超効率大学受験独学勉強法まとめブログ

Z会実力をつける日本史100題の使い方と勉強法!【センター~早稲田慶應レベル】


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

229秒で読めます。

実力をつける日本史100題の使い方&勉強法

 

実力をつける日本史100題

実力をつける日本史100題の特徴

 

この問題集の特徴は何よりも「解説が丁寧で親切」ということです。

良い問題集の特徴というのは、問題が薄く、解説がぶ厚いものですが、まさにこの問題集はその典型例。

解説は歴史の流れを端的に文でまとめてあるだけでなく、図や表を使って見やすくまとめられており、圧倒的な量を誇る受験日本史の知識を、体系的に効率良く身につけることができます。

受験本番までに何度も何度もも読み直す価値のある解説書です。
また、最近の受験日本史に頻出のテーマ史を20題抜粋してあり、同じテーマが入試問題に出題された場合はこの問題集を解いている受験生とそうでない受験生で大きな差をつけることができます。

さらには対策の難しい記述問題も5題掲載されてあり、記述問題を解くにはどすればいいか、その糸口を見出すことのできる問題集です。

 

実力をつける日本史100題のレベル

 

対象となる受験生のレベル

 

基本的に授業の復習用の副教材として使用している高校もあるぐらいなので、日本史を勉強して間もない受験生でも使えるぐらい、非常に丁寧で親切な問題集です。

しかし、日本史の総合問題集ですので、インプットがしっかりとできていることが前提となります。

「石川日本史B講義の実況中継」と「東進日本史一問一答」でインプットを完璧にしてから実力をつける日本史100題に取り掛かりましょう。

石川日本史B講義の実況中継の使い方はこちら

東進日本史一問一答の使い方はこちら

 

到達レベル

 

この問題集に出てくる問題を一つも落とさないレベルまでやりこめば、間違いなく歴史が得意教科であると胸を張って言えるでしょう。

難関国公立・早稲田慶應レベルであっても戦える実力がついています。
 

>>【たった1カ月で】難関国公立・早慶の英語長文がスラスラ読めるテクニックはこちら

 

実力をつける日本史100題の最強の使い方と勉強法

 

まず、力をつけたい分野( 古代、中世 )などの知識を一度、石川日本史などの、講義系の参考書を使って頭に入れておきます。

そしてすぐに、その分野に当てはまる問題を解いて、答え合わせをします。

インプットした知識をすぐにアウトプットすることで、知識を定着させます。

その後解説をじっくり読みこんでください。

解説が非常に丁寧で、しかも流れをおさえられるように書かれています。

 

間違えた問題には必ずチェックをいれておきます。

日にちをあけて、また同様に1つの分野について講義系の参考書で通読し、問題を解く、ということを繰り返し、最終的にチェックがなくなるまで演習を行います。

さらに、問題や解説の中にある知らない語句を、教科書や資料集、史料集、山川用語集を使って徹底的に調べあげていきます。

ここまで徹底してこの1冊を完璧にすれば、絶大な力が身につきます。

 

実力をつける日本史100題が終わったら

 

この問題集を全てやり終えれば、基本的な日本史の問題にはほぼ対応できているようになります。

なので、実際に志望校の過去問を解いてみるとよいでしょう。

そして、過去問の中で出てきた初登場の知識を1つずつインプットしていきます。

東京大学を筆頭に記述が求められる問題が出題されるならば記述型の問題集(『段階式 日本史論述のトレーニング Z会』など )に取り組みましょう。

文化史が出題されているならば文化史に的を絞った問題集 ( 『攻略日本史 テーマ・文化史 整理と入試実戦』Z会』など) を解いておくと周りの受験生と差をつける事が出来ます。

もし過去問で十分合格点が取れているならば、これ以上日本史に力を入れるのではなく、他教科に力を入れるとよいでしょう。

現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で
誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法
を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。

開発した「英語長文専用勉強法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。

⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら



無料で、英語 長文が読める勉強法を公開中


無料メールマガジン:英語 長文専用勉強法

たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める勉強法



単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値77.7、全国4位まで登りつめました。
その具体的な勉強法を、100名限定・無料でお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。













-大学受験 日本史の対策と勉強法

合わせて読みたい記事!



⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら