【センター試験マル秘裏ワザ大全】の評価・評判と中身を大公開!






センター試験マル秘裏ワザ大全の評価・評判と中身を大公開!

 

センター試験マル秘裏ワザ大全の評価・評判と中身を大公開!

 

こんな表紙の参考書を、本屋で見たことはありませんか?

センター試験マル秘裏ワザ大全は、袋とじになっていて、買うまで中身が見れないようになっています。

私も受験生と同じように、中身が気になってしまったので、買ってしまいました笑

 

・センター試験マル秘裏ワザ大全の中身は、どうなっているのか

・この参考書は買うべきなのか

 

こういったところを、お話していきましょう。

>>早稲田大学の卒業生が語る!最強の英語の勉強法はこちら➡

 

センター試験マル秘裏ワザ大全の評価は、実際どうなの?

 

単刀直入に言うと、センター試験マル秘裏ワザ大全を読んだだけで、センター試験の点数がグッと上がることはまずありません。

むしろテクニック頼りになってしまい、点数を大きく下げてしまう可能性もあります。

センター試験は、何十年も繰り返し行われています。

そんな長い歴史があるセンター試験が、小手先のテクニックでガンガン解けてしまったら、試験として成立しませんよね。

ちょっと考えてみればわかることなのですが、どうしても点数が上がらない受験生は、こう言った甘いテクニックに頼りたくなってしまいます。

もちろんセンター試験は、センター試験マル秘裏ワザ大全で攻略できるほど甘くありません。

 

しかしセンター試験マル秘裏ワザ大全が、まったくもって無意味かというと、そうでもありません。

センター試験に限らず、問題を解く際の「常識」が学べます。

例を挙げてみましょう。

 

allやeveryなど、全てを肯定する選択肢。

noなどの全てを否定する選択肢。

 

これらは疑ってかかった方が良いといったものです。

なぜかと言えば、「本当に例外はないんですか??」と聞かれて、受験生からのクレームになる可能性があるからです。

 

「おばあさんに席を譲るべきではない」

「環境に負担をかけても、自分の好きなように行動するべきだ」

というような倫理的におかしいものは、正解にならない。

 

高校生に対して、倫理的におかしな選択肢を正解として選ばせたら、色々なところからクレームが入りそうですよね。

だからそういう選択肢は、正解になる可能性は極めて低いんです。

 

こうした回答する上での、「常識」を取り入れるという目的で使えば、センター試験マル秘裏ワザ大全も効果があります。

>>浪人する人は必見!私が自宅浪人で早稲田大学に合格した話

 

センター試験マル秘裏ワザ大全は、いつ使うべき??

 

センター試験マル秘裏ワザ大全はここまでお伝えしてきた通り、「回答の前提となる常識」を取り入れる参考書だと考えてください。

回答の一番初歩の勉強になるので、取り組むのであればできるだけ早い方が良いですね。

回答の前提となる常識を頭に入れたうえで、今後問題に取り組んでいけるからです。

>>共通テストやTEAP・英検も攻略!最強の英語の勉強法はこちら

 

センター試験マル秘裏ワザ大全を使うときの注意点

 

絶対に「テクニック頼み」にならないように注意しましょう。

センター試験マル秘裏ワザ大全では、明らかに誇張しすぎているテクニックがたくさんあります。

例えば「~と書いてある選択肢があったら、それが正解になる」という具合です。

 

試しに検証してみましたが、全くもってそんな法則はなく、たまたまセンター試験マル秘裏ワザ大全の中で取り扱われている問題が、その法則に当てはまっているだけでした。

ですのでセンター試験マル秘裏ワザ大全の内容を鵜吞みにしてしまうと、解き方に変なクセがついてしまい、回答力がガクッと落ちてしまう可能性があります。

そうならないように、センター試験マル秘裏ワザ大全はあくまでも、「参考にする程度」にしてください。

何度もお伝えしている通り、テクニックで解けるような問題は、大学受験にはほとんど存在しません。

 

センター試験の英語の点数が上がらないからと言って、テクニックにすがってはいけません。

私も現役時代にセンター試験マル秘裏ワザ大全に取り組みましたが、直接点数が上がることは全くありませんでした。

本番のセンター試験の英語の筆記試験は105点。

浪人してから「正しい英語の勉強法」を理解して、地道に努力していった結果、偏差値は70を超えて早稲田大学に合格できました。

大学受験に裏技なんてものは存在しませんが、その代わり正しい勉強法で努力を続ければ、誰でも成果が表れると私は信じています。

>>センター試験の英語で9割を超える正しい勉強法、知りたくないですか?

 

センター試験マル秘裏ワザ大全は、最新のものを買うべき??

 

センター試験マル秘裏ワザ大全に書いてある内容は、年度によって大きな変動はありません。

あえて最新版のものを買う必要はなく、中古で安くなっている、少し古いものを買っても問題ないでしょう。

浮いたお金で、別の参考書を購入した方が間違いなく成績につながります。

 

センター試験マル秘裏ワザ大全まとめ

 

・「回答の前提となる常識」をつけるためには、効果的な参考書

・誇張しているテクニックも多数ある

・自分の回答に変なクセがついてしまう可能性があるので、絶対に鵜呑みにしない

・年度ごとに大きな差はないので、最新版を買う必要はない

 


⇒センター試験が廃止!3分でわかる共通テストの解説はこちら

⇒浪人する人は必見!私が宅浪で早稲田大学に合格した話

⇒【1カ月で】英語の偏差値が30上がった勉強法はこちら

⇒早稲田大学の合格者が語る!最強の英語の勉強法はこちら


>>浪人生は必見!宅浪で早稲田大学に合格した話


>>早稲田大学の合格者が語る!最強の英語の勉強法はこちら

受験エキスパート
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。 英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。 浪人期に図書館にこもって研究し、 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発券し、偏差値を73まで上げ、早稲田大学に合格。 通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。 自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。 開発した「独自の英語長文読解法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。 大学入学共通テストや英検、TEAPの対策法も研究し、無料で公開している。


⇒知らなきゃマズい!新しい英語の勉強法はこちら



























センター試験廃止で、全ての大問が英語長文に変更!


旧センター試験が廃止され、大学入学共通テストでは全ての問題が英語の文章を読む問題に変わりました!


模試や過去問を解いても、英語の長文が全然読めない・・・。
英語長文の重要度がさらに上がった今、長文を攻略できなければ志望校には合格できないといっても過言ではありません。

私が受験生の時に、1ヶ月で英語長文をスラスラ読めるようにしたトレーニング方法をお伝えしています!
1ヶ月で40前後だった偏差値が、70を超えるようになり、模試の全国ランキングにも掲載されました。
その勉強法を詳しく解説しています!
勉強や受験に関する相談も受け付けています!



Copyright© 大学受験の偏差値上がる勉強法 , 2020 All Rights Reserved.