超効率大学受験独学勉強法まとめブログ

【大学受験】化学の勉強法!参考書と問題集を使った最強の独学法!


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

326秒で読めます。

大学受験化学を得意科目にする独学勉強法!

 

化学は計算と暗記とパズルの融合!

各分野の特徴を知り、適した勉強法が必要

 

大学受験化学の全体像

 

化学は大きく分けて「理論化学」「無機化学」「有機化学」の3分野に分けられます。

 

>>あなたは天才?凡人?「勉強センス診断」はこちら

 

理論化学の勉強法

 

「理論化学」は、原子・分子の構造や化学反応式の理解が求められます。

原子・分子の構造については、特徴を理解し、語彙や法則を暗記する必要があります。

 

一方、化学反応は、基礎的な反応式を覚え、計算問題へ繋げることが大切です。

反応式が分からなければ、その後の計算問題は解けません。

まずは、基礎的な知識の理解、化学反応を覚えることから始まり、その後、計算問題が解けるようになることが肝心です。

 

無機化学の勉強法

 

「無機化学」は、基本的に暗記問題が出題されます。

無機化学については、本質的な理解は求められません。

とにかく様々な化学反応を覚えておくことが大切です。

また、工業的な生産方法や生成物の用途などを問われる問題もあるため、簡単に代表的な化学反応の名称や用途も覚えておくようにしましょう。

 

有機化学の勉強法

 

「有機化学」は、代表的な化合物の構造や名称、化学反応の暗記が最低条件です。

また、中堅レベル以上の2次・私大で求められる有機化合物の同定問題は、化学物質の官能基の性質や種々の化学反応を理解し、問題を解き慣れておく必要があります。

パズル感覚で解けるようになるためにも、演習を積んでおく必要があります。

 

センターレベルを目指すための勉強法・ポイントとオススメの参考書

 

センター試験の特徴は、各分野に偏らないバランスの取れた出題になる点です。

2次・私大で化学を利用する場合は、そのままセンター試験の過去問を演習する形で問題ありません。

 

センター試験のみの場合は、無機化学が最も取っ付きやすいので、

無機化学→有機化学→理論化学

の順で勉強することをオススメします。

先ずは確実に点数が取れる柱を作っておくことが重要です。

 

「化学基礎問題精講(旺文社)」 を使って化学の土台を作ってから、「センター試験過去問レビュー化学(河合出版)」でガンガン演習していきましょう!

 

MARCHレベルを目指す勉強法・ポイントとオススメの参考書

 

センター試験以外でも化学を使う場合は、

理論化学→有機化学→無機化学

の順で演習を進めましょう。

理論化学が最も深い理解が要求されるため、合否に大きく影響してきます。

逆に、無機化学は秋~冬の間に一気に暗記し、受験に備えておきましょう。

 

理論化学や有機化学は演習量が物を言います。

受験するレベルに匹敵する問題集を解き、物理の典型問題の解き方が常に引き出せるようにしておくことが大切です。

1題に対して最低3回は解きなおし、回答プロセスを頭に叩き込んでおくと、試験で解答が引き出しやすくスラスラと解けていくはずです。

典型問題の演習で問題が解けなくなれば、解答・解説を読み、自分の頭の中で理解を深め、再度問題を解き直し、正解にたどり着きましょう。

解答にたどり着かなければ、何度も解答・解説を読み、白紙の答案用紙から解き直すようにします。

 

一方、無機化学は、暗記が多い分野です。

一気に暗記し、暗記した内容を演習問題で確実な知識としておきましょう。

無機化学については、問題集を2度解いておけば良いでしょう。

 

「セミナー化学」で、実践的な演習力を身に付け、その後で「化学重要問題集」で、応用力を身に付けます。

最終的に「化学標準問題集」を初見でスラスラ解けるようになれれば完璧です!

 

早慶・難関国公立を目指す勉強法・ポイントとオススメの参考書

 

化学の場合、難関大学でも決まった典型問題が出題される傾向にあります。

「化学標準問題精講(旺文社)」で穴のないように演習を積んでおくことが理想的です。

特に理論化学では、酸化還元反応や電気化学周辺は、最近の科学技術と絡めた出題もあるため、多くの半反応式を把握しておきたい所です。

 

また、無機化学でも知識で差がつきやすいため、私大の入試問題では、あまり見かけない問題も出題されます。

教科書や問題集のまとめにあるワードまでしっかりと記憶しておきましょう。

 

上級者の場合、理科2科目の受験が必須となります。

理科2科目で苦手分野を設けないことが、合格の最低条件です。

理科2科目の幅広い学習が必要です。

 

大学受験化学の独学勉強法まとめ

 

化学は、化合物と化学反応式の知識があって、初めて計算問題や複合問題、応用問題へと進んでいく科目です。

計算に重点をおくだけでなく、しっかりと化学反応式を覚えておくことが大切です。

反応式が思い出せないことで、大問1題をすべて落としてしまう可能性もあります。

基礎を固め、応用的な計算問題を進めるように心がけましょう。

大和@受験講師
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で
誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法
を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。

開発した「英語長文専用勉強法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。

⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら



無料で、英語 長文が読める勉強法を公開中


無料メールマガジン:英語 長文専用勉強法

たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める勉強法



単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値77.7、全国4位まで登りつめました。
その具体的な勉強法を、100名限定・無料でお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。













-大学受験 化学の対策と勉強法

合わせて読みたい記事!



⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら