころです。

しっかりと対策していれば、9割も狙えるでしょう。

英文法の勉強は、理解したうえでアウトプットしていくだけです。

中学レベルから、難関大学合格レベルへ!英文法の完全攻略法」をご覧いただき、英文法を徹底的に鍛えてください。

そうすれば明治経営への合格に、グッと近づきますよ。

 

また明治大学経営学部の英文法の問題は、前置詞が問われるケースが多いです。

英単語英熟語を覚える際には、前置詞もセットで覚えるようにしましょう。

そうしておくと、より得点につながる覚え方ができますよ。

 

会話問題の対策&勉強法

 

明治の経営の会話文は長いので、まずは最初から最後まで読んで、会話の流れを理解してください。

どのような会話が行われているのかを把握してから、その流れに沿って選択肢を挿入していきましょう。

 

選択肢を見る前にどんな文が入りそうかを先に考え、それに近い選択肢を選ぶ

確信を持って入れられる選択肢を少しずつ入れ、選択肢を減らしていく

・少しでも自信がない選択肢は先に入れないようにする(それが正解だと思い込んでしまい、他の設問のミスにもつながる)

の3点を意識して解いてください。

そうすれば会話問題も、スムーズに答えられるようになりますよ。

より詳しい会話問題の対策については、「会話問題はこれで完璧!大学受験の会話問題の対策法」をお読みください。

 

明治大学経営学部英語の対策&勉強法まとめ

 

明治大学の経営学部の英語の対策法について、深く学んでいただけたでしょうか。

もう一度、対策法をじっくりお読みいただき、そのうえで過去問演習に取り組んでください。

そうすればしっかりと合格点が取れるようになるはずです。

 

>>安定して合格点を取る!最強の過去問演習法はこちら

>>明治大学経営学部の英語長文が、どうしても読めない受験生はこちら



⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら




大和@受験講師
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。
開発した「英語長文専用勉強法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。
⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら



無料で、英語 長文の読み方を公開中


無料メールマガジン:英語 長文専用勉強法

たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める方法



単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値77.7、全国4位まで登りつめました。
その具体的な「英語 長文の読み方」を、無料でお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。










6:53 AM