金の漢字最強編の評判と使い方&勉強法!暗記法はこれ


⇒センター試験の英語で満点を取る回答テクニックはこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡

⇒入試までもう間に合わないかも!という受験生はこちら

⇒【無料LINE講座!】受験英語を無料で教わりたい受験生はこちら

226秒で読めます。

金の漢字最強編の評判と使い方&勉強法

 

新・英文法頻出問題演習

 

まずは、「センター試験や早稲田の漢字で満点を取る勉強法」をご覧ください。

そちらで漢字の勉強法を知ったうえで、金の漢字を進めていきましょう。

 

金の漢字最強編の特徴

 

本書は、『銀の漢字 必須編』の姉妹書であり、本書の方がハイレベルになっています。

読み・書き・四字熟語から構成されていて、言葉の意味も記載されています。

漢字の問題はあまり間違えないという人や、『銀の漢字』を終えた人が使うと良いです。

サイズが小さい上に、赤のシートが付属しているので、持ち歩いてどこでも学習可能です。

>>英語の偏差値が40から70に上がる方法、知りたくないですか?➡

 

金の漢字最強編の使い方と勉強法

 

まず最初から一通りの問題を解いていき、間違えたところや分からなかったところ、自信のなかったところに印をつけていきます。

この時は、漢字を書くタイプの問題に関してはしっかり紙に書くようにしましょう。

指で書いてみたり、頭に思い浮かべたりするのでは、細かい間違いに気付きにくくなるからです。

金の漢字の使い方と勉強法には注意点が2つあります。

>>入試までもう間に合わない!諦めたくない受験生はこちら

 

金の漢字最強編の使い方と勉強法の注意点1

 

1つ目は書き問題に関しての注意点で、間違いの原因を知っておくと覚えるのがスムーズになるということです。

例えば「鼓膜」という漢字があった時に、「膜」という漢字は知っていたものの、この字を当てるのが分からなかったという時と、「鼓」とか「膜」の漢字の形をそもそも覚えていない時では、間違いの質が違います。

前者の場合には、他の漢字との区別に気をつけようという意識で、後者の場合には、その漢字の形を覚えるようにしようという意識で復習に取り組みましょう。

 

金の漢字最強編の使い方と勉強法の注意点2

 

2つ目の注意点は、読み・書き・四字熟語全てに関して、意味を理解していない場合にも、問題の正解・不正解に関わらず別のチェックをしておきましょう。

なぜなら本書の中には漢字として重要であることのみならず、現代文読解や語彙として重要なものも数多く含まれているからです。

その後で、上述したコンパクトなサイズと赤のシート付きという利便性を活かして、印のついたところを移動中などに復習しましょう。

既に一度間違えている以上、漢字を書く問題も赤のシートで復習しても問題ありませんが、上述した間違いの質には留意しながら復習しましょう。

この復習作業は一気にやろうとせず、「何ページから何ページまで復習して覚えられたら次へ」という風に分割して行うことをお勧めします。

復習作業を何周するかは、間違いの数や個人の資質、時間の有無によって異なってきますが、巻末の索引がチェックテストになっているので、最後はこれを使って総まとめをしましょう。

この時は漢字の書き問題を再び紙に書いて解きます。

復習がしっかり行われていれば、満点近く正解することが可能なはずです。

索引には『銀の漢字 必須編』の漢字も載っているので活用しましょう。

 

金の漢字最強編の使い方と勉強法のまとめ

 

漢字の問題に関しては、『銀の漢字』と本書を終えれば、これ以上の対策は必要ないでしょう。

漢字が無数にある以上、100%網羅することは不可能ですし、時間を掛け過ぎてもあまり意味はありません。

難関大の漢字問題にも確実に太刀打ちできるようになっているはずですし、語彙力も高まっています。

後は普段問題を解いていて間違えた漢字を復習しておけば大丈夫なので、現代文読解の対策に集中しましょう。

友だち追加
↑のボタンから友達追加をして頂ければ、「無料」で私が英語の偏差値を40から、70.4まで上げた勉強法をお教えします!
このLINEアカウントに登録して、自動的に料金が発生することは一切ございません。

>>センター試験の英語で満点を取る回答テクニックはこちら
>>英語の偏差値が40から70に上がる方法、知りたくないですか?

>>入試までに間に合わないかもしれない受験生はこちら

>>LINEで無料で、英語の勉強法を知りたい受験生はこちら



⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡
受験エキスパート
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。
開発した「独自の英語長文読解法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。
センター試験の英語の対策法も研究し、無料で公開している。


友だち追加




⇒【天才?凡才?】60秒勉強センス診断はこちら!
⇒センター試験の英語で「満点」を狙う回答テクニックはこちら

⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら➡

⇒時間がない!合格を諦めかけている受験生はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡

⇒【無料LINE講座!】受験英語を無料で教わりたい受験生はこちら



【無料】LINEで英語長文の読み方を教えています!


たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める方法


単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値70.4、全国22位まで登りつめました。
その具体的な「英語長文の読み方」を、無料でLINEにてお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。


↓の「友達追加」を押した後、「追加」を押してください。
【登録者限定!】無料でセンター試験の英語で満点を取る回答テクニックもプレゼント中!

友だち追加