超効率大学受験独学勉強法まとめブログ

大学別英語の対策と勉強法

【理学部英語】広島大学理学部の英語の難易度と傾向と勉強法&要約問題対策

投稿日:


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

238秒で読めます。

広島大学理学部の英語で8割を取る勉強法

 

広島大学

広島大学理学部英語の全体像

 

過去の出題を見てみると、大問5個から成り立ち、第1問で要約問題、第2問で会話文(英語コミュニケーション)、第3問、4問で長文読解、第5問でグラフ読み取り、意見を述べる問題を出題されています。

要約問題は、長めの英文を読み、全体の内容を日本語で250-270字にまとめるよう指示されます。

第3、4問の長文読解では、文法を問うとともに、ある一文が示され、それがどこに入るのがふさわしいかの問い。

ある質問に対して、長文全体の情報を用いて日本語で答えるなど、英文全体を理解し、物語、意見文としてしっかり読解する能力が問われます。

第5問のグラフを読み取る問題では、社会問題に対する調査や、食の好みと和食を食べる頻度など、比較的具体的なテーマのグラフが提示されます。

提示されたグラフから読み取れることを英語90語程度で説明、そのテーマに合った内容の意見文を書くという形になっています。

 

広島大学理学部英語の難易度

 

要約問題は、多くの人が苦手意識を持っているかもしれません。

しかし広島大学の要約問題は250字-270字と比較的、文字数制限が多いので、大事なところを各段落から抜き出し、接続詞などを用いてうまく組み立てていくと、難しくはありません。

会話文、その他の長文も高校レベルの単語、文法で成り立っていますので、センター対策をしっかりやっていれば、内容との闘いというよりは、時間との闘いになってくると思います。

長文を読むのに時間がかかる人にとっては少し難易度が高いと思われます。

最も難易度が高くなっているのは、第5問のグラフ読み取り問題です。

所見のグラフが出されるため、特別な単語を知っておく必要があります。

もし、わからない場合は、自分なりに簡単な英語で言い表す必要があるので、語彙力、また、臨機応変に英語を用いることができる能力が問われています。

ここは特別な対策が必要になります。

 

広島大学理学部英語の対策のコツ

 

初めに第1問の要約問題対策としては、英文の読解力に加え、文章力も必要です。

参考書の中には、長文読解の解説に加え、全文和訳、日本度要約まで書いているものがあります。

そのような参考書で、要約をし、解答と照らし合わせることを繰り返すと、徐々に自分なりの要約構成パターンが出来上がります。

本番では、長文を読みながら、まとめになっている部分、比較している部分などをチェックし、その要約構成パターンに当てはまることで簡単に仕上げることができます。

本番では、どのテーマの要約が出てくるかわからないので、構成だけはしっかりと決めておきましょう。

字数制限が多い場合は、重要な文を抜きだして、和訳、つなげていくことで仕上がりますが、少ない場合は長い分を短く濃い文に言いかえる必要があります。これは、参考書の要約を用いて、コツをつかみましょう。

基本的に、重要なキーワードが入っており、因果関係が正しければ問題はありません。

文法、語彙力はセンターレベルで大丈夫です。

 

会話の問題および、第3,4問の長文読解では、説明問題のような内容読み取りがメインとなっています。

文の主題を正しく使うために、毎日長文を読み、長文を読むことに慣れる必要があります。

そこで、おすすめなのが、全文和訳と該当する英文を一行ずつ読み、自分の解釈が正しいか、間違っていれば訂正していくという勉強法です。

知らなかった単語や文法の勉強にも、文と文の関係を知る勉強にもなるので、英語の総合力が身に付きます。

第5問のグラフ読み取り問題は、過去問を用いて何度か練習し、解答で述べられている要素を自分でも考えることができたか、確認するという勉強法がおすすめです。

2,3個の要素を本番では述べられると良いですが、練習ではわかることすべてを英語に訳し、力をつけましょう。

まずは、日本語で意見を述べることができるように、日頃から多面的に物事を見ておくと良いです。

何よりも重要なのは、間違えず、事実を正しく述べることです。

大和@受験講師

現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で
誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法
を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。

開発した「英語長文専用勉強法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。

人気記事一覧

人気記事一覧

⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら



無料で、英語 長文が読める勉強法を公開中


無料メールマガジン:英語 長文専用勉強法

たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める勉強法



単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値77.7、全国4位まで登りつめました。
その具体的な勉強法を、100名限定・無料でお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。













-大学別英語の対策と勉強法
-, ,

人気記事一覧