ドラゴンイングリッシュの例文暗記で英作文を強化!CD音声がカギ【東大京大早稲田慶應レベル】






ドラゴンイングリッシュの例文を暗記すれば、英作文は怖いものなし

 

英作文の参考書では一番有名ともいえる「ドラゴンイングリッシュ」。

多くの東大生や京大生は受験生の時、このドラゴンイングリッシュを使って英作文の力を伸ばしてきました。

あなたにもドラゴンイングリッシュを120%活用して、超ハイレベルな英作文の力を身につけて頂きましょう。

 

ドラゴンイングリッシュの特徴

 

ドラゴンイングリッシュは、英作文の参考書の中で、最も解説が詳しいといえます。

100個もある例文のすべてが、見開き2ページを使って解説されています。

そしてその100個はどれも頻出のパターンであるため、100個すべてをマスターすれば、自然と英作文の力が身につくわけです。

 

そして例文がユーモラスでちょっと面白いのが、ドラゴンイングリッシュの特徴でもあります。

受験勉強はどうしても辛いことが多くなりますが、ちょっとした息抜きにもなるでしょう。

それでいて英作文の力もグッと上げられるわけですから、一石二鳥ですね。

 

ドラゴンイングリッシュのレベル

 

英作文は、英単語英文法など、英語の土台となる部分のアウトプットをするものです。

つまり英語の基本がインプットできていないと、当然アウトプットはできませんから、英作文は書けません。

ですからドラゴンイングリッシュに取り組む前に、まずは基本的な英語力は身につけておきましょう。

 

基本的な英語力が身についたうえで、ドラゴンイングリッシュを1冊完璧に習得すれば、東大京大・早稲田慶應といった難関大学の英作文でも、しっかりと得点が取れる土台が固まります。

あとは過去問や問題集で、英作文問題を繰り返し解き、アウトプット力をつけていけば完璧です。

>>浪人する人は必見!私が自宅浪人で早稲田大学に合格した話

 

ドラゴンイングリッシュの使い方&勉強法

 

そもそも受験生は、なぜ英作文が苦手なんだろう

 

英作文を苦手とする受験生が多い理由はただ1つ、「英作文の勉強をする機会が日本には少ないから」です。

中学校から英語の授業が始まりますが、英作文の勉強をする機会はあまりなかったはずです。

そして試験も高校入試までは、マーク式の問題が多く、記述問題には慣れていないため、英作文を苦手とする受験生が多いんですね。

 

逆に言えば、英作文を繰り返し演習すれば、他の分野と同様に、特に苦手意識もなく解いていけます。

英作文を勉強初めてすぐは、「あれ、なんだか書けそうなんだけど、書けないんだよなぁ」という感じが続きます。

しかしこれも最初だけで、演習を繰り返していけば、「あ、あのパターンを使えばいいんだな」というのが分かるようになります。

結局のところ英作文は、たくさんのパターンを覚え、そのパターンをアウトプットしていくものなのです。

 

ドラゴンイングリッシュでは、書けそうで書けない文のパターンが、100個収録されています。

このパターンをインプットし、自力でアウトプットできるようになれば良いだけなんです。

そう考えれば、英作文ってそんなに難しくないですよね?

 

英作文の勉強法ステップ①まずは初見で解いてみる

 

ドラゴンイングリッシュの正しい使い方と勉強法を伝授していきます。

まずは自力で日本語を見て、英文を書いてみてください。

その際に、パッと答えが出なくても、違う言い方にしてみたり、少し視点を変えてみたりして、試行錯誤して自分で答えを作ってください。

難しい語句や文法を使う必要はないので、簡単に、そして簡潔に書いていきましょう。

 

そして、答え合わせをして、解説を熟読してください。

そこでポイントとなるのは「どうすればこの回答を自分で生み出せたか」を考えることです。

日本語を英語に変換する作業は今まであまりしてこなかったので、英語でどう表現するべきかという発想が最初は浮かんできません。

何度も繰り返してインプットとアウトプットを繰り返すことで、1つでも多くの英作文の型を自分のものにしていきましょう。

 

英作文の勉強法ステップ②例文を暗記する

 

回答・解説を読んだら、英文を何度も何度も暗記するまで書いてください。

CDもついているので、何度も聴き、発音することで、自然と口から出てくるくらいの精度で暗記しましょう。

英作文には「型」があるので、例文を暗記することで、自然とこの型をインプットしていきましょう。

そうすると、日本語を見たときにパッと英文が出てくるようになります。

 

英作文の勉強法ステップ③過去問で志望校の英作文を解く

 

ドラゴンイングリッシュが完璧になったら、過去問演習に入っていきます。

志望校の英作文とも、ある程度は戦えるようになっているでしょう。

自力で回答できなかった時は、ドラゴンイングリッシュの時と同じように、しっかりと暗記しましょう。

そうすれば、英作文の型がどんどんインプットされていくので、書ける英文が増えていきます。

この作業を1回でも多く繰り返すことで、英作文の力を上げていきましょう。

 


⇒センター試験が廃止!3分でわかる共通テストの解説はこちら

⇒浪人する人は必見!私が宅浪で早稲田大学に合格した話

⇒【1カ月で】英語の偏差値が30上がった勉強法はこちら

⇒早稲田大学の合格者が語る!最強の英語の勉強法はこちら


>>浪人生は必見!宅浪で早稲田大学に合格した話


>>早稲田大学の合格者が語る!最強の英語の勉強法はこちら

受験エキスパート
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。 英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。 浪人期に図書館にこもって研究し、 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発券し、偏差値を73まで上げ、早稲田大学に合格。 通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。 自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。 開発した「独自の英語長文読解法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。 大学入学共通テストや英検、TEAPの対策法も研究し、無料で公開している。


⇒知らなきゃマズい!新しい英語の勉強法はこちら



























センター試験廃止で、全ての大問が英語長文に変更!


旧センター試験が廃止され、大学入学共通テストでは全ての問題が英語の文章を読む問題に変わりました!


模試や過去問を解いても、英語の長文が全然読めない・・・。
英語長文の重要度がさらに上がった今、長文を攻略できなければ志望校には合格できないといっても過言ではありません。

私が受験生の時に、1ヶ月で英語長文をスラスラ読めるようにしたトレーニング方法をお伝えしています!
1ヶ月で40前後だった偏差値が、70を超えるようになり、模試の全国ランキングにも掲載されました。
その勉強法を詳しく解説しています!
勉強や受験に関する相談も受け付けています!



Copyright© 大学受験の偏差値上がる勉強法 , 2020 All Rights Reserved.