超効率大学受験独学勉強法まとめブログ

全落ち?伸びない?失敗?大学受験浪人のデメリットは??


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

10秒で読めます。

浪人するべきか現役進学するべきか!浪人のデメリットは??

 

Q.行きたい大学に落ちてしまったのですが、浪人するべきか、現役で滑り止め大学に進学するべきか迷っています。

 

A.進学先の大学を、一生胸を張って誇れるのであれば、進学もありです。

しかし、少しでも後ろめたさや後悔があるのであれば、絶対に浪人したほうが良いです。

 

浪人するデメリットは

 

・受験料や予備校費がかさむ

・社会に出るのが1年遅れる

 

という2つがメインになります。

しかし、予備校に通わず、受験料はバイトで払うということもできます。

また、社会に出るのが1年遅れるというのは、準備期間が1年増えると考えれば、プラスになることも少なくありません。

なにより、学歴は一生自分について回るものですから、そこに少しでも後ろめたさがあると、一生後悔することになります。

 

私は現役時代に名のある大学はすべて落ちてしまいましたが、浪人して、最強の勉強法に出会ったことで早稲田大学に合格することが出来ました。

「頭の悪い人」から「頭の良い人」へと人生が変わった瞬間でした。

1年浪人したからと言って、志望校に合格できるとは限りません。

しかし、全力でやり切った結果ですから、後悔することは少なく、学歴の事が頭に付きまとうこともなくなるはずです。

長い人生を考えれば、1年の勉強期間なんて小さなものですから、今後の人生を考えて、私は浪人を選択するべきだと思います。

大和@受験講師
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で
誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法
を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。

開発した「英語長文専用勉強法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。

⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら



無料で、英語 長文が読める勉強法を公開中


無料メールマガジン:英語 長文専用勉強法

たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める勉強法



単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値77.7、全国4位まで登りつめました。
その具体的な勉強法を、100名限定・無料でお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。













-大学受験Q&A

合わせて読みたい記事!



⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら