超効率大学受験独学勉強法まとめブログ

【早稲田慶應大学受験浪人】宅浪VS予備校!あなたの勉強法はどっち向き!?


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

31秒で読めます。

宅浪か予備校浪人かどちらがあなたに向いている?

 

宅浪にするか予備校浪人にするか・・・

浪人が決まった時は非常に悩みます。

 

一人で勉強できるか不安・・・

結果として、予備校で浪人する受験生が多いです。

実際、予備校に通っていた受験生のほうが受験に成功しているというデータも出ています。

しかし、必ずしも予備校に通うことが最善策であるとは限りません。

 

私自身、宅浪で偏差値40から爆発的に上昇させて早稲田大学に合格しましたし、宅浪のほうが成績が上がる受験生もいます。

自分に正しい選択をしなければ、志望校に合格出来る確率は大きく下がってしまいます。

浪人しても結果として現役時から成績が上がらないと言ったケースも珍しくありません。

そうならないためにも、この記事を読んで、自分が宅浪タイプか予備校浪人タイプかをハッキリさせてください。

 

一人でいることが好きだ

 

□Yes

□No

 

宅浪を選択した場合、1年間ほとんどの時間を1人で過ごすことになります。

1人でいることが好きでない人にとっては、とてつもない苦痛になるでしょう。

しかし、予備校では人間関係での悩みも多く出てきます。

1人が好きな人にとっては、そういった悩みと一切無縁になることができるため、宅浪は勉強だけに集中できる最高の環境と言うことができます。

 

朝が苦手である

 

□Yes

□No

 

宅浪は自分との勝負になります。

現役の時は学校があるのである程度は正しい生活リズムを保つことが出来ます。

しかし、宅浪の時は、朝起きる時間も夜寝る時間も誰にも管理してもらえません。

なので、一瞬で生活リズムが崩れてしまいます。

1年間正しい生活リズムを保てなければ、スケジュール通りに勉強が進まなかったり、眠くて勉強に集中できなかったりと、受験に失敗する大きな要因の1つになってしまいます。

朝が苦手だと、やはり1年間生活リズムを保つのが非常に難しいです。

相当な意気込みがない限り、宅浪は危険です。

なので、自信がない人は、予備校に通い、強制的に正しい生活リズムを保つという選択肢をお勧めします。

 

1人で出来る大好きな趣味がある

 

□Yes

□No

 

あなたは、1人で出来る何よりも好きな趣味を持っていますか?

アニメ・映画鑑賞

マンガ

ゲーム

読書

こういった何よりも好きな1人で出来る趣味がある人は強いです。

なぜなら、こういった趣味をモチベーションに勉強に打ち込むことが出来るからです。

また、勉強でのストレスを忘れることも出来ます。

逆に言うと、こういった趣味がない人は、人とコミュニケーションをとらないと、ストレスを解消することが出来ません。

なので、予備校に通って友達を作って1年間過ごす方が良い結果が出やすいでしょう。

 

勉強が好きだ

 

□Yes

□No

 

勉強が好きだと言う受験生は意外と少なくありません。

今まで部活ばかりしていて、初めて勉強に打ち込んでみたら意外と楽しかった!

十分に知識を吸収し切れずに受験を迎えてしまったから、今年1年は思う存分勉強して自分の実力を試したい!

こういったモチベーションがあるなら、宅浪でも1年間しっかりと勉強に打ち込めると思います。

 

しかし、ただ闇雲に間違った勉強に打ち込んでしまうと言う危険性もあります。

せっかく1年間必死で勉強したのに、結局志望校に落ちてしまうという最悪の結果になりかねません。

高いモチベーション正しい勉強法を実践することが出来れば、必ず結果はついてきます。

 

ただ、この「正しい勉強法」はまだ受験生にはわかりません。

なぜなら、受験を終えていないからです。

受験を終えて、成功して初めてそれが「正しい勉強法」だったとわかるわけです。

なので、受験に成功した先輩に正しい勉強法を教わり、それを実践するようにしてください。

その際に注意しなければいけないのは、元々頭の良かった先輩ではなく、元々出来なかった先輩に聞くことです。

元々頭の良かった先輩は、その人にしか出来ない勉強法を実践していた可能性が高いですからね。

もしそういった先輩が周りにいないのであれば、偏差値40から早稲田大学に合格した私が無料でお教えしているので、ぜひご活用ください。

受験を終えてからも毎日試行錯誤して、誰にでも伝わる形に改良し続けているので、きっとお役に立てると思います。

現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で
誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法
を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。

開発した「英語長文専用勉強法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。

⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら



無料で、英語 長文が読める勉強法を公開中


無料メールマガジン:英語 長文専用勉強法

たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める勉強法



単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値77.7、全国4位まで登りつめました。
その具体的な勉強法を、100名限定・無料でお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。













-大学受験全般のアドバイス

合わせて読みたい記事!



⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら