センター試験の英語が解き終わらない!対策と時間配分は?


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら


⇒【天才?凡人?】3分勉強センス診断はこちら


この記事は126秒で読めます。

センター試験の英語が解き終わらないケースの対策と時間配分

 

Q.センター試験の英語が解き終わりません。どうすれば良いですか?

 

センター試験は80分で大問が6つあり、時間がシビアです。

そんなセンター試験英語を少しでも時間短縮するための方法を3つお伝えします。

 

1つ目・・・解く順番を工夫すること

 

制限時間が80分で大問が6つと決まっているわけですから、時間配分を考えます。

大問1・・・5分

大問2・・・10分

大問3・・・17分

大問4・・・13分

大問5・・・10分

大問6・・・20分

調整・・・5分

という風な時間配分が一般的です。

この時間配分通りに解き終えるためには、時間のかからない大問から終わらせてしまうのが得策です。

時間のかからない問題は、想定との誤差が小さいので、計画通りに進めやすくなります。

いきなり大問6から解いて時間配分通りに終わらないと、全ての大問に影響が出てしまいますからね。

 

大問1→大問2→大問5→大問4→大問3→大問6

の順番で解いていくことをオススメします。

 

2つ目・・・何度も過去問を解くこと

 

当然ですが、同じ形式の問題を何度も解くことで、問題形式に慣れていきます。

そして、間違えた問題の解説をしっかりと読むことで、「回答パターン」を理解します。

この形式の問題はこうやって解くんだというのを自分の中に染み込ませます。

そうすれば、時間短縮はもちろん、正答率も上がっていきます。

 

3つ目・・・英語力を上げること

 

ここが一番重要なポイントです。

難関大学に合格するような受験生は、センター試験の問題なんて、1回も解かなくても本番で満点近い点数を取ることができます。

つまり、英語力を上げることが一番の近道なのです。

 

私が1カ月で偏差値30台から全国4位まで上りつめた勉強法

 

こちらを参考に、あなたも1カ月で一気に英語力を上げてください。

そうすれば、センター試験の問題は非常に簡単に感じるようになるでしょう。

⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら


⇒【天才?凡人?】3分勉強センス診断はこちら


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら


大和@受験講師

投稿者の記事一覧

現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で
誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法
を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。

開発した「英語長文専用勉強法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。

関連記事

  1. 【過去問の傾向を研究】センター試験物理の勉強法と対策のコツ!
  2. 【センター試験対策!】大学受験リスニングの難易度と参考書勉強法
  3. 大学受験勉強のモチベーションを維持&上げる方法!12月に下がる?…
  4. 大学受験用の英単語帳の選び方!【早稲田慶應MARCHセンター国公…
  5. 【大学受験】勉強のやる気が出ない日はどうすればいい?
  6. マドンナ古文単語や古文単語ゴロ565で早稲田やMARCHは足りる…
  7. 難しいセンター試験地学を独学で1ヶ月で9割取る対策&勉…
  8. 【センター試験対策】大学受験の小説の解き方と読み方のコツ&勉強法…

勉強法メニュー

勉強法メニュー

勉強法メニュー

勉強法メニュー

勉強法メニュー

勉強法メニュー

勉強法メニュー

ピックアップ記事

ピックアップ記事

ピックアップ記事

ピックアップ記事

ピックアップ記事




各大学で8割を超える対策法!

志望校の過去問を徹底分析した最強の対策法を伝授!これで8割越えは間違いなし!狙え特待生!

各教科で偏差値70を超える勉強法!

文系科目も理系科目も、全ての教科で偏差値70超えを目指す!勉強法から参考書の使い方まで!

不安スッキリ!大学受験Q&A!

受験に対する悩みや不安をスッキリ解決!これで受験勉強に集中できる!