超効率大学受験独学勉強法まとめブログ

化学基礎問題精講で20偏差値UP!早慶合格者の3つの使い方


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

312秒で読めます。

化学基礎問題精講で得点力を上げる使い方と勉強法!

 

化学基礎問題精講

 

『入試に頻出する典型問題を抑えるための問題集』

 

化学基礎問題精講の特徴

 

受験物理で出題される典型問題をバランス良く掲載した問題集です。

解説も非常に詳しく、問題の量も豊富です。

入試本番に必要な一番最初の「実践力」が身につきます。

 

大学受験化学を得意科目にする勉強法はこちら

 

化学基礎問題精講のレベル

 

使用する受験生のレベル

 

「センター試験の利用、中堅国立大学2次や私立大学の受験をする受験生」が対象です。

センター試験で70点以上の得点を目指す受験生や中堅国立大学・私立大学、私大(歯学・薬学)系の受験に適した問題集です。

受験で化学を利用する場合、最低でもこのレベルの問題を解けることが求められます。

 

タイトルに「基礎」と付いていますが、決して簡単な問題集ではありません。

化学の実力に自信がない受験生は、「セミナー化学」に先に取り組むことをオススメします。

セミナー化学の使い方と勉強法はこちら!

大学受験を乗り越えるためにも、この問題集をマスターしておくように努力しましょう。

 

到達レベル

 

「センター試験~中堅国立2次・私大、私大(歯学・薬学)レベル」に到達できます。

センター試験から中堅国立大学2次や中堅私立大学の入試に出題される典型問題を厳選、掲載、解説した問題集です。

私大(歯学・薬学)系の問題としても最適です。

 

センター試験化学で9割を超える対策法はこちら

 

>>あなたは天才?凡人?「勉強センス診断」はこちら

 

化学基礎問題精講の最強の使い方と勉強法!

 

大学受験で化学を利用する場合、この問題集に掲載されている102題の問題の解法は、100%理解し、解き慣れておきたい所です。

先ほどもお伝えした通り、「基礎」と言っても、決して簡単な問題ではありません。

相応の努力が必要であるという覚悟を持って臨みましょう。

 

受験化学は、大きく分けて3分野あります。

 

1.理論化学

 

理論化学は、分子量や分子構造、化学反応(中和・酸化還元)、熱化学などの分野に当たります。

この分野は、基礎的な用語を問う問題や化学反応式を問う問題、計算問題が出題される分野です。

化学反応式と計算問題は、相応の理解が必要なので、しっかりと演習しておくことが求められます。

「化学基礎問題精講」でしっかりと演習を繰り返しておきましょう。

 

演習問題で全く解けない問題は、一度、解答・解説を読み、理解した上で、再び自分で解くようにします。

数日後に、もう一度解き直し、正解にたどり着けるようにすることが必要です。

 

鎌田の理論化学の使い方と勉強法はこちら

 

2.無機化学

 

無機化学は、無機物質の特徴や化学反応式を問う問題が出題されます。

また、金属イオンの分離と同定操作を問う問題も頻出です。

これらの問題の多くは、暗記が必要となるため、冬頃から正しく暗記し、暗記した内容をしっかりと覚えているか確認するために問題集を活用しましょう。

 

3.有機化学

 

有機化学は、化学反応を問う問題や有機化合物の同定を問う問題が出題されます。

化学反応は、早めに覚え、官能基におる反応系をしっかりと理解しておきたい所です。

有機化合物の同定問題は、2次・私大の問題で配点の高い問題となるので、時間をかけてしっかりと演習しなければいけません。

同じ問題を3回は解き直し、しっかりと演習に慣れておくことが求められます。

高分子や天然化合物については、しっかりと暗記する必要があります。暗記内容の確認として、問題集を活用しましょう。

 

鎌田の有機化学の使い方と勉強法はこちら

 

化学基礎問題精講が終わったら??

 

中堅大学受験をする受験生は赤本を、難関大学を目指す学生は更に難しい問題集を勉強していきましょう!

 

中堅大学を目指す学生は、この1冊の問題集を終えれば充分です。

次は赤本を解き、受験する大学の出題傾向をしっかりと抑えましょう。

 

私大(歯学・薬学)を受験する場合、難関大学であれば、合格点は7割程度と言われています。

7割を解くためには、相応の解答スピードと確実性が求められます。

演習問題をスピーディに、正確に解けるような訓練が求められます。

演習問題の類似問題は、すぐに頭の引き出しから出せるようにしておきましょう。

 

難関大学には「化学基礎問題精講」だけでは演習量がまだまだ足りません。

上のレベルの「化学標準問題精講」を解き、冬には赤本に取り掛かりたい所です。

現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で
誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法
を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。

開発した「英語長文専用勉強法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。

⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら



無料で、英語 長文が読める勉強法を公開中


無料メールマガジン:英語 長文専用勉強法

たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める勉強法



単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値77.7、全国4位まで登りつめました。
その具体的な勉強法を、100名限定・無料でお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。













-大学受験 化学の対策と勉強法

合わせて読みたい記事!



⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら