【大学受験エバースタディ】~大学受験の勉強法~

志望校の決め方!決まらない人必見!学部・学科の選び方を教えます


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

42秒で読めます。

志望校の決め方や学部・学科の選び方を教えてください

【大学受験】志望校の決め方!志望学部・学科の選び方を教えます

 

Q.志望校がなかなか決まりません。

将来つきたい職業がまだ決まっていないので学部や学科も決まりません・・・

何のために勉強しているのかが分からなくなってしまっていて、勉強のモチベーションも上がりません・・・

 

まずは志望校から決めよう

 

「大学ではどうしてもこれを勉強したい!」というものがない受験生は、学部や学科を決める前に、志望校を決めましょう。

志望校を決めるポイントはたった1つ。

「この大学に本気で行きたい!」と思えるかどうかです。

 

「何がなんでもこのキャンパスで、4年間生活したい!」

「この大学に通っているって、みんなに言えるようになりたい!」

そう思えれば、勉強を頑張る大きなモチベーションになりますよね。

本気で勉強を頑張れる志望校を定められるのであれば、理由はなんだっていいんです。

 

・周りから尊敬されるから

・家が近いから

・校舎がきれいだから

・好きな先輩がいるから

・入りたいサークルや部活があるから

 

どんな理由でも、受験勉強を本気で頑張れるモチベーションになれば良いんです。

これが自分の成績を上げる一番の原動力になりますからね。

 

実際に大学に足を運んでみよう

 

とはいっても、「行きたい大学がないんだよなぁ」という受験生。

まずは大学に足を運んでみてください。

 

私は早稲田大学に行ったときに、「どうしてもこの大学に合格したい!」と強く思いました。

駅から降りてキャンパスまで歩く道が、なんだかとてもかっこよく感じたんです笑

そして「大隈講堂」という大きなホールがあって、その外観がものすごく立派でした。

大隈重信氏の像に代表されるように、大学中が「早稲田愛」でいっぱい。

私はこのキャンパスに通って、「早大生」になって、胸を張って生きていきたいと思いました。

 

あなたも「ここの大学、ちょっといいかもなー」という大学に、まずは足を運んでみましょう。

いくつかめぐっているときっと、「ここの大学が良い!」という素敵な大学に出会えるはずです。

 

文化祭に遊びに行ってみよう

 

文化祭は各大学の学生が運営していますから、大学の雰囲気が肌で感じられます。

 

どんな雰囲気の人が多いのか、ノリはどんな感じなのか。

おしゃれな人が多いのか、男性と女性のどっちが多いのか。

 

自分にマッチした雰囲気の大学が見つけられれば、その大学に行ってみたいと思えるでしょう。

 

卒業生を見て、志望校を決めるのもあり

 

Wikipediaなどで卒業生を見て、「この人と同じ大学に通いたい!」となると、やる気も上がります。

私は俳優の「藤木直人」さんや芸人の「小島よしお」さんがすごく好きで、「早稲田に入りたいな」という気持ちも強くなりました。

有名な大学であれば、有名人も多く卒業されているはずです。

きっかけは何であれ、夢になるような志望校が見つけられれば、それでいいんです。

 

志望校が決まれば、どんどんモチベーションが上がる

 

最初は悩むこともあると思いますが、志望校が決まればその大学の全てが良く見えてきます。

好きな人ができると、その人のニキビもチャームポイントに見えてしまうなんて言う話がありますが、それと同じですね笑

 

・スポーツで志望校が優勝したらしい。

・志望校のジャージを着ている人に会った。すごく頭が良さそう。

 

ちょっとしたニュースを聞いたり、何かを経験したりすれば、「やっぱり〇〇大学ってすごく良い!」と感じるようになるでしょう。

どんどん志望校に入りたい気持ちが高まっていきます。

それと同時に、勉強に対するモチベーションもグングン上がっていくでしょう。

 

>>やる気がみなぎる!受験勉強のやる気が上がる方法はこちら

 

志望校が決まったら、学部・学科について考えよう

 

志望学部・学科もできる限り早く決めておいた方が良いです。

学部ごとに問題内容や、レベルが異なるケースも珍しくありません。

学部・学科が違えば、自分が目指すゴールも変わってきますよね。

「この問題で、このくらいの点数を取るんだ」という目標が決まっていたほうが、勉強がスムーズに進められます。

ですので志望校だけでなく、学部や学科も先に決めておいた方が良いんですね。

 

自分が就きたい仕事がある受験生は、そこにつながる勉強ができる学部・学科を選べばOK。

夢は決まっていなくても、自分が勉強したい分野がある受験生は、そこの学部・学科を選ぶのが良いですよね。

ただ高校生のうちから、自分の就きたい仕事やしたい勉強が決まっている人のほうが少ないでしょう。

 

そういった受験生は、幅広い勉強ができる学部・学科がおすすめ。

幅広い勉強ができる学部・学科であれば、もちろん就職先の選択肢も広くなります。

大学に入ってからの勉強内容も、専門性が高すぎないので、嫌になることも少ないでしょう。

 

例としては

・経済学部

・商学部

・社会学部

・経営学部

などがあります。

 

これらの学部は専門性が高くないので、誰にでも向いている学部だといえます。

「どうしてもこれが勉強したいんだ」という学生も少なく、なじみやすいでしょう。

将来就きたい仕事も、大学でしたい勉強も決まっていない受験生は、幅広い勉強ができる学部を選びましょう。

 

>>「卒業生・現役大学生が書いた!大学生活ってこんな感じ!」はこちら

 

志望校の決め方、学部・学科の選び方まとめ

 

・自分がどうしても行きたいと思える志望校を決めよう

・将来の夢や、やりたい勉強が決まっていない受験生は、幅広い勉強ができるところを選ぼう

 

>>モチベーションを落とさない!受験戦争の戦い方はこちら

 



⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら




大和@受験講師
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。
開発した「英語長文専用勉強法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。
⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら



無料で、英語 長文の読み方を公開中


無料メールマガジン:英語 長文専用勉強法

たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める方法



単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値77.7、全国4位まで登りつめました。
その具体的な「英語 長文の読み方」を、無料でお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。










7:13 AM