【理工学部攻略】慶應義塾大学理工学部の英語の傾向と対策&勉強法

この記事は337秒で読めます。

慶應義塾大学理工学部の英語で8割を超える勉強法!

 

慶應義塾大学理工学部英語

 

慶應義塾大学理工学部の英語の特徴

 

試験時間は90分で、大問は例年6つ、配点は150点となっています。

試験問題は志望学門によらず同じです。

 

大問6つの構成は読解問題が2つ、会話文が1つ、文法問題が3つとなる傾向にあります。

長文の内容は理工学部らしく理系の内容が多く、問われる問題や分量も標準レベルです。

しかしながら文章が難解で、相応の単語力・文脈推察力といった英文読解力や、長文問題を解くコツや経験を身につけているかが合否へのカギとなります。

 

また文法問題が大問6問中3問を占めている上、問題も標準レベルのもので構成されている為、他の受験生と差がつかないように基本的な問題は必ず解けるように演習を積んでおく必要があるでしょう。

記述式での出題もされている為、スペルミスやうろ覚えは許されません。

正確な知識を身につける必要があります。

慶應義塾大学理工学部の英語の勉強法

 

総合的な英語力が問われる慶大英語の対策には、長文・文法語彙力を満遍なく鍛えていく他ありません。

受験勉強を始めるにあたって、英語を読む全ての基礎となる文法・語彙から抑えていきましょう。

 

文法は今まで学んできたことの復習も兼ねて、大学入試英語頻出問題総演習(英頻)やNext Stagといった文法・語法問題集を解き進め、理解できない部分をForestなどの文法参考書で確認する、という形式で勉強を進めていってください。

頻出する表現やイディオムは例文ごと覚え込んでしまった方が効率が良いです。

基礎の抜け落としがないよう、問題集は最低でも2周は行いたいところです。

 

語彙は速読英単語のような、例文と合わせて覚えられる単語帳を強くオススメします。

単語とその意味だけで覚えるより遥かに覚えやすい上、文章中での用法・活用も頭に入る為です。

単語一つ覚える際には類義語・対義語・派生語を必ずセットで覚えてしまう癖をつけましょう。

語彙量が格段に増す上、文法・語彙問題の対策にもなります。

 

文法・語彙を勉強する際には必ず紙に書くようにしていきましょう。

意味は分かっている、しかし記述出来ないという状況を本番で作らないためです。

書いて暗記することで記憶への定着率の向上も期待できます。

 

また復習は間をおかずに必ず行うようにしましょう。

数をこなすことに囚われて復習の時間を蔑ろにしないようにして下さい。

1日に100個の暗記をするよりも、10個の暗記を確実に行うことの方がずっと大切です。

文法や語彙があやふやになると長文読解が致命的になるため、暗記や理解が曖昧なままで放置することは絶対にしないようにしましょう。

 

長文対策に関してですが、普段の問題演習に加えてScientific Americanといった英語で書かれた理系雑誌を毎日読んでみることをオススメします。

英語版日経サイエンスであるため飽きのこない内容であり、理系の文章を読むことで受験に必要な背景知識や語彙を増やすことも可能です。

文章に書かれている知識を知っているか知らないかで英文読解の難易に大きく関わってきます。

特に入試では最近話題となっていることを取り上げで出題する傾向にあります.

しっかりと旬の話題に関する記事を抑えておくようにしましょう。

 

また長文を読む際に「最初は辞書を使わずに読む」ことを心がけたいです。

極力単語や文法を調べずに、文脈でもって意味を類推することで、文脈で文章を理解する能力を養うことが出来ます。

これは辞書の持ち込みが出来ず、文章が難解な慶大英語には必須の能力であり、早期から辞書を頼りにしない英文の読み方を訓練する必要があります。

一通り読み終えたら日本語版を確認するなり辞書を使うなりして正しく読み取れているかを確認するようにしましょう。

また分からなかった単語や表現はメモしておき、後々復習するようにしましょう。

 

長文問題演習には必修英語長文問題精講などの問題集や慶大模試を使っていきましょう。

演習の際、以下のことを意識して取り組むようにして下さい。

 

英文を読む前に、設問を読む

 

設問を読むことである程度書かれている英文の内容を把握することが可能です。

勿論完全に決めつけることは危険ですが、読む前にある程度の方向性だけでもわかっていると理解度に差が出てきます。

また英文を読みながら設問解答に必要な部分に印をつけることが出来、後々見返す時間の短縮を図れます。

 

一度英文を読み切る

 

長文を読んでいる途中で設問に移るよりも、最後まで読み切ってから設問に取り掛かる方が正答率が上がります。

というのも文章の流れを全て追わないまま読解問題に取り掛かるのは文意の誤解を生む可能性がある上設問を解く度に読み取りが中断され、文章の流れを追いにくくなるためです。

先程と同様に解き終わった後は自分の文章読解が正しいものであったかを答えで確認し、文意を取り違えてしまった文は必ず復習するようにして下さい。

 

過去問演習は出題形式の確認や時間配分を決める程度にこなすだけで十分でしょう。

年によって大問6の出題内容が変動することもありますが、他は例年通りである傾向にあるため時間配分を決めておくことは非常に有効です。

特に英文が難解なため、そちらにばかり時間を取られすぎないように自分なりのペースを決めておくことで不要な失点を防ぐことが可能です。

【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら


【天才?凡才?】勉強センス診断はこちら


【1カ月で習得】難関大学の英語長文がスラスラ読める読解法はこちら


大和@受験講師

投稿者の記事一覧

現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で「誰でも早慶の長文がスラスラ読める読解法」を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。

関連記事

  1. 【観光学部英語】立教大学観光学部の英語の傾向と対策&勉強法
  2. 【農学部英語】名古屋大学農学部の英語の対策用の参考書はこれ!
  3. 【経営英語】駒澤大学経営学部の評判・倍率と英語の傾向と対策用参考…
  4. 【人間科学部英語】大阪大学人間科学部の英語の傾向と対策&勉強法
  5. 【京大薬学部英語】京都大薬学部の英語のレベルと対策法
  6. 【建築学部英語】近畿大学建築学部の英語の傾向と8割を超える勉強法…
  7. 【経済学部】慶應義塾大学経済学部の英語の傾向と対策と勉強法
  8. 【法学部英語】関西大学(関大)法学部の英語の傾向と対策用参考書

勉強法メニュー

勉強法メニュー

勉強法メニュー

勉強法メニュー

勉強法メニュー

勉強法メニュー

勉強法メニュー

ピックアップ記事

ピックアップ記事

ピックアップ記事

ピックアップ記事

ピックアップ記事




各大学で8割を超える対策法!

志望校の過去問を徹底分析した最強の対策法を伝授!これで8割越えは間違いなし!狙え特待生!

各教科で偏差値70を超える勉強法!

文系科目も理系科目も、全ての教科で偏差値70超えを目指す!勉強法から参考書の使い方まで!

不安スッキリ!大学受験Q&A!

受験に対する悩みや不安をスッキリ解決!これで受験勉強に集中できる!