超効率大学受験独学勉強法まとめブログ

お茶の水女子大学理学部英語の難易度と過去問の傾向と対策&勉強法【理学部英語】


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

39秒で読めます。

お茶の水女子大学理学部の英語のハイレベルな対策&勉強法

 

お茶の水女子大英語

お茶の水女子大学理学部の問題構成と難易度

 

本学の英語試験問題は例年、大問4題からなり、うち長文読解が3題、英作文1題という構成です。

高校の教科書のリーディングよりもやや難易度が高めです。

読解問題に、部分和訳、内容・事項質問、空所補充、整序英作文、指示語の説明、文脈把握などの小問が含まれます。

小問の数は2題~5題ほど。

記述式の問題が大多数を占め、和訳問題ではボリュームは3~4行ほどの英文和訳で、それほど難解な単語がいないとはいえ、よく文章を把握しないと適切な和訳が難しい部分もあります。

読解力、日本語表現の鍛錬は必須と言えるでしょう。

大問4の英作文は、日本語の文章を読み、その趣旨を英語で表現したり、内容に対する質問に英文で答える問題などで、比較的難易度は高いです。

『大学入試 最難関大への英作文/桐原書店』などの英作文問題集を複数回こなして、対応力を高めておく必要があります。

 

お茶の水女子大学理学部英語の傾向

 

読解問題の英文の内容は、コミュニケーション、教育、科学、歴史、生活、時事などに関する評論文など、広い範囲から出題されます。

過去問題を解き傾向を掴みながら、日々コツコツと様々な英文に触れ、理解力と語彙力を高める必要があります。

出題の英文量は圧倒されるほどではなく、精読>速読という傾向ですが、もちろんバランスよく力を養っておきましょう。

 

お茶の水女子大学理学部英語の傾向と対策&勉強法

 

語彙力の対策&勉強法

 

語彙力は2500~を目安にします。

本学の長文読解は、それほど難解な表現や単語が多く含まれていないとはいえ、適切な日本語訳に戸惑う、抽象的な表現箇所が見受けられることが特徴ですので、文脈と論文の趣旨をよく理解し、適宜推察・意訳する力が問われる問題となっています。

 

『速読英単語 必修編』に繰り返し取り組み、基本を押さえながら、文脈の中から未知の英単語の推測ができるレベルにまでなっておく必要があります。

『速読英単語 上級編』までカバーしていれば、精読がかなりスムーズになりますので、できる限り取り組むとよいでしょう。

とはいえ、英単語帳をそのまま丸暗記しても、文脈に適切な表現に置き換えるには一朝一夕では立ち回れません。

教科書の長文から始め、英語長文問題精講、他大学の過去問などで数多くの英文読解に取り組み、文脈の中から適切な和訳を導き出す学習を同時並行で進めるとよいでしょう。

分からない表現にあたったら、適宜英単語帳やイディオム集を引く習慣をつけてください。

調べたものを都度ノートに書き出しまとめておくなどして、オリジナルのノートを作成しておくと、反復学習の際に非常に役立ちます。

 

構文、イディオム、文法、語法の対策と勉強法

 

構文、イディオム、文法、語法問題は『英語頻出問題総演習』などに繰り返し取り組み、十分な力を養っておいてください。

また、指示語の該当箇所を説明するなどの問題も例年出題されていますので、指示語がどの箇所を指しているのかを常に念頭に置きながら読解を進める癖をつけると非常に効果的です。

これにより精読力が高まり、学習の効率も上がります。

 

英作文の対策と勉強法

 

英作文の出題傾向については、和文を読み、その内容について英文で説明したり、内容についての問いに英文で答えたりなどの問題が例年出題されています。

難しい表現を多用する必要は無く、とにかく基礎に忠実な正しい英文を要求されていると言えるでしょう。

そのため、良問一冊にじっくり取り組み力をつけ、英文表現のストックを着実に増やしておくことが重要です。

私立、国立問わず過去問題にもできるだけチャレンジしてみてください。

大学ごとに傾向は異なるものの、入試問題は良質な問題が多く、様々な表現方法を学ぶことができるので、積極的に取り組みましょう。

難解な表現を多数使用するよりも、基本的な文法、構文、単語などをいかに適切に用いることができるかが合格に向けてのカギと言えます。

前述の『速読英単語』や『英語頻出問題総演習』などで基本的な知識を抑えた上で、英作文問題集を完成させれば、十分対応できる力が付きます。

 

お茶の水女子大学理学部英語の傾向と対策&勉強法まとめ

 

本学の英語試験は全学部で共通の英語問題になりますが、生活科学科、理学部、文教育学部があるからなのか、学部に入ってから役に立つようなサイエンス分野や食品関係、言語に関する論文が出題されることも多いです。

ですので、長文読解の力、英作文力の基礎固めをしつつ、過去問をこなし、余裕があれば論文集やコラムなどの読解にもチャレンジしてみるとよいです。

この学習をしておけば、入学後の講義にも試験対策にも役立つ力が培われます。

現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で
誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法
を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。

開発した「英語長文専用勉強法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。

⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら



無料で、英語 長文が読める勉強法を公開中


無料メールマガジン:英語 長文専用勉強法

たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める勉強法



単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値77.7、全国4位まで登りつめました。
その具体的な勉強法を、100名限定・無料でお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。













-大学別英語の対策と勉強法

合わせて読みたい記事!



⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら