超効率大学受験独学勉強法まとめブログ

明治大学文学部の英語の傾向と難易度と勉強法&記述対策【文学部英語】


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

441秒で読めます。

明治大学文学部の英語で8割を取る対策&勉強法

 

明治大学文学部の英語

明治大学文学部英語の出題傾向

 

明治大学文学部の英語は、速読重視です。

一文一文の大意をつかむことはそれほど難しくはありませんが、英文が長いことに加えて問題量が多く、迅速に処理することが求められます。

文法・語法の問題も散見されますが、メインは長文で、それも段落ごとの内容を確認する問題や、一文一文の意味を確認する問題、単語の意味の確認問題、空所補充とパターンが決まっています。

英文の内容は平易であり、語彙レベルもそこまで高度ではありません。

平易な英文の意味を確実に捉え、スピーディーに読み進めていける力が土台としてあれば、あとは過去問で時間配分の確認を実施し、設問との距離感をつかみ、問題に慣れることで合格点は取れるでしょう。

 

市販されている標準レベルの大学受験用の英単語帳を反復して見返し、基礎的な英単語の意味が瞬時に答えられるようにした上で、日々多くの平易な英語に触れ、一文一文の意味を確実に捉えていく、地道な努力の継続を欠かさないことが合格への近道となります。

盤石な基礎力を固めることが合格の根底にあると言えます。

本番が迫り、様々な過去問対策に明け暮れ、時間がない人でも、日々平易な英文に触れ、一文一文の意味を確実に捉える時間を確保することを最後まで忘れないでほしいです。

土台を盤石にし続けた上で、過去問で培ったテクニック、ノウハウを最大限活かしましょう。

 

明治大学文学部英語の大問別の傾向と対策&勉強法

 

大問1の対策&勉強法【空欄補充問題】

 

同じ意味の英文が複数並んでいて、英文のうち空欄になっている部分があります。

他の英文と同意味になるように、その空欄に補充する英単語などを記述式で答える問題が出ます。

基本的な熟語の知識や、語彙力が試される問題です。

日常の学習の中で、単語や熟語の類義語や同義語を意識的に確認する癖をつけておくことで、この手の問題に対応しやすくなります。

 

大問2の対策&勉強法【語形を変化させる問題】

 

英文の一部分のかっこ内に記載された英単語を、文脈を手がかりに適切な形、品詞に直す問題

 

単語の形容詞形、動詞形、副詞形が理解できているか、そもそも該当箇所に必要とされている品詞は何なのかを見抜けるよう、英語を構造的に読む力が試されます。

品詞や文型を意識することが少なく、何となく意味が分かれば良いと思い英文を読んできた人は、苦戦するかもしれません。

この設問の正答率が低い人は、日常的に、出会った英単語の動詞形、形容詞形、副詞形を合わせて確認して覚える、文型や文構造を確認して読み進める意識をしてみることが効果的です。

文構造を正確につかめるようになることは、英語の長文の意味を早く正確に捉える上で重要ですので、この大問の配点が低いからといって対策をないがしろにすることはおすすめできません。

むしろ、この大問の正答率が低い人は、フィーリングに依存した読み方をしているので、長文の成績もどこかで伸び悩む可能性があります。

長文を早く正確に読み進めるためには、英文を見て文構造、品詞を的確かつ迅速に見抜くことが必要だからです。

品詞や文構造が捉えられているかの確認手段として、この問題は非常に良問です。

 

大問3・4の対策&勉強法【長文問題】

 

下線が引かれた単語と同意味の単語を選ぶ問題
各段落の内容について正しい選択肢を選ぶ問題
各段落の内容について不適切な内容の書かれた選択肢を選ぶ問題
長文のタイトルとして適切なものを選ぶ問題
長文中の単語の空所補充問題
単語を適切に並べ変える問題
下線が引かれた部分と同意味の内容が書かれている選択肢を答える問題
長文全体の内容について適切なものを選ぶ問題

 

以上が明治大学文学部の長文の頻出設問です。

この記事の終盤で詳しい対策&勉強法をお伝えいたします。

 

大問5の対策&勉強法【会話や長文の中での空所補充問題】

 

会話や長文中で、空所に入れるのに最適なフレーズなどの書かれた選択肢を答える問題
文脈を把握し、最適なフレーズを入れる力が求められます。

 

明治大学文学部英語の長文問題の対策&勉強法

 

明治大学文学部の英語長文の特徴

 

鍵を握るのは長文問題の所要時間と正答率です。

全体的に、長文全体に関わる内容より、段落内、そして一文一文、一語一語についての理解度を試す問題が大半を占めます。

長文問題では、単語の言い換え問題、下線の引かれた英文と同じ意味の書かれた選択肢を選ぶ問題、段落内に書かれた内容を選択肢から選ぶ問題などが大半です。

注意してほしいのは、これらが選択式であることです。

記述式の和訳や要約ではないため、部分点はありません。

そのため、なんとなく意味を捉える読み方では点数に直結しないことがあります。

 

選択肢の「ワナ」にハマらない

 

確かに、英文は平易です。

しかし、選択肢には、時に落とし穴があります。

例えば、各段落の内容について正しい選択肢を選ぶ問題で、選択肢の中に、その段落内でなく、他の段落に書かれていたことが書かれていたりします。

書いてあることは間違っていないのです。

この場合、本文全体をざっと読み、なんとなく本文の掲載内容と同様だと思われる内容の書かれた選択肢を選ぶ、ということをすれば、正解を選べないことになります。

このような、選択肢をよく読まなかったり、せっかく選択肢を絞ってもあいまいなまま、書かれていたであろうことを感覚的に選んだりと言った、詰めの甘さがあれば、点数を落としてしまいます。

そして、その積み重ねが時に致命傷になります。

また、選択肢同士を曖昧な情報を元に比較して絞れないまま、時間を浪費することを繰り返せば、時間切れとなり、問題を解ききることが難しくなります。

選択肢同士の比較も時に必要ですが、できれば本文に地道に根拠を求めることで正確に意味を捉え、そうして正しい選択肢を素早く、自信を持って選べるよう過去問で練習を積んでおくことが望ましいです。

 

過去問演習の対策法&勉強法

 

解き進め方についても、過去問で確認しておきましょう。

たとえば、各段落の内容について正しい選択肢を選ぶ問題では、長文全部を読み切ってから初めて問題を見たりすることなく、あらかじめそのような問題があることを把握した上で、各段落を読み終えるごとに該当の問題を解き、また長文を読みすすめるやり方の方が、効率よくできます。

傾向、どんな設問があるかは過去問でつかめます。

当然そこから外れた問題が出ても動揺してはいけませんが、この場合、ある程度の問題形式を想定して、長文を読む前に想定した形式通りか確認し、想定通りなら各段落を読み終わるごとに該当する問題を解く、という意識で長文を読み進めた方が効率よく行きます。

どのように解くことがベストか、失敗を重ねてもいいので、自分なりの効率の良い解き方、取り組み方を試行錯誤の中で楽しみながら見つけて、そのやり方でシミュレーションを繰り返し、解き方を確立していい意味で自信をつけましょう。

そうすることで本番安心して試験会場に向かえるはずです。

現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で
誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法
を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。

開発した「英語長文専用勉強法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。

⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら



無料で、英語 長文が読める勉強法を公開中


無料メールマガジン:英語 長文専用勉強法

たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める勉強法



単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値77.7、全国4位まで登りつめました。
その具体的な勉強法を、100名限定・無料でお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。













-大学別英語の対策と勉強法

合わせて読みたい記事!



⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら