1分間世界史1200の評判・評価と効果的な使い方&勉強法【センターレベル】


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら


⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら


この記事は222秒で読めます。

1分間世界史のハイレベルな使い方と攻略法!

 

1分間世界史

1分間世界史1200の特徴

 

このテキストは歴史を「線」ではなく「点」で捉える感覚を体得するのに大変効果的な参考書です。

よく参考書で「一問一答」という形式があります。

一問一答形式は繰り返すことで問題と答えを覚えられるというメリットはもちろんあるのですが、一問が長いです。

一問として成立させるための文章が長く、繰り返すには比較的効率が悪いです。

その点、本書は「点」を意識した作りになっているので、効率が良く、効果的に記憶づける工夫が施されています。

 

1分間世界史の特徴

 

例えば「622年、ムハンマドが迫害を避け、メッカからメディナに逃れた事件は?」「ヒジュラ(聖戦)」といった基礎中の基礎である問題が世界史の項目別に並んでいます。

「622年」などの年号に関する情報は青色、「ムハンマド」のように人物に関する情報は赤色、「メディナ」や「事件」といったその他の用語は黄色、そして「ヒジュラ(聖戦)」などの出来事、事件に関する用語を緑色のように判別されています。

こうすることで見た瞬間に用語を判別でき、脳に刻みやすいという長所を活かすことができるのです。

 

1分間世界史世界史が苦手な受験生こそオススメ

 

世界史が苦手でつまずいている学生の過半数は、基礎用語を理解できていません。

つまり世界史に関する「記憶の核」が出来上がっていない状態なのです。

雪だるまを想像してください。

雪だるまを作る時、まず小さなボールを作りますね。

それをコロコロと転がすうちに雪が核にくっつき、しばらくすると両手で抱えきれないほどの大きな雪の玉が出来上がっています。

それと考え方は同様です。

『1分世界史』は世界史「記憶の核」作りを最速にすることを可能にする参考書です。

世界史の学習方法をいまいちつかめていない学生やとにかく苦手な状況から脱出したい学生にオススメです。

 

1分間世界史ができた背景

 

このユニークな参考書、実は著者である石井貴士氏の経験に基づいて生まれた参考書なのです。

著者は高校生の時、英単語は1単語1秒で見て覚え、消して書いてはいけない、というやり方を学びました。

1単語秒で暗記をしたことにより、偏差値70台に上昇させることができました。

この方法を世界史にも応用できるのではないか?と仮説を立てた著者は自作で1問1秒形式のノートを作り、挑みました。

すると見事に世界史も偏差値70台に上昇させることに成功したのです。

しかしこれにはたった1つのデメリットが…。

そう、この自作ノートを作るのに膨大な作業時間を取られてしまうことです。

もともと1問1秒の参考書があればいいなと思っていたようですが、当時どこを探してもありませんでした。

そんな体験をもとに、迷える受験生のために作られたのがこの参考書でした。

 

 

1分間世界史のハイレベルな使い方&勉強法

 

 

STEP1
マーカーが引かれている箇所と解答を声に出して音読する。(1問2〜4秒)
これを1200問で行い、60回繰り返します。もう大丈夫だ、と思ったら回数を減らして大丈夫です。

 

STEP2
問題部分は黙読し、解答は声に出して音読する。(1問2秒)
これを1200問で行い、1日2回〜4回繰り返す。もう大丈夫だ、と思ったら回数を減らして大丈夫です。

 

STEP3
問題も、解答も、熟読だけで繰り返す。(1問1秒)

これを1200問で行い、1日2回〜4回繰り返す。

⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら


⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら




無料で、英語 長文が読める勉強法を公開中


無料メールマガジン:英語 長文専用勉強法

たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める勉強法



単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値77.7、全国4位まで登りつめました。
その具体的な勉強法を、100名限定・無料でお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。













大和@受験講師

投稿者の記事一覧

現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で
誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法
を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。

開発した「英語長文専用勉強法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。

関連記事

  1. 詳説世界史研究の評価と使い方&勉強法【東大早稲田一橋早慶レベル】…
  2. ナビゲーター世界史Bの使い方と勉強法【早稲田慶應レベル】
  3. 青木世界史B講義の実況中継の評価と使い方と勉強法【早稲田慶應レベ…
  4. 荒巻の新世界史の見取り図の難易度と使い方&勉強法【東大…
  5. ヨコから見る世界史の難易度と使い方&勉強法【東大早稲田慶應レベル…
  6. 実力をつける世界史100題の使い方と勉強法【早稲田慶應レベル】

勉強法メニュー

勉強法メニュー

勉強法メニュー

勉強法メニュー

勉強法メニュー

勉強法メニュー

勉強法メニュー

ピックアップ記事

ピックアップ記事

ピックアップ記事

ピックアップ記事

ピックアップ記事




各大学で8割を超える対策法!

志望校の過去問を徹底分析した最強の対策法を伝授!これで8割越えは間違いなし!狙え特待生!

各教科で偏差値70を超える勉強法!

文系科目も理系科目も、全ての教科で偏差値70超えを目指す!勉強法から参考書の使い方まで!

不安スッキリ!大学受験Q&A!

受験に対する悩みや不安をスッキリ解決!これで受験勉強に集中できる!