超効率大学受験独学勉強法まとめブログ

英文解釈教室の使い方と勉強法【東大京大早稲田慶應レベル】


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

259秒で読めます。

英文解釈教室のハイレベルな使い方&勉強法

 

英文解釈教室

英文解釈教室の特徴

 

この参考書に述べられているのは小手先のテクニックではありません。

英文の正しい意味を自力で把握するために必要なルールが網羅されているのです。

ここに示されている方法論が身について、あとは充分な語彙力が備われば、原書も英字新聞も苦労せず読めるようになるでしょう。

受験英語を超えた、「英語を読む力」が身につきます。

 

単なる参考書を超えた名作

 

『英文解釈教室』は英語を読む方法論を身につけつつ、日本語能力までも鍛えていく「修行」のようなものです。

それは「感覚的に分かりやすく」「コンパクトでスマート」などいう現代の風潮とは真逆を行くものです。

そういう点で、本書を使っている受験生は以前より減っているのかもしれません。

しかし本書としっかりと向き合い最後までやり遂げれば、英語力・日本語力だけでなく、物事を論理的・分析的に考える姿勢、そして粘り強さや忍耐力が鍛えられるはずです。

そうしたものは大学合格後や社会に出たときに真価を発揮する大事な力です。

そういう意味でも、最難関大学を目指し、将来の日本をリードすべき人材が取り組んでみるにふさわしい一冊と言えるでしょう。

 

英文解釈教室のレベル

 

東大・京大など最難関を目指す受験生向け

 

本書は英語が相当得意で英文法は一通りマスターしている高2・高3生以上が使用するのに向いています。

これから英語の基礎を学ぼうという人はもう少し基本的な参考書から始めた方が良いでしょう。

そういうとかなり高度はことが書かれていると思われるかもしれませんが、内容は非常に基礎的な英文解釈法を説明しています。

その解釈法はまさしく「王道」というべきベーシックなものです。

しかしそれを解説するために提示されている英文の質が高く、しかも解説の日本語の水準がまた高いのです。

解説の日本語を理解するのに苦労することもままあるでしょう。

その意味である程度英語の実力を備えている人が取り組むのが効果的です。

 

>>【たった1カ月で】難関国公立・早慶の英語長文がスラスラ読めるテクニックはこちら

 

英文解釈教室の効果的な使い方&勉強法

 

使い方&勉強法のコツ:音読をしながら確実に理解して前進すべし

 

本書に取り組むときは少々時間がかかってもいいので、確実に理解することが大事です。

そのためには英文はもちろん、解説の日本語も音読することを勧めます。

黙読すると理解できていないとところをうっかり読み飛ばしたりする恐れがあるからです。

 

また例文の英語を読むときは、それに先立つ解説で示されたポイントを意識しながら、「主語はこれ、目的語はこれ」などというように英文をしっかり分析することが大事です。

その上で和訳をつけて実際に訳をノートなどに書くようにしましょう。

和訳をするときに分からない単語などが出てきたら辞書を引くことを怠ってはいけません。

最後に自分の訳と模範訳を比較してみるとよいでしょう。

 

本書の説明はところどころ簡潔に済まされているところや、基礎事項を理解していることが前提になっているところがあります。

解説を読んでもしっくりこないところは、必ず周囲の英語の先生に質問してみることです。

くれぐれもあいまいなまま「まあ、こんなものだろう」などと済ませてしまってはいけません。

 

英文解釈教室が終わったら??

 

本書を一通りやったあとは、もう一度初めからやり直してみることを勧めます。

そもそもこの参考書は一度やって全てを吸収できるほどイージーにはできていません。

二度、三度と取り組むと一度目よりは短期間で終わらせることができ、しかも得られるものは一度目よりもはるかに多くなるはずです。

 

また問題演習に入っていくも良いでしょう。

本書は英文解釈のルールを網羅的に示しているものの、充分な練習問題が確保されていないという弱点があります。

英文解釈の実力は、一通り習得した知識をさまざまな英文の中で実際に駆使していく中で鍛え上げられていくのです。

過去問を使ってみても良いですし、本書の著者である伊藤先生が書かれている『英語長文読解教室』(研究社)や『英語総合問題演習』シリーズ(駿台文庫)などを活用してみてもよいでしょう。

その際に、この参考書に出てきたルールや身についた知識を意識しながら解いてください。

これらが自分のものになるように、何度も何度も解いてください。

大和@受験講師
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で
誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法
を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。

開発した「英語長文専用勉強法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。

⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら



無料で、英語 長文が読める勉強法を公開中


無料メールマガジン:英語 長文専用勉強法

たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める勉強法



単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値77.7、全国4位まで登りつめました。
その具体的な勉強法を、100名限定・無料でお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。













-大学受験 英語長文の対策と勉強法

合わせて読みたい記事!



⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら