【大学受験エバースタディ】~大学受験の勉強法~

人気記事 大学受験 英語長文の対策と勉強法

【英会話問題の対策法】大学入試の会話文の、参考書を使った勉強法


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

322秒で読めます。

【英会話問題の対策法】大学入試の会話文の、参考書を使った勉強法

 

【英会話問題の対策法】大学入試の会話文の、参考書を使った勉強法

 

センター試験でも私大の入試でも、とにかくよく出てくる会話問題。

本格的な対策法があまり指導されていないので、苦手にしている受験生も多いです。

出来るときもあるけど、点数が安定しなくて、なんだか不安。

そんなあなたに、絶対的な自信をもって会話問題に挑んでいける力をつけてもらいたいと思います。

会話問題で、いつも安定して点数が稼げる対策法をご覧ください。

 

英会話問題対策①まずは基礎力をつける

 

会話文の1つ1つは、英単語・熟語・文法から成り立ちます。

つまり基本的な知識は頭に入れて、ある程度英文が読める状態になっていないと、会話文対策を行う以前の問題になってしまうんです。

ですからまずは、基礎力を固めるところからスタートしましょう。

会話文対策は、それからです。

 

英会話問題対策②問題の解き方を知る

 

会話の情景をイメージしよう

 

会話問題の一番のコツは、情景をイメージすることです。

 

・登場人物(関係性や立場など)

・登場人物の感情の移り変わり

・どこで会話が行われているか

 

この3点を中心に、会話の情景をイメージしながら読み進めていきましょう。

登場人物が恋人関係にある場合、会社の上司と部下である場合、全くの初対面である場合。

こういった人間関係を把握することによって、会話の内容が分かりやすくなります。

 

また落ち込んでいる人物を励まして、徐々に立ち直っていくような会話文。

初めは仲良しだったのに、少しずつけんかになっていく会話文など。

会話が進むにつれて、登場人物の感情がどのように移り変わっているのかも、イメージしましょう。

感情が変化する部分は、会話の中でもキーポイントになりますので、問題として問われる可能性も高いです。

 

そして「どこで」会話が行われているかというのも、重要なポイントになります。

実際に人と会話をしているときもそうですが、会話の内容は、会話をしている場所に大きく左右されます。

例えば学校の授業中に話す時は、勉強や友達の内容が多くなるでしょう。

道で話すときは、目的地への行き先や、歩いた時間、見かけたお店や人に関する内容。

そのため会話問題を解くときには、会話が行われている「場所」をイメージすることが大切なんです。

 

頻出の穴埋め問題の解き方を覚えよう

 

会話問題で頻出なのは、穴埋め問題です。

 

A:Do you like baseball?

B:Yes, I do.

A:Oh! Me too!

B:[穴埋め問題]

A:That’s too bad.

 

このように、穴埋めの部分のセリフを、選択肢から選ばせるような問題が頻出です。

ポイントは、「穴埋め部分の前と後ろの変化を読み取る」ことです。

パターンは2つしかありません。

・穴埋めによって会話の流れが変化するパターン

・同じ流れの会話が続いていくパターン

の2つです。

 

まずはこの2つのどちらのパターンかを、見極めてください。

今回の例題の場合、「野球好きなんだ、俺も好きだぜ!」という感じで盛り上がっていたのに、穴埋めの部分を境に、突然「それは残念だ」とAが言っています。

つまりBが、マイナスなことを言ったのは間違いありません。

 

ここまで分かったら、あとは「どのようなフレーズが入れば、自然か」を考えましょう。

選択肢を見る前に、自分で回答を考えることで、引っ掛けられる確率をグッと抑えられます。

今回の場合であれば

・でもついこの間、怪我をしちゃって、しばらく野球ができないんだよね。

といったあたりでしょうか。

そのあとに選択肢を見て、一番イメージが近いものを選びましょう。

 

英会話問題対策③会話表現を覚えよう

 

Keep the change.(おつりはいりません)

What line are you in?(どんな仕事をしていますか?)

What a shame.(それは残念ですね)

 

これらのように、会話特有の表現は、会話問題で頻出です。

できる限り多く覚えておきましょう。

 

「会話問題のストラテジー」という参考書では、別冊でこうした会話表現をまとめてくれています。

効率よくインプットできるので、ぜひ活用してください。

 

また模試過去問、問題集で、新しい会話表現に出会うこともあるでしょう。

そうした表現は必ず1つ1つインプットしていき、フレーズを自分の中にためていきましょう。

 

英会話問題の対策法まとめ

 

・会話問題を対策する前に、まずは基礎固めをしよう

・会話の情景をイメージしながら、読んでいこう

・選択肢を見る前に、穴埋めに入るフレーズを考えよう

・会話特有の表現を、1つでも多くインプットしよう

 

大和@受験講師
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で
誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法
を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。

開発した「英語長文専用勉強法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。

人気記事一覧

人気記事一覧

⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら



無料で、英語 長文の読み方を公開中


無料メールマガジン:英語 長文専用勉強法

たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める方法



単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値77.7、全国4位まで登りつめました。
その具体的な「英語 長文の読み方」を、無料でお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。













人気記事一覧