【センター&早稲田慶應レベル】生物基礎問題精講の使い方と勉強法!

この記事は14秒で読めます。

生物基礎問題精講で”応用力をつける”勉強法!

 

 

生物基礎問題精講は、大学受験用の生物の参考書の中でも非常に有名な参考書です。

この記事では

生物基礎問題精講の特徴

・生物基礎問題精講の最強の使い方

の2点を中心にお伝えしてきます。

 

 生物基礎問題精講はこんな参考書!

 

この参考書は「基礎」という名前ですが、難易度が低いかといえばそうではありません。

入試において超頻出かつ最も重要な部分を網羅している参考書です。

知識だけでなく、解答テクニックも身に付けられるようになっています。

 

レベルとしては

必修問題・・・センター試験レベル

実戦・演習問題・・・中堅国公立・MARCH~早慶入門レベル

となっています。

自分の志望校のレベルに合わせて効率よく勉強してください。

 

生物基礎問題精講の最強の使い方!

 

この参考書は「基礎問」と「実戦・演習問題」に分かれています。

なので、まずは基礎問を解いて精講を頭に叩き込むことで、生物の基礎をインプットしてください。

その際に、青字の語句は必ず覚えるようにしてください。

一問一答形式で丸暗記するのではなく、その語句を様々な角度から出来る限り詳しく説明できるように心がけてください。

その後で実戦・演習問題を解き、入試本番で得点できる「回答力」を身に付けてください。

実戦・演習問題は難しいので、初見で解けなくても気にしすぎないでください。

何度も解説をしっかりと読み、少しずつ回答力を上げていってください。

【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら


【天才?凡才?】勉強センス診断はこちら


【1カ月で習得】難関大学の英語長文がスラスラ読める読解法はこちら


大和@受験講師

投稿者の記事一覧

現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で「誰でも早慶の長文がスラスラ読める読解法」を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。

関連記事

  1. 旺文社生物標準問題精講の使い方と勉強法【センター~早稲田慶應レベ…
  2. 【新課程】セミナー生物基礎+生物の使い方と勉強法【センター~早稲…
  3. 大堀に聞け!理系生物達人への道の評判と偏差値が上がる使い方と勉強…
  4. みんなのセンター教科書・生物基礎の評判と使い方&勉強法
  5. 【センター~早稲田レベル】評判の良い生物重要問題集の使い方と勉強…
  6. 【センターレベル】田部の生物基礎をはじめからていねいにの評価と使…
  7. 大学受験生物オススメの独学勉強方法!問題集&参考書で偏…
  8. 大森徹の最強講義117講の評価と使い方&勉強法【センター9割レベ…

勉強法メニュー

勉強法メニュー

勉強法メニュー

勉強法メニュー

勉強法メニュー

勉強法メニュー

勉強法メニュー

ピックアップ記事

ピックアップ記事

ピックアップ記事

ピックアップ記事

ピックアップ記事




各大学で8割を超える対策法!

志望校の過去問を徹底分析した最強の対策法を伝授!これで8割越えは間違いなし!狙え特待生!

各教科で偏差値70を超える勉強法!

文系科目も理系科目も、全ての教科で偏差値70超えを目指す!勉強法から参考書の使い方まで!

不安スッキリ!大学受験Q&A!

受験に対する悩みや不安をスッキリ解決!これで受験勉強に集中できる!