【総合政策学部国語】中央大学総合政策学部国語の難易度と傾向と対策&勉強法


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら


⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら


この記事は239秒で読めます。

中央大学総合政策学部国語で8割を取る対策と勉強法

 

中央総合政策学部国語

中央大学総合政策学部国語の傾向

 

2016年までは、大問3題すべて現代文のみの出題で、いずれも評論文でした。

しかし、2017年には古文が出題され、現代文2題、古文1題の出題となっています。

試験時間は90分です。

試験時間に対して文章量は多く、時間内に解き終えるためには、スピーディーに解き進めることが必要です。

問題は選択式が大半となっています。

標準レベルですが、癖があるため、過去演習により問題に慣れておくことが強く求められます。

 

中央大学総合政策学部国語の各設問の出題傾向

 

現代文の傾向

 

出題されている文章のテーマ、内容はそれほど難解でなく、内容の理解に苦しむことは少ないでしょう。

設問で聞かれている内容も、標準レベルです。

ただし、選択肢に多少癖があります。

本文に書かれていることと、選択肢に書かれていることのすりあわせに注意が必要です。

本文の表現と、選択肢中の表現との距離感をつかんでおくことが求められます。

解答の方向性はつかめているのに、選択肢との照合の段階で判断を誤ることで失点を重ねないよう、過去問で慣れておくことが必要です。

 

現代文の傾向と対策&勉強法

 

基礎力の構築と語彙力の強化がカギ

まずは、入試で標準レベルの現代文の学力をつけることを目指しましょう。

問題演習の量も大事ですが、現代文においてはの方が大切です。

問題の中で学んだ、基本となる考え方、問題の解き方、頭の動かし方を繰り返し反復するなりして、自然に実践できるようにしておきましょう。

語彙力の強化も欠かしてはなりません。

後ほど過去問演習が本格化し、本文と選択肢を照らし合わせる作業が繰り返し求められてくる中で、言葉の意味やニュアンスを正しく理解できていないと、選択肢の取捨選択で非常に苦労します。

なぜなら、選択肢中の言葉は本文の言い換えであり、ちょっとしたニュアンスの差や、意味の違うことが書かれていることを見抜けるかどうかによって、正解が選べるかに大きく関わっていくためです。

本文、ないしは傍線部の言葉の意味が理解できなければ、そもそも問題を解くこともできません。

基礎力の構築、維持を怠ってはなりません。

 

過去問演習の質を上げる

過去問演習においては、設問に取り組む際、本文から根拠を拾い、選択肢をチェックすることとなります。

その際に、本文中の根拠から、自信を持って選択肢を選べないことも多いかもしれません。

選択肢の表現が本文中の言葉と多少言い換えてあったり、入れたいと思う要素がすべて入っている選択肢がないなどの場合が出てくるでしょう。

中央大学総合政策学部の現代文の場合、本文中に書かれている根拠がストレートに選択肢の表現に反映されていない場合も多いです。

したがって、拾った根拠をもとに、いかに選択肢とすり合わせ、要素の取捨選択を行うかという訓練がものを言います。

むしろ、本文中に書いてある言葉が、選択肢中に含まれているからといって選ぶと、誤答であることもあるので注意が必要です。

また、傍線部をスラッシュで区切り、逐語的に要素を説明されている選択肢を探すような解法では、正解を選ぶことが難しくなります。

十分な慣れが必要です。

 

 古文の傾向と対策&勉強法

 

古文では、下線部の解釈や説明として妥当な選択肢を選ぶ形式の問題が目立ちます。

本文の内容理解ができているかが、あからさまに問われていると言えます。

古文の出題の有無について、今後どうなるか何とも言えませんが、対策はしておいた方が無難です。

2017年には、文法の知識をあからさまに問う問題が出題されています。

確実に得点したいところです。

文学史の知識をあからさまに問われる問題は出題されていませんが、古文を読む上で背景知識があるとスムーズに読み進められるので、入試頻出レベルの古文常識については、問題集を一冊仕上げるなりして、古文を読む際に知識として活用できるようにしておきましょう。

⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら


⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら




無料で、英語 長文が読める勉強法を公開中


無料メールマガジン:英語 長文専用勉強法

たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める勉強法



単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値77.7、全国4位まで登りつめました。
その具体的な勉強法を、100名限定・無料でお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。













大和@受験講師

投稿者の記事一覧

現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で
誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法
を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。

開発した「英語長文専用勉強法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。

関連記事

  1. 早稲田大学文化構想学部の国語の傾向と難易度と対策&勉強法【文化構…
  2. 【明大商国語】明治大学商学部の国語の難易度と傾向と対策&勉強法
  3. 【京大法学部国語】京都大学法学部の国語の傾向と対策&勉強法
  4. 【明大経営国語】明治大学経営学部の国語の傾向と対策&過去問の勉強…
  5. 明治大学政治経済学部の国語の難易度と傾向と対策&勉強法…
  6. 【明大国語】明治大学情報コミュニケーション学部の国語の傾向と対策…
  7. 【教育学部国語】早稲田大学教育学部の国語の傾向と対策&勉強法
  8. 【人間科学部国語】大阪大学人間科学部の国語のレベルと対策法

勉強法メニュー

勉強法メニュー

勉強法メニュー

勉強法メニュー

勉強法メニュー

勉強法メニュー

勉強法メニュー

ピックアップ記事

ピックアップ記事

ピックアップ記事

ピックアップ記事

ピックアップ記事




各大学で8割を超える対策法!

志望校の過去問を徹底分析した最強の対策法を伝授!これで8割越えは間違いなし!狙え特待生!

各教科で偏差値70を超える勉強法!

文系科目も理系科目も、全ての教科で偏差値70超えを目指す!勉強法から参考書の使い方まで!

不安スッキリ!大学受験Q&A!

受験に対する悩みや不安をスッキリ解決!これで受験勉強に集中できる!