超効率大学受験独学勉強法まとめブログ

【日本史の文化史】問題集を使った最強勉強法&覚え方!


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

22秒で読めます。

日本史の文化史で”差をつける”勉強法と覚え方!

 

 

大学受験で日本史を選択している受験生から、

「文化史の勉強って必要ありますか?」

「文化史の勉強ってどうすればいいんですか?」

という質問をよく受けます。

 

日本史を選択した以上この「文化史」についてはしっかりと理解した上で、受験勉強に励んでいかなければいけません。

教科をしっかりと理解していなければ、偏差値は絶対に上がりませんからね。

なので、この記事では大学受験の日本史の「文化史」の勉強法と覚え方ついて詳しくお伝えしていきます。

日本史を理解し、成績を上げたいあなたは必ず最後まで読んでください。
 

>>【たった1カ月で】難関国公立・早慶の英語長文がスラスラ読めるテクニックはこちら

 

文化史ってこういうもの!

 

まず初めに、大学受験において文化史の問題は頻出です。

範囲も古代から近現代まで全てなので、量も非常に多いです。

なので、通史と同じように重要で、しっかりと対策しなければいけません。

 

正しい文化史の勉強法と覚え方はこれ!!

 

文化史の勉強法がわからないという受験生が多いので、これから説明していきます。

 

通史と文化史は分けて勉強する必要があります。

なぜなら、一緒に勉強すると時代の流れがごっちゃになってしまい、覚えにくくなってしまう可能性があるからです。

なので、まずは通史を「NEW石川日本史B講義の実況中継」で先に勉強し、その後で文化史の勉強に入っていくようにしてください。

石川日本史B講義の実況中継の最強の使い方はこちら!

 

文化史を勉強したら、通史を復習する際に、文化史の流れも一緒に整理するようにしてください。

 

「建物や作品が何文化で、何時代のものか」

というのを問う問題が頻出なので、ここまで必ず理解しておいてください。

「大体このくらいの時期だな」という程度では、細かく聞かれたときに答えられないので注意してください。

 

文化史攻略のカギはこれ!

 

文化史の問題では

・大仏や建物の特徴

・作品の作者

・文学や絵画の派閥

の3点が狙われることが多いです。

なので、これらに注意して覚えるようにしてください。

 

また、文化史は写真を使った問題が頻出です。

そういった問題に対応できるように、文字だけでなく資料と結び付けて覚えるようにしてください。

そうすることで、知識が深く定着し、忘れにくくもなります。

 

日本史文化史の勉強法と覚え方まとめ

 

ここまでが文化史を完全攻略する勉強法です。

冒頭でもお話しした通り、文化史に苦手意識を持っている受験生は非常に多いです。

逆に言えば、この勉強法で文化史を攻略すれば、大きなアドバンテージになります。

もう一度この記事を読み直し、今日から文化史の勉強法を見直してください。

そうすれば全国の受験生と大きく差をつけて、志望校に合格することができます!

現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で
誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法
を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。

開発した「英語長文専用勉強法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。

⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら



無料で、英語 長文が読める勉強法を公開中


無料メールマガジン:英語 長文専用勉強法

たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める勉強法



単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値77.7、全国4位まで登りつめました。
その具体的な勉強法を、100名限定・無料でお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。













-人気記事, 大学受験 日本史の対策と勉強法

合わせて読みたい記事!



⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら