上級現代文1&2の難易度と使い方&勉強法【センター~東大京大レベル】


⇒センター試験の英語で満点を取る回答テクニックはこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡

⇒入試までもう間に合わないかも!という受験生はこちら

⇒【無料LINE講座!】受験英語を無料で教わりたい受験生はこちら

334秒で読めます。

上級現代文1&2のハイレベルな使い方&勉強法

 

上級現代文1&2の難易度と使い方&勉強法【センター~東大京大レベル】

 

上級現代文の特徴

 

上級現代文は、これ以上ないくらい解説が詳しい、国公立志望者向けの現代文の問題集です。

記述問題がほとんどですが、採点の基準がバッチリ解説されています。

点数をもらえる回答力を身につけられます。

 

記述式の現代文を、過去問からそのまま引っ張ってきたような問題集ではありません。

良く問われる記述式の設問を演習するために、適切な文章が掲載されています。

つまり記述式の回答力をつけるためには、どんな文章がベストかを考えて選んでいる、一般的な問題集とは真逆のプロセスで作られた問題集なんです。

>>英語の偏差値が40から70に上がる方法、知りたくないですか?➡

 

上級現代文のレベル

 

上級現代文は、国公立大学の二次試験の記述問題の対策に最適です。

私大を志望する受験生でも、現代文で記述問題が頻出の場合は、ぜひ取り組んでみてください。

上級現代文1は、標準的な記述問題です。

上級現代文2は、東大京大レベルの難関国公立を対策するためのハイレベルな問題です。

 

センター試験の現代文は、最低でも7割以上は安定してとれるようになっていないと、難易度についていけないでしょう。

ある程度は文章は読めているんだけど、記述問題にすごく苦手意識があるという受験生にぴったりです。

 

まだ現代文の力があまりついていない受験生は、「現代文で偏差値70を超え、早稲田大学で満点を取った勉強法」をご覧ください。

これを読んで力をつけてから、記述問題の対策に入りましょう。

 

【現代文の勉強法】解き方のコツと読み方。センター満点/早稲田大学も対策 現代文はどう読んで、どう解いていけば良いか。 そしてどんな風に勉強していけば

>>入試までもう間に合わない!諦めたくない受験生はこちら

 

上級現代文の効果的な使い方&勉強法

 

使い方ステップ①例題と実践問題を解こう

 

まずは自分で例題を解きましょう。

その時に大切なのは、必ず自力で回答を書くことです。

大変な作業ではありますが、ちょっと難しくなった時にすぐに答えを見てしまったら、力はつきません。

入試本番だと思って、自分で答えをひねり出してください。

 

そして毎回、100字で要約を作ってください。

解説に100字要約がありますので、その要約とズレていないかを確認しましょう。

この作業をすることで、要約問題に強くなるのはもちろん、要点をつかみながら現代文を読んでいく力が身に付きます。

 

使い方ステップ②採点しよう

 

上級現代文には採点基準が用意されているので、それと照らし合わせながら正確に採点しましょう。

「設問パターン」ごとに回答の仕方を覚えましょう。

この設問パターンには、こうやって回答するという軸を作ってください。

 

また採点する際には、「どのように読んでいればより良い回答が作れたのか」を確認しましょう。

正解の回答はこれだ。

ではどう読んでいれば、自分もこの回答を作り出せたのかを考えるんです。

解説が詳しいですからよく読んで、回答力を上げるための読み方を学びましょう。

 

使い方ステップ③実践問題を解こう

 

例題で「設問パターン」の回答法を頭にいれたら、実践問題を解きましょう。

学んだ回答法を軸に、回答をひねり出してください。

例題を解くときと同じように、自分で回答を書き出し、100字で要約を作りましょう。

解き終わったら例題と同じように、採点をして設問パターンに対する答え方を、さらに磨き上げてください。

 

使い方ステップ④もう一度解こう

 

一周解ききったら、2周目に入ります。

これまで学んだ読み方と解き方を、もう一度頭の中で再現しながら解いていきます。

この作業をすることで、実際に入試問題を解くときに、上級現代文で学んだことを活かせるようになります。

上級現代文の内容を、体で覚えるくらいの感覚で復習しましょう。

 

上級現代文が終わったら?

 

上級現代文の1が終わったら、さらにレベルの高い2へと進みましょう。

どちらも終わったら、後は過去問演習です。

上級現代文で学んだ読解法を、頭の中で再現しながら演習しましょう。

過去問演習の際には、自分で作った回答を、学校や予備校の先生に添削してもらうのがベストです。

過去問の解説は粗く、採点基準も分からないので、自分の作った回答が正しいのかわかりにくいですよね。

もし正しいと思い込んでいるだけで、実際は間違ってしまっていたら、入試本番でも大きく点数を落とすことになります。

そうならないためにも、可能な限り学校や予備校の先生に添削してもらうようにしましょう。

 

上級現代文の使い方&勉強法まとめ

 

・上級現代文は、記述問題の回答力を身につける問題集

・読み方・解き方を再現できるところまでマスターしよう

・過去問でも、上級現代文で学んだ読解法で演習しよう

 

【現代文の勉強法】解き方のコツと読み方。センター満点/早稲田大学も対策 現代文はどう読んで、どう解いていけば良いか。 そしてどんな風に勉強していけば

 

センター試験の小説読解法!解き方と読み方のコツ&勉強法【国語現代文】 小説の勉強法が分からない・・・ 点数が全く安定しない・・・ 小説ってセン

 

古文/古典の読み方と勉強法と解き方のコツ。早稲田大学満点&センター試験9割 ちょっとは勉強したはずなんだけど・・・ 「古文が読めない!!もはや呪文に見える!

 

友だち追加
↑のボタンから友達追加をして頂ければ、「無料」で私が英語の偏差値を40から、70.4まで上げた勉強法をお教えします!
このLINEアカウントに登録して、自動的に料金が発生することは一切ございません。

>>センター試験の英語で満点を取る回答テクニックはこちら
>>英語の偏差値が40から70に上がる方法、知りたくないですか?

>>入試までに間に合わないかもしれない受験生はこちら

>>LINEで無料で、英語の勉強法を知りたい受験生はこちら



⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡
受験エキスパート
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。
開発した「独自の英語長文読解法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。
センター試験の英語の対策法も研究し、無料で公開している。


友だち追加




⇒【天才?凡才?】60秒勉強センス診断はこちら!
⇒センター試験の英語で「満点」を狙う回答テクニックはこちら

⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら➡

⇒時間がない!合格を諦めかけている受験生はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡

⇒【無料LINE講座!】受験英語を無料で教わりたい受験生はこちら



【無料】LINEで英語長文の読み方を教えています!


たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める方法


単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値70.4、全国22位まで登りつめました。
その具体的な「英語長文の読み方」を、無料でLINEにてお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。


↓の「友達追加」を押した後、「追加」を押してください。
【登録者限定!】無料でセンター試験の英語で満点を取る回答テクニックもプレゼント中!

友だち追加