【大学受験エバースタディ】~大学受験の勉強法~

決めるセンター現代文 演習編の評価/評価と使い方&勉強法【東大京大レベル】


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

33秒で読めます。

「きめる! センター現代文」は難しい?使い方&勉強法

 

きめる! センター現代文

 

きめる! センター現代文の特徴

 

「きめる!センター現代文」は、「現代文に特別な苦手意識は持っていないのに、センター現代文がイマイチ解けない」という受験生におススメ。

きめる!センター現代文の問題は、ほとんどがセンター試験過去問からの抜粋です。

センター試験に頻出の問いをそれぞれ、これでもかというくらい丁寧に解説してくれるので、回答力がグッと上がります。

 

「小手先の回答のテクニック」を身につけるものではありません。

頻出の問いに対し、どういう読み方・解き方をするのが正しいのかを、深く学べるんです。

「ここにこの説明があるから、これが正解」という、赤本のような解説ではありません。

「どうすれば解答の根拠となる部分に、目をつけられたか」まで、イラスト付きで解説してくれています。

 

評論文だけでなく、小説漢字についても、解き方が詳しく解説されています。

これまで小説をフィーリングに近い形で解いていた受験生にとっては、新しい発見も多くあるでしょう。

センターの現代文を幅広く対策できるという意味で、センター試験現代文で満点を取ることを目標にした参考書と言えます。

>>英語の偏差値が40から70に上がる方法、知りたくないですか?➡

 

きめる! センター現代文は難しい?

 

きめる! センター現代文は、現代文の力がある程度ついている受験生でないと、少し難しいかもしれません。

同じ著者の船口先生が執筆している「船口のゼロから読み解く最強の現代文」を先に取り組むと良いでしょう。

著者が同じなので、使っている記号や考え方が共通しています。

その名の通り、ゼロから現代文を丁寧に教えてくれます。

より深く理解できるようになるので、現代文の力の底上げにつながるでしょう。

>>フィーリングに頼らない!偏差値70を超える現代文の読解法はこちら

 

きめる! センター現代文はいつやれば良い?

 

取り組む時期としては、本格的に過去問演習に入る前がベストでしょう。

センター試験の過去問は基本的に、解説がかなり薄いです。

きめる!センター現代文で先に読み方・解き方を深く勉強してからでないと、解説を読んでも納得できない部分が多くなってしまうでしょう。

逆に読み方・解き方をしっかり勉強してから過去問演習を繰り返せば、身体に染みついていきます。

センター試験本番でも、正しい読み方・解き方を実践できるようになっているでしょう。

ですから過去問演習に取り組む前に、きめる!センター現代文に取り組んでおくことが大切なんです。

>>あなたは天才?凡人?「勉強センス診断」はこちら

 

きめる! センター現代文の使い方&勉強法

 

使い方ステップ①例題を解こう

 

例題を解く→解説を読む

の流れを繰り返していきます。

大切なのは、「解説で学んだことを、次の例題で活かす」ことです。

解説でセンター現代文の読み解き方を学んだら、すぐに次の例題で活かしましょう。

インプットとアウトプットを繰り返すことで、実践で使える読解力が身についていきます。

 

使い方ステップ②2周しよう

 

1周終わったら、終了ではありません。

2周しないと、きめる!センター現代文の本当の価値が引き出せませんからね。

1周目で学んだ現代文の読み解き方を、自分で実践していきます。

例題をコピーして、必要な記号を自分で書き入れながら解いてください。

解説と同じ読み解き方ができるようになるまで、何度も繰り返しましょう。

この作業を経て、やっと入試本番で使える力が身につくんです。

 

きめる! センター現代文が終わったら?

 

きめる! センター現代文が終わったら、過去問演習に入りましょう。

ここまでで身につけた、センター現代文の読み解き方をそのまま使って、たくさん問題演習をしてください。

定期的にきめる! センター現代文を開いて、読み解き方を復習して、常に最高のパフォーマンスを発揮できるようにメンテナンスを忘れてはいけません。

 

きめる! センター現代文の使い方&勉強法まとめ

 

・センター現代文の、読み解き方を深く学べる参考書

・センター試験の過去問演習に入る前に取り組もう

・2周目に自分で解説と同じように解くことで、力がつく

 

>>センター試験の小説はこれで完璧!正しい解き方はこちら

>>古文はこう読む!早稲田教育の古文で満点を取った勉強法はこちら

 

>>英語の偏差値が40から70に上がる方法、知りたくないですか?

>>60秒でできる!あなたの勉強センス診断はこちら





⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡
大和@受験講師
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。
開発した「英語長文専用勉強法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。


⇒【天才?凡才?】60秒勉強センス診断はこちら!

⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら➡

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡



無料で、英語 長文の読み方を公開中


無料メールマガジン:英語 長文専用勉強法

たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める方法



単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値70.4、全国22位まで登りつめました。
その具体的な「英語 長文の読み方」を、無料でお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。







11:04 AM