大学入学共通テストとは?何をすれば良い?センター試験廃止はいつから?違い/変更点は?


大学入学共通テストとは?センター試験廃止はいつから?

大学入学共通テスト

 

2020年度からセンター試験が廃止され、大学入学共通テストに移行されました。

運営側も大規模な試験の変更に対して準備が間に合わず、試験内容が二転三転している状況。

ここまで発表された内容をきちんと整理して、迷わずに勉強を進めていきましょう!

 

大学入学共通テストとセンター試験の大きな違いは、「より実用的な問題」に変わっていくこと。

センター試験の問題はマーク形式だったため、知識を詰め込む勉強になりがちだと言われてきました。

今のところは記述式の試験の実施は延期されることになりましたが、狙いは変わっていません。

試験のための対策で対処するのではなく、実用的な問題に対応できる受験生が得点できるような形式に変わっていきます。

採点者によるブレが出ることが予想されることや、自己採点ができないことなどの課題は解決されていませんが、徐々に記述式の問題も取り込まれていくでしょう。

大学入学共通テストの公式サイトでプレテストの問題が公開されています。

自分が受ける教科の問題は、必ずチェックしておきましょう。

 

共通テストやTEAP、英検などの英語に関する相談を、LINEでお受けしています。

私が英語の偏差値40から70を超え、早稲田大学に合格した勉強法もお伝えしています。

興味がある方は、下のリンクをご覧ください。

>>1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら!

 

英語の試験の民間試験への移行は延期

 

センター試験ではリスニングとリーディングの試験が、マーク形式で行われていました。

この試験では英語を表現する問題が無いので、英語を発信する力が身につかないという問題があります。

現に日本人は学生時代にかなりの時間を英語の勉強に費やしていますが、英語が話せない人がほとんどだという現状。

そこで実用英語技能検定(英検)、TEAP、TOEFLなどの民間試験にテストが移行されることになっていました。

リーディングとリスニングだけでなく、ライティングやスピーキングの4技能のテストを課すことにより、より実用的な英語力を測定する目的がありました。

しかし今のところは、民間試験への移行は延期されることになりました。

理由は受験料が高いことや、複数回受験できることにより家庭により格差が出てしまうこと、試験会場が無い離島などに住む高校生が受験しにくいことなど。

 

大学入学共通テストでも英語の試験が行われます。

これまでと同様に、リスニングとリーディングのマーク形式の試験です。

リスニングの試験がこれまでの倍の200点満点になっただけでなく、筆記試験が100点となったため、リスニングの重要度が大幅に上がりました。

これまで筆記200点、リスニング50点だった試験が、両方とも100点満点になったわけですから、リスニングの比重が2倍以上になったということです。

この変更からも「受験生の実用的な英語の力を求める」姿勢があることが分かります。

問題の形式はこれまでと大幅に変更される予定なので、大学入学共通テストの公式サイトで問題を確認しておきましょう。

 

またセンター試験の英語の試験とは違い、「知識で解ける問題」(文法や発音など)が一切なくなりました。

全ての問題が、英語の文章を読む問題に変わったのです。

ですから今後は英語の長文を読めるかどうかで、合否が決まるといっても過言ではありません。

制限時間に対する英語の文章量も大幅に増えたので、英文を読むスピードも求められるようになりました。

 

英文を読むルールやスピードを上げるトレーニング方法を知りたい方は、LINE講座をぜひ活用してみてください。

私が12回の受験ですべて失敗してしまったところから、どのようにして英語の偏差値が70を超え、早稲田大学に合格したかをお伝えしています!

また大学入学共通テストで対策が不可欠になった、リスニングの対策法もお教えします!

共通テストやTEAP、英検など英語の勉強法に関するご相談を、LINEでお受けしています。

リスニングに関するご質問や、私が英語の偏差値40から70を超え、早稲田大学に合格した勉強法もお伝えしています。

興味がある方は、下のリンクをご覧ください。

>>1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら!

 

私立大学や国公立大学の試験はどうなるの?

 

私立大学や国公立大学の試験の制度自体は、大きな変更はありません。

ただ私立大学でも、英語の民間試験の受験を義務化する方向に進んでいる大学・学部も増えてきています。

また国公立大学の二次試験では、今まで以上に表現力を求める問題が出題されるようになると言われています。

どこの大学・学部を受験するにしても、記述式の問題への対策は必須になるでしょう。

>>1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら

 

推薦入試と一般入試の差が小さくなる

 

今まで推薦入試は人物重視、一般入試は学力重視と言われてきました。

しかし当然、どちらも問うことができた方が良いわけです。

そこで推薦入試でも学力試験が課され、一般入試でも人物を問うためのテストや面接などが課されるようになると言われています。

>>1ヶ月で早稲田慶應・難関国公立の英語長文がスラスラ読めるようになる方法はこちら

 

定期的に志望校のホームページをチェックしよう

 

各大学もセンター試験の廃止に伴い、配点や採用する試験などを決定していきます。

定期的に志望校のホームページをチェックして、方針を知っておきましょう。

自分がどのような方針で勉強していけば良いかを先に知っておかないと、遠回りの勉強になってしまいますからね。

 

センター試験の廃止と大学入学共通テストまとめ

 

共通テストに移行して一番変わったポイントは、知識で解ける問題が少なくなったという点。

特に英語は知識問題が完全になくなりましたから、以前とは全く形式が変わります。

「英語の長文をスピーディかつ正確に読めるか」が試験のほぼ100%を占めているので、徹底的に長文の読解力を鍛えてください。

長文が読めなければ、共通テストは全く正解できないといっても過言ではありません。

そして比重が2倍以上に増えたリスニングも、絶対に対策しなければいけません。

英語の偏差値が70で早稲田大学に合格した私が、長文の読解法とリスニングの勉強法をLINEにてお教えしているので、ぜひ参考にしてください!

2020年から変わる、新しい英語の試験制度に関するご質問もLINEでお受けしています。

興味がある方は、下のリンクをご覧ください。

>>1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた「秘密のワザ」はこちら!

 

ポイント

・2020年度からセンター試験が廃止され、大学入学共通テストに移行された

・英語は長文とリスニングの重要度が大きく上がった

・私立大学や国公立大学の試験も、記述問題が増えていくことが予想される

・一般入試と推薦入試の試験の差が小さくなる

・定期的に志望校のホームページをチェックしておこう





⇒【秘密のワザ】1ヵ月で英語の偏差値が40から70に伸びた方法はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら

⇒【速読】英語長文を読むスピードを速く、試験時間を5分余らせる方法はこちら









この記事も読まれています

1

私は受験生の時に、全国記述模 試で22位にランクインし、早稲田大学に合格しました。 そして自ら予備校を立ち上げ、偏差値30台の受験生を難関大へ合格させてきました。 早稲田大学卒という学歴があるため、今 ...

2

大学受験の勉強を始めるときに誰もが思うのが、「受験勉強って、何をすれば良いの!?」ということ。 「勉強を頑張るぞー!!」という気持ちはあっても、どう動けばよいか分からない。 そして少しずつ熱も冷めてし ...

3

大学受験の勉強、いつから本気出そうかな。 いつから受験勉強を始めれば、志望校に合格できるんだろう。 私も高校2年生の時、こんなことをいつも考えていました。筆者 高校がさほど頭の良いところではなかったの ...

4

模試の結果が返ってきて、良ければもちろん嬉しいですし、悪いとやる気がなくなってしまいますよね。 私が受験生の時も、模試の返却はビッグイベントで、結果を見るときはとても緊張したことを覚えています。 受験 ...

5

赤本の使い方と復習ノートの作り方!いつから何年分解く? 受験生受験勉強と言ったら赤本ですけど、いつから解くのか、どうやって復習するか全然分からないです・・・。 「赤本」は受験勉強の中で、合否に1番関わ ...

6

インターネットでは「ニッコマは超余裕」なんて書き込みを、目にすることが多いです。 私が受験生の時も「日東駒専は滑り止めにしよう」と、少し見くびってしまっていました。 現役の時の受験の結果はMARCH1 ...

7

志望校を決めるときに、国公立大学にするべきか私立大学にするべきか、悩みますよね。 少し学力の高い高校だと「国公立大学は私立大学よりも優れている」、「国公立大学を目指すべきだ」という先生方も多いです。 ...

Copyright© 予備校PISTA , 2020 All Rights Reserved.