宇宙一わかりやすい高校物理の使い方と勉強法【センターレベル】






宇宙一わかりやすい高校物理のハイレベルな使い方と勉強法!

 

 

物理が苦手な人、物理初学者の人のための最初の一冊として、私が最もおすすめするのが、この「宇宙一わかりやすい高校物理(学研教育出版)」です。

「力学・波動編」と「電磁気・熱・原子編」の2冊があります。

 

物理の参考書には、他にも名著と呼ばれるものがたくさんあります。

物理のエッセンス(河合出版)

・名問の森(河合出版)

など。

これらも間違いなく良書ではあるのですが、

・人によっては、解説を読んでもよく理解出来ない事がある

・「解説を読めば理解できる」程度のレベルにはなっておく必要がある

・その参考書を使用する方々のレベルを選ぶ

といった欠点があります。

 

また、「分かりやすい」参考書として有名なのが、「 橋元の物理をはじめからていねいに(ナガセ)」です。

しかし、私はこれを最初の1冊としてあまりお勧めしません。

なぜなら、「物理現象の「イメージ」を分かりやすく解説されているだけで、本質的な箇所をごまかしているところも多く、断片的な理解のみに留まってしまうから」です。

 

「宇宙一わかりやすい高校物理」は、この両者の欠点を全て解消している、初学者であっても、1からきちんと物理の本質を理解する事の出来る、素晴らしい参考書なのです。

>>早稲田大学の卒業生が語る!最強の英語の勉強法はこちら➡

 

宇宙一わかりやすい高校物理の特徴

 

本書は一見分厚く見えますが、左右見開きのページの内、左側は全て文章による説明・右側は全て図・イラストによる説明となっているのが、本書の最大の特徴です。

記述されてある文章そのものも非常に分かりやすいものなのですが、図やイラストが更にそれを補強してくれます。

現時点で、これ以上に分かりやすい高校物理の参考書は存在しません。

「学校や予備校の授業を受けなくても大丈夫なのではないか?」と思える位の出来です。

それ程に分かりやすい参考書です。

 

宇宙一わかりやすい高校物理のレベル

 

対象とする受験生のレベル

 

・物理が苦手な受験生

・物理初学者の受験生

に最適です。

 

物理という科目は、基本的な物理の考え方を根本からしっかり理解しないと、基礎問題を一問一答的に暗記して解くことは出来ても、応用問題になると全く手が出なくなるのです。

数学でもそのような傾向はありますが、数学以上にその傾向が顕著であるのが物理なのです。

物理がある程度出来る方々でも、「基本的な概念を分かりやすく再確認する意味で本参考書を一読してみる」という使い方であれば、非常に効果的です。

 

到達レベル

 

「掲載されている問題自体の到達レベルのみ」でしたらそこまで高くありませんし、問題数も多くありません。

そういう意味では、

・偏差値50前後

・学校の定期テストで高得点が取れる

レベルだと言えます。

 

ただ、この参考書が威力を発揮するのは、「その後に行う問題演習の際に理解しておかなければならない、物理の本質・根本的な考え」を身につけさせてくれる事なのです。

つまり、受験の基礎をガッチリ固めるために、どの受験生にとっても最初は必要な参考書と言えます。

>>浪人する人は必見!私が自宅浪人で早稲田大学に合格した話

 

宇宙一わかりやすい高校物理の使い方と勉強法

 

この参考書は「物理の初学者のバイブル」とも言える参考書で、特に私の方から使い方について申し上げる事はありません。

著者の鯉沼先生の書かれていらっしゃる通りに読み進めていき、掲載されている問題の演習をしていけば、物理の基本が充分に理解でき、かつ、今後の問題演習を積む為の基礎を確立する事も出来ます。

「物理が苦手な人はこういう所でつまずく」「他の参考書ではこういう所がよく説明されていない」という点が、著者にはよく分かっており、物理初学者や物理独学者にとってたいへんありがたい書となっています。

非常に分かりやすく、かつ詳しく書かれているため、ページ数は結構ありますが、解説の良さはピカ一ですので、そのボリュームを感じさせません。

「普通に読んで普通に問題をやる。」これで充分です。

>>私が模試で全国ランキングに入った、秘密の勉強法はこちら

 

宇宙一わかりやすい高校物理が終わったら??

 

問題数は少なめですので、他の参考書・問題集で演習を積む必要があります。

解説が詳しいものであればなんでも結構です。

先程、「この本は、物理の基本的な概念を理解するのにベスト」だと申しましたが、「本書で学んだ「物理の基本的な考え方・本質」は、どんな問題でも通用する」という事が実感できるであろうと思います。

つまり、本書は、今後の物理の学習がとても楽になる手助けをしてくれるのです。


⇒センター試験が廃止!3分でわかる共通テストの解説はこちら

⇒浪人する人は必見!私が宅浪で早稲田大学に合格した話

⇒【1カ月で】英語の偏差値が30上がった勉強法はこちら

⇒早稲田大学の合格者が語る!最強の英語の勉強法はこちら


>>浪人生は必見!宅浪で早稲田大学に合格した話


>>早稲田大学の合格者が語る!最強の英語の勉強法はこちら

受験エキスパート
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。 英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。 浪人期に図書館にこもって研究し、 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発券し、偏差値を73まで上げ、早稲田大学に合格。 通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。 自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。 開発した「独自の英語長文読解法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。 大学入学共通テストや英検、TEAPの対策法も研究し、無料で公開している。


⇒知らなきゃマズい!新しい英語の勉強法はこちら



























センター試験廃止で、全ての大問が英語長文に変更!


旧センター試験が廃止され、大学入学共通テストでは全ての問題が英語の文章を読む問題に変わりました!


模試や過去問を解いても、英語の長文が全然読めない・・・。
英語長文の重要度がさらに上がった今、長文を攻略できなければ志望校には合格できないといっても過言ではありません。

私が受験生の時に、1ヶ月で英語長文をスラスラ読めるようにしたトレーニング方法をお伝えしています!
1ヶ月で40前後だった偏差値が、70を超えるようになり、模試の全国ランキングにも掲載されました。
その勉強法を詳しく解説しています!
勉強や受験に関する相談も受け付けています!



Copyright© 大学受験の偏差値上がる勉強法 , 2020 All Rights Reserved.