【経済学部英語】明治学院大学経済学部の英語の対策&勉強法


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら


⇒【天才?凡人?】3分勉強センス診断はこちら


この記事は243秒で読めます。

明治学院大学経済学部の英語で8割を超える勉強法

 

明治学院大学経済学部英語

 

明治学院大学経済学部の英語の出題傾向

 

明治学院大学は経済学部に限らず、英語に重きをおいている大学となります。

そのため、明治学院大学経済学部に合格するためには、英語で高得点を取っておかないとなりません。

 

出題数は大問4つとなり、大問1は長文読解し、英文の内容と合致する選択肢を選択する問題となります。

大問2は英語の対話文を読み、その内容に合致する答えを選択する問題です。

そして、大問3は長文を読みその内容の要約を200字程度の日本語で答える問題、大問4は100~150単語程度の英文エッセイを書くという問題となっております。

特に大問3の要約と、大問4の英文エッセイが難しく、この2問が合否を左右するのです。

 

英単語や熟語、文法の知識を持っていることは当然必要となるのですが、明治学院大学経済学部の英語は知識を持っているだけでは通用しません。

明治学院大学経済学部の英語の問題を解くには、英単語・熟語・文法といった「知識」を使いこなして問題を解いていく力が必要なのです。

例えば、整序問題や英作文問題では、まさに知識を使いこなす能力が問われています。

つまり、明治学院大学経済学部の試験に合格する鍵を握っているのは、この「知識を使いこなして問題を解く」という力となります。

 

知識を使いこなして問題を解くには、2つの条件を満たしている必要があります。

・十分かつ正確な知識量がある
・その知識を使って問題を解く練習を積んでいる

この2つの条件を満たしていない受験生の方は明治学院大学経済学部に合格することができません。

ですが、逆にいえば、この2つの条件を満たしていれば他の受験生と大きく差をつけることができ、アドバンテージを持つことができます。

 

冒頭でも説明しましたように、明治学院大学経済学部は英語に重きを置いている大学です。

国語・社会の点数も重要ですが、この英語で高得点を取っていればそれだけ合格率も高くなります。

下記に紹介する参考書などを活用し、明治学院大学経済学部の英語で高得点が取れるように学習していくことが重要です。

 

明治学院大学経済学部の英語に最適な参考書

 

こちらでは、明治学院大学経済学部の英語対策に役立つ参考書について紹介しますので、下記の参考書を使いつつ、しっかりと知識量を蓄えておきましょう。

 

まず、英単語・熟語について正確な知識がないと、長文はもちろん、大問4の英作文に対応できません。

英作文で英単語・熟語のスペリングをミスしないように、一語ずつ書いていって覚えていくことをおススメします。

『英単語ターゲット1900』や『速読英熟語』といったレベルの英単語長を完璧にすれば十分ですので、スペルミスが無いように一語ずつ丁寧に覚えていくことが重要です。

 

英文法に関しては、選択式の問題はないので、選択式の問題集よりも整序英作文の問題集を学習しておきましょう。

河合塾シリーズの『英語整序問題精選600』という問題集がありますが、この問題集に記載されている600問をマスターすれば明治学院大学経済学部をはじめとして、ほとんどの大学に通用するレベルに達することが可能です。

ただ、この問題集は選択式になっておりますが、全文を書き出すという形で学習していけば英作文の対策にもなります。

この問題集を使っておけば英文エッセイを書く力も身につきますので、ぜひ明治学院大学経済学部の対策にも活用することが可能です。

 

以上のような単語・熟語帳や整序英作文の問題集を網羅しておけば、明治学院大学経済学部に必要な知識量をカバーすることができます。

あとは問題を解く練習を積めばいいのですが、これに関しては明治学院大学経済学部の英語の過去問を解いてみましょう。

過去問を解いたうえで、高校や予備校の先生にエッセイを添削してもらうなどして、練習を積んでおけば明治学院大学経済学部の英語に対応できる力が身につきます。

何はともあれ、知識がなければ何も始まりませんので、上記で紹介した参考書・問題集の知識を積んでいくことから始めましょう。

⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら


⇒【天才?凡人?】3分勉強センス診断はこちら


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら


大和@受験講師

投稿者の記事一覧

現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で
誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法
を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。

開発した「英語長文専用勉強法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。

関連記事

  1. 【法学部英語】國學院大學法学部の英語の傾向と対策&勉強法
  2. 【法学部英語】近畿大学法学部の英語の傾向と参考書対策法
  3. 【法学部英語】龍谷大学法学部の英語の傾向と対策&勉強法
  4. 【理工英語】甲南大学理工学部の英語で合格点をとるための対策&勉強…
  5. 【文学部英語】学習院大学文学部の英語の難易度・傾向と対策用参考書…
  6. 【法学部英語】明治学院大学法学部の英語で合格点を取る対策法
  7. 【教育人間学部】横浜国立大学教育人間学部の英語の傾向と対策&勉強…
  8. 【経済学部英語】名古屋大学経済学部の英語で合格点を取る勉強法

勉強法メニュー

勉強法メニュー

勉強法メニュー

勉強法メニュー

勉強法メニュー

勉強法メニュー

勉強法メニュー

ピックアップ記事

ピックアップ記事

ピックアップ記事

ピックアップ記事

ピックアップ記事




各大学で8割を超える対策法!

志望校の過去問を徹底分析した最強の対策法を伝授!これで8割越えは間違いなし!狙え特待生!

各教科で偏差値70を超える勉強法!

文系科目も理系科目も、全ての教科で偏差値70超えを目指す!勉強法から参考書の使い方まで!

不安スッキリ!大学受験Q&A!

受験に対する悩みや不安をスッキリ解決!これで受験勉強に集中できる!