超効率大学受験独学勉強法まとめブログ

大学受験の漢字を最速で暗記する勉強法!センター漢字も満点


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

429秒で読めます。

大学受験の漢字を最速で暗記する勉強法!センター漢字も満点

 

大学受験の漢字を最速で攻略する勉強法!センター漢字も満点

 

センター試験を含め、大学受験では、入試問題で感じが出題されるケースは多いです。

それなのに、漢字の正しい勉強法を知らない受験生が多すぎる!!

 

・漢字ってどれくらい勉強すればいいの?

・書けるようにしなきゃいけないの?

・いつから勉強し始めればいいの?

 

私宛に、こんな相談が毎日届いています。

「このままじゃ、みんな受験に落ちちゃうな・・・」ということで。

早稲田大学に合格した私が、漢字を最速かつ正確に攻略する、正しい勉強法を伝授しましょう。

 

漢字って勉強した方が良いの??

 

受験する大学・学部によっては、漢字が出題されないケースも少なくありません。

漢字が志望校で出題されないのに、漢字の勉強をするのは、「時間の無駄」ですね。

自分が受験するであろう大学・学部の過去問には必ず目を通し、漢字が出題されるかを確認してください。

 

受験までまだ時間がある場合は、必ず漢字を勉強しましょう。

なぜならこれから志望校や滑り止め校を変更したり、入試問題の傾向が変わったりすることも十分考えられるからです。

漢字を勉強しておかないと、こうしたときに対応できなくなってしまいますよね。

大学受験の漢字は書けなきゃダメ?

 

漢字は基本的に、書けるようにしましょう。

「え、センター試験では漢字は書かされないよ?」

そんな声が聞こえてきますので、解説していきます。

 

「書けなくても、選べればいいや」

 

という、心の中でちょっとした甘えがあると、暗記の精度はガクッと落ちます。

結果、複雑な、漢字の選択問題が出されると、結局あと一歩のところで得点できないということになりかねません。

ですので漢字を書けるようにするところまで、気を引き締めて頑張りましょう。

 

漢字の勉強はいつから始めればいいの?

 

漢字の勉強は、今すぐにでも始めてください。

漢字の勉強をサボっていると、受験直前の大切な時期に、配点の低い漢字の勉強に時間を取られることになります。

受験直前は、漢字なんかではなく、自分の苦手分野の穴埋めと、過去問演習に時間をかけなければいけないですよね。

 

そして暗記は、短期間で覚えるよりも、少しずつ、長い期間をかけて覚えた方が定着するんです。

1日20個でも良いので、今からすぐに漢字の勉強をしましょう。

 

これで大学受験の漢字は完璧!最速で暗記する漢字の勉強法

 

漢字帳は1冊でOK!隅々まで完璧に。

 

漢字を勉強するテキストとして、おススメは「入試漢字マスター1800+ (河合塾シリーズ)」です。

漢字の書き取り、読み、センター試験対策、四字熟語など、受験漢字に必要な知識が網羅されています。

私はこの1冊のみで、早稲田大学の漢字は満点を取れました。

2冊、3冊と漢字を勉強するのは、本当に効率が悪いです。

配点が低いからこそ、1冊のみを丸々暗記し、勉強時間を最小限に抑えてください。

漢字博士になっても、受験は合格できませんので笑

 

過去問や模試で出てきた漢字は、必ずチェック

 

過去問や模試で漢字が出題された際、分からないこともあるかと思います。

その際には必ず、自分が持っている漢字帳に書き足してください。

過去問や模試で出題された漢字は、入試本番でも出題される可能性があります。

そしてその時に、「あ、見たことあるのに!」となってしまうパターンが多いのです。

 

漢字帳に載っている漢字であれば、大きくバツ印をつけ、苦手な漢字であることをわかるようにしてください。

漢字帳に載っていない感じであった場合、漢字帳に追加しましょう。

他の漢字と同じように、何度も繰り返し目に触れて覚えていきましょう。

漢字の勉強法 ステップ①わからない漢字をあぶりだす

 

漢字帳を開いてみると分かりますが、すでに覚えている漢字も少なくありません。

これらを何度も覚えなおすのは、時間がもったいないですよね。

何度見ても覚えられないような漢字を、時間をかけて覚えたいですからね。

 

そこでまず最初の1周は、全ての漢字を赤シートなどで隠して、テストしてください。

10秒で出てこなかった漢字は、全てチェックです。

テキストにバツ印を書き込んでください。

そして2周目以降は、バツ印がついている漢字のみ、暗記してください。

そうすれば苦手な漢字にのみ、時間をかけられますよね。

 

2周目、3周目と勉強する中で、繰り返しミスした漢字にはさらに印をつけてください。

特に苦手な漢字が目立つようになるので、重点的に暗記できます。

 

漢字の勉強法 ステップ②書いて覚える

 

漢字は、必ず書いて覚えましょう。

どうしても面倒になってしまい、目で見て覚えようとしてしまいがちです。

人間は苦労した分だけ、頭に残ります。

 

目で見て覚えた場合、本番の入試で記述問題が出題されたとき、「あれ、出てこない・・・」と絶対になります。

断言します。

必ず手で書いて覚えてください。

センター試験でしか漢字を使わない受験生も、極力書いて覚えましょう。

 

暗記の際に1回で、完璧に覚えようとしないでください。

人間は1回頑張って暗記しても、何日かすると忘れてしまいます。

それなのに必死で暗記して、時間を取られすぎてしまうと、非常に効率が悪いですからね。

 

漢字の勉強法 ステップ③短時間で復習する

 

人間は1回暗記してもすぐに忘れてしまうので、「何度も繰り返し触れる」ことが重要です。

30分かけて1つの単語を暗記しても、30日後には忘れてしまうかもしれません。

しかし1分の暗記を、30日繰り返せば、それは長期記憶になり、忘れなくなります。

 

1周目は3ヵ月かかったとしたら、2周目は1.5ヵ月、3周目は1ヵ月と、かかる時間はどんどん短くなります。

このサイクルを加速させ、何度も何度も繰り返し復習を行えば、一生忘れないほど頑丈な知識として定着します。

大学受験の漢字の勉強法まとめ

 

・志望校の過去問を先に見て、出題傾向を知ろう

・漢字は書けるようにして、やっと点数が取れる

・センター試験でしか漢字を使わない受験生も、書いて覚えよう

・漢字の勉強は、今すぐにでも始めよう

・模試や過去問で出てきた漢字は、必ずチェック

・苦手な漢字を重点的に覚えられるよう、漢字帳にバツ印をつけよう

・漢字帳は1冊でOK!その1冊を、しっかりと暗記しよう

・1回で覚えきろうとせず、何度も繰り返し復習しよう

 

現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で
誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法
を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。

開発した「英語長文専用勉強法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。

⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら



無料で、英語 長文が読める勉強法を公開中


無料メールマガジン:英語 長文専用勉強法

たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める勉強法



単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値77.7、全国4位まで登りつめました。
その具体的な勉強法を、100名限定・無料でお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。













-大学受験 漢字の対策と勉強法

合わせて読みたい記事!



⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら