【教育学部数学】難しい早稲田大学教育学部の数学の傾向と対策&勉強法


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら


⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら


この記事は211秒で読めます。

早稲田大学教育学部の数学で8割を取る勉強法

 

早稲田大学教育学部の数学

早稲田大学教育学部数学の出題傾向

 

大問は全部で4つあり、問1では答えのみを記述する小問集合が、問2~4ではそれぞれ様々な分野から出題される論述式の問題となっています。

問題の傾向は、数Ⅲの微分・積分が頻出となっていて、次いで場合の数・確率や数列がよく出題されています。

これらの分野に関しての証明問題が出されることや、漸化式・級数の極限を考えさせる問題が多いので、数Ⅲ分野をしっかりと理解しておく必要があります。

加えて新課程となって新しく学ぶこととなった複素数平面に関する問題が28年度から2年連続で出題されているので、注意をしなければいけません。

 

早稲田大学教育学部数学のレベル

 

標準的な入試問題から難問とよばれる問題まで、様々な難易度のものが出題されます。

そのため、試験時間が120分と長く設定されていますが、時間配分に注意しながら進めていくことが大切です。

また、数学科を受験する人は、得点が2倍される傾斜がかかることも頭にいれておきましょう。

 

早稲田大学教育学部数学の対策・勉強法

 

論述式の問題の対策を

 

はじめに問題を解く過程や流れを大切にする意識を持ってください。

数学では答えを出すことに焦点が置かれることが多いですが、教育学部の数学の問題は論述式の問題が多く、途中の考え方も書かなければいけません。途中式や答えに至る経緯を含めて記す練習をしていきましょう。

特に出題が多い数Ⅲの分野は、他の分野に比べて抽象的で難しく、原理や証明方法を理解していくことが大変な問題でもあります。

はじめは教科書などに載っている簡単なものを使ってみたり、答えを見ながら解いていったりなどの練習を積み重ねて、解法の流れやパターンを把握していきましょう。

慣れてきたら、より難しい問題を自分の力で解いてみて、復習をしていきます。

実際に教育学部の過去問や、他の学部・大学の入試問題を解いてみることも力になるのでおすすめします。

 

微分積分は頻出

 

次に頻出の微分・積分を重点的に勉強しましょう。

計算練習はもちろんのことですが、微積分の利用をメインに置いて考えていきます。

教育学部の出題内容では面積・体積計算や、方程式・グラフの利用、曲線の長さを求める計算というように、ほぼすべての学習内容が含まれています。どの内容が来ても答えられるようにまんべんなく練習する必要があります。

また、数Ⅲを勉強していない人でも、数ⅠAⅡBでも同じような内容が含まれているので、「なぜ」・「どうして」解答のような計算をしなければいけないのかという点に着目してみましょう。

 

早稲田大学教育学部数学のまとめ

 

教育学部の数学の問題は、難易度の高さから時間が足りなくなることがよくあります。

普段の勉強から、時間の制約を持たせて問題を解いていくことを実践していくことも必要です。

難易度が高くなく自分が解ける問題は、できる限り早く解き切ってしまうことが得点を上げる一つの方法でもあります。

本番では時間の感覚をしっかりと持っていないと、1つの問題に集中しすぎて、他の解ける問題がおろそかになってしまいます。

常日頃から時間の制限をかけて緊張感を持って問題に触れることで、この学部の余裕の少なさにも対応していきましょう。

⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら


⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら




無料で、英語 長文が読める勉強法を公開中


無料メールマガジン:英語 長文専用勉強法

たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める勉強法



単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値77.7、全国4位まで登りつめました。
その具体的な勉強法を、100名限定・無料でお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。













大和@受験講師

投稿者の記事一覧

現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で
誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法
を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。

開発した「英語長文専用勉強法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。

関連記事

  1. 【経済学部数学】慶應義塾大学経済学部の数学の傾向と対策と勉強法
  2. 【理学部数学】名古屋大学理学部の数学の傾向と対策&勉強法
  3. 上智大学理工学部の数学の難易度と傾向と8割取る対策&勉強法
  4. 【京大農学部数学】京都大学農学部の数学の傾向と対策&勉強法
  5. 【東大理三数学】東京大学理科三類の数学の傾向と対策&勉強法
  6. 早稲田大学スポーツ科学部の数学の傾向と対策&勉強法【スポ科数学】…
  7. 【理工学部数学 】明治大学理工学部の数学の難易度と傾向と対策&#…
  8. 【医学部数学】北里大学医学部の数学の傾向と対策&勉強法

勉強法メニュー

勉強法メニュー

勉強法メニュー

勉強法メニュー

勉強法メニュー

勉強法メニュー

勉強法メニュー

ピックアップ記事

ピックアップ記事

ピックアップ記事

ピックアップ記事

ピックアップ記事




各大学で8割を超える対策法!

志望校の過去問を徹底分析した最強の対策法を伝授!これで8割越えは間違いなし!狙え特待生!

各教科で偏差値70を超える勉強法!

文系科目も理系科目も、全ての教科で偏差値70超えを目指す!勉強法から参考書の使い方まで!

不安スッキリ!大学受験Q&A!

受験に対する悩みや不安をスッキリ解決!これで受験勉強に集中できる!