駒澤大学グローバル・メディア・スタディーズ学部の評判!英語の傾向と対策用参考書






 駒澤大学グローバル・メディア・スタディーズ学部の英語の対策&勉強法

 

駒澤大学グローバル・メディア・スタディーズ学部の英語の傾向と対策&勉強法【駒大グローバル・メディア・スタディーズ学部英語】

 

駒澤大学の中でもちょっと変わった、対策が難しい学部がグローバル・メディア・スタディーズ学部。

駒澤大学の試験は日程が何回かありますが、どの学部も問題形式がほとんど同じです。

しかしグローバル・メディア・スタディーズ学部だけは、問題形式が全く違います。

グローバル・メディア・スタディーズ学部には「英語力と、ITを利用する能力を身につけて、世界で活躍できる人材を育成する」という理念がありますから、英語の試験が他の学部と比べて難しいんです。

英語の授業や留学支援、IT系の講義に力を入れていることもあり、就職にも強いと言われています。

そんな駒澤大学のグローバル・メディア・スタディーズ学部の難しい英語を攻略するための対策法をお伝えしていきましょう。

駒澤大学で英語を実践的に学びたいという受験生は、最後まで読んでくださいね。

>>早稲田大学の卒業生が語る!最強の英語の勉強法はこちら➡

 

駒澤大学グローバル・メディア・スタディーズ学部の英語の傾向とレベル

 

駒沢大学グローバル・メディア・スタディーズ学部の英語は

・オーソドックスな長文

・グラフや表などを見て答える問題

・空所補充型の長文

の3つが出題されます。

他の学部と比べると、「英文を読む力」が強く求められる問題形式です。

センター試験レベルの英語長文がバッチリ読めるようになっていれば、安定して合格点が取れるでしょう。

逆に英語長文にニガテ意識がある受験生は、かなり苦戦することになります。

グローバル・メディア・スタディーズ学部を攻略するカギは、「英文を読む力を鍛え上げる」ことだと覚えておいてくださいね。

 

また英語の配点が300点中200点を占めているので、合否は英語で決まると言っても過言ではありません。

グローバル・メディア・スタディーズ学部を目指す受験生は、英語が得意な方が多いです。

あなたも英語が得意科目だと、胸を張って言えるように力をつけて、受験に臨めるように対策していきましょう。

>>浪人する人は必見!私が自宅浪人で早稲田大学に合格した話

 

駒澤大学グローバル・メディア・スタディーズ学部の英語の対策&勉強法

 

ここまでお伝えした通り、グローバル・メディア・スタディーズ学部に合格するためには、とにかく英文を読めるようにしなければいけません。

5題で60分と時間制限も厳しいので、素早く読み解く力も必要です。

とは言え英文や設問はさほど難しくないので、基本的な英文がスピーディに読めれば問題ありません。

長文もテーマが分かりやすく、文量も少ないので、「読めているのに内容が頭に入ってこない」という事はほとんどないでしょう。

英文を読むための基礎力を、徹底的に鍛えていきましょう。

英文を読む力をつけるトレーニング方法は、「スラッシュリーディングで、英文がスラスラ読める方法」を読んでください。

そうすればグローバル・メディア・スタディーズ学部に合格できる確率はグッと上がりますよ。

 

大問1,2の対策法

 

大問1,2はオーソドックスな長文問題。

特にクセもなく、英文が読めていれば答えを選ぶのは難しくないでしょう。

解き方としては、

1、設問を読む

2、答えを探しながら文章を読む

3、答えが見つかったら、次の設問を読む

4、また文章を読んでいく

という流れです。

文章の流れと設問の流れが同じなので、設問を解きながら文章を読んでいくと、スムーズに進められます。

 

大問3の対策法

 

大問3はグラフや表を見て、設問に答える問題です。

この設問はまず、タイトルを確認しましょう。

タイトルを見て、グラフや表が何を表しているのかを頭に入れておかなければいけません。

そして30秒ほど、数値や内容をサラッと見て、なんとなくどんなデータが掲載されているかを把握しましょう。

後は設問を読んで、その答えを探しに行くだけです。

答えを探しに行くという意識が大切で、グラフや表をガッツリ読んでから解こうとしないように、注意してくださいね。

時間がかかってしまいますし、正答率も落ちてしまうので。

 

大問4,5の対策法

 

大問4,5は長文の空所補充問題。

基本的な英単語英熟語英文法はしっかりとマスターしておかないと、得点できません。

どれもセンター試験レベルまでカバーできていればOK。

前置詞を問う問題が多いので、単語や熟語を覚える際には、セットの前置詞も一緒に覚えましょう。

例えば[be satisfied with~=~に満足する]という英熟語を覚える際には、withが空所になっていても、それを埋められるように覚えておいてください。

語彙力や文法力を身につけるための方法は、下のリンクをご覧ください。

 

>>最速暗記!大学受験の英単語の覚え方はこちら

>>英熟語はこう覚える!前置詞に注目した正しい覚え方はこちら

>>中学レベルから、難関大学合格レベルへ!英文法の完全攻略法はこちら

 

解き方としては、英文をしっかりと読みながら、穴を埋めていきます。

ポイントは、文章の内容を把握しながら埋めていくこと。

大問4,5の空所補充問題は、文脈を理解していないと解けないようになっています。

空所の前後だけを見て解くのではなく、文章を読んで理解して、文脈に合った語句を入れましょう。

 

また分からない問題については、まずは飛ばしてください。

先の文章を読んでいくと、その内容がヒントになって解けることも珍しくありません。

飛ばした問題は、最後にもう一度解いてみましょう。

 

駒澤大学グローバル・メディア・スタディーズ学部英語の対策&勉強法まとめ

 

英語が難しいグローバル・メディア・スタディーズ学部でも、ここまでの対策をしっかり行っていれば、バッチリ合格点が取れます。

難しく配点が高いという事は、それだけ他の受験生と差をつけるチャンスなんです。

ここまでの対策を何度も読んで、徹底的に鍛えていきましょう。

そうすれば余裕を持って、グローバル・メディア・スタディーズ学部に合格できますよ。

 

>>安定して合格点を取る!最強の過去問演習法はこちら

>>駒澤大学の英語長文が、どうしても読めない受験生はこちら


⇒センター試験が廃止!3分でわかる共通テストの解説はこちら

⇒浪人する人は必見!私が宅浪で早稲田大学に合格した話

⇒【1カ月で】英語の偏差値が30上がった勉強法はこちら

⇒早稲田大学の合格者が語る!最強の英語の勉強法はこちら


>>浪人生は必見!宅浪で早稲田大学に合格した話


>>早稲田大学の合格者が語る!最強の英語の勉強法はこちら

受験エキスパート
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。 英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。 浪人期に図書館にこもって研究し、 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発券し、偏差値を73まで上げ、早稲田大学に合格。 通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。 自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。 開発した「独自の英語長文読解法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。 大学入学共通テストや英検、TEAPの対策法も研究し、無料で公開している。


⇒知らなきゃマズい!新しい英語の勉強法はこちら



























センター試験廃止で、全ての大問が英語長文に変更!


旧センター試験が廃止され、大学入学共通テストでは全ての問題が英語の文章を読む問題に変わりました!


模試や過去問を解いても、英語の長文が全然読めない・・・。
英語長文の重要度がさらに上がった今、長文を攻略できなければ志望校には合格できないといっても過言ではありません。

私が受験生の時に、1ヶ月で英語長文をスラスラ読めるようにしたトレーニング方法をお伝えしています!
1ヶ月で40前後だった偏差値が、70を超えるようになり、模試の全国ランキングにも掲載されました。
その勉強法を詳しく解説しています!
勉強や受験に関する相談も受け付けています!



Copyright© 大学受験の偏差値上がる勉強法 , 2020 All Rights Reserved.