超効率大学受験独学勉強法まとめブログ

【過去問研究】上智大学理工学部の物理の傾向と対策用参考書と勉強法!


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

30秒で読めます。

上智大学理工学部の物理で合格点を取る対策法!

 

上智大学理工学部

 

上智大学理工学部の物理の出題傾向

 

試験時間は90分で配点は150点となっています。

全問穴埋め形式です。

2014年まではA方式、B方式と二種類の試験がありましたが、2015年から入試制度が変わり、試験は一種類になりました。

 

過去3年の大問毎の出題は以下のようになっています。

2015

Ⅰ 力学 Ⅱ電磁気 Ⅲ 熱力学

2014 A方式

Ⅰ 力学 Ⅱ 電磁気

2014 B方式

Ⅰ 力学Ⅱ 電磁気 Ⅲ 波動

2013 A方式

Ⅰ 力学 Ⅱ 電磁気

2013 B方式

Ⅰ 力学 Ⅱ 電磁気 Ⅲ 熱力学 Ⅳ 波動

毎年A.B方式に関わらず必ず力学と電磁気からの出題があり、B方式では加えて熱力学と波動からの出題、という傾向にあります。

2015年入試問題はB方式の試験を踏襲しています。

そのため、2016年以降では力学と電磁気だけではなく全分野での勉強が必要になってくるでしょう。

 

問題は標準的なものからやや発展的なものまで出題されます。

図やグラフを使った出題がなされることが多く、図やグラフが物理的にどういうことを意味しているのか読み取る能力が試されます。

 

また大問毎の小問が多く、文章中の穴埋め形式となっている為、少しのミスが大量失点に繋がる恐れがあります。

丁寧な計算力が試されます。

時間的に多少の余裕がある試験となっているので、標準的な問は確実に正解し、やや発展的なものに粘り強く思考し続けることが大切です。

 

上智大学理工学部物理の対策法

 

上記傾向にある上智大物理を、以下のように勉強を進めて対策していきましょう。

 

標準的な問題を確実に

 

上智大物理は入試頻出問題からの出題も多く、基礎をしっかりと固めることによって安定した得点が可能になります。

また上記のように文章穴埋め形式ゆえに、苦手部分があることでそれ以降の解答も困難になります。

その為まずセミナー物理やリードαなどの基礎的な問題集を満遍なく解き、かつ間違えてしまった問題を特に意識して復習しましょう。

計算部分で間違えてしまったのか、公式暗記が不十分だったからか、物理的状況把握が出来ていなかったのか、間違えてしまった原因を考えながら復習することで効果は上がります。

 

日頃から図やグラフを書く癖をつける

 

上記のように、上智大物理では図やグラフによって問われている状況や状態を説明されることが多く、これらを正しく読み取ることによって正解に近づくことが出来ます。

グラフや図の読解力は一朝一夕で身につくものではありません。

基礎問題演習段階から、現状を図やグラフにして説明してみる癖をつけてみましょう。

この物体は時間変化で位置や速度をどのように変化させているのか、この光の経路はどうなっているのか、物理の問題を解く上で「実際どうなっているのか」を想像することは非常に大切です。

 

応用力をつけよう

 

基礎力がついてきたら重要問題集などの応用問題集を使って入試問題形式に慣れていきましょう。

問題のレベルは上がりますが、やることは基礎問題集で行ったことと変わりません。

解答時は図やグラフを使って状況を把握することを意識し、間違えた問題は復習し、誤答の原因を分析していきましょう。

 

徹底した過去問演習で得点率UP!!

 

着実に力をつけてきたら過去問演習にも手をつけていきましょう。

文章穴埋め形式の性質上、文章自体が問題のヒントとなっていることが多いです。

直前・直後の文章から状況と答えを把握出来ることもあります、過去問を解き、上智物理の問題形式に慣れていきましょう。

また、何点取れたからこの年では合格・不合格だということではなく、やはり自分がどこで間違え、何故間違えてしまったのかを考えていきましょう。

 

同時に他大学の過去問演習も進めてみましょう。

東京理科大の理学部、工学部などは形式が似ており、腕試しにも使えます。

少しレベルは上がりますが、東京理科大の理工学部、北大の問題にも余裕があれば挑戦しておきたいです。

 

再三になりますが、上智物理は入試頻出問題が多く、基礎をしっかりつけると安定して得点出来ます。

キチンと復習をし、何故間違えてしまったのかを毎回考えて問題演習を行っていきましょう。

 

【1ヶ月】で上智はもちろん、早稲田の英語長文がスラスラ読めるようになる勉強法はコチラ

現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で
誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法
を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。

開発した「英語長文専用勉強法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。

⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら



無料で、英語 長文が読める勉強法を公開中


無料メールマガジン:英語 長文専用勉強法

たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める勉強法



単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値77.7、全国4位まで登りつめました。
その具体的な勉強法を、100名限定・無料でお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。













-大学別物理の対策と勉強法

合わせて読みたい記事!



⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら