【大学受験エバースタディ】~大学受験の勉強法~

【神戸大学英語】対策&参考書勉強法!時間配分や配点、難易度、傾向も【神大英語】


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

418秒で読めます。

神戸大学の英語で合格点を取る対策&勉強法

 

神戸大英語

 

神戸大学の英語の傾向と難易度

 

第1問から第3問までは長文、第4問は和文英訳または自由英作文となっています。

試験時間が80分なので、500〜700wordsの長文を1題あたり20分前後で読み解かなければいけないので、かなりのスピードが必要です。

センター試験と比べると、長文の難易度も大きく上がるので、十分に対策しておかなければいけません。

自由英作文はやや難しい議題に対して、自分の意見をしっかりと英語で主張しなければいけないので、計画的に対策をしておきましょう。

 

文学部、国際人間科学部、法学部、経済学部、経営学部

理学部、医学部、工学部、農学部、海事科学部

と学部がありますが、どの学部も問題は共通です。

配点は学部ごとに異なります。

>>30日で神戸大学の英語長文がスラスラ読めるようになる方法はこちら

 

大問1,2,3:英語長文の対策法

 

英単語を定着させておこう

 

神戸大学の英語長文は、かなりのスピードが要求されます。

そこでまず大前提として、英単語の訳が瞬時に思い出せる」状態にしてください。

英単語を見て、訳を言えるようになる状態が最初のステップ。

この状態ではまだまだ。

何度も復習して記憶に定着させて、英語長文を読んでいく中で出てきた英単語を、瞬時に理解していかなければいけません。

早い段階で「暗記する」ステップを終え、「定着させる」ステップへと移行しましょう。

「入試本番までに暗記する」ではなく、「入試本番までに記憶に定着させる」という目標を設定してくださいね。

もちろんこれは英単語に限らず、英熟語英文法・英語構文にも言えることです。

>>あなたは天才?凡人?「勉強センス診断」はこちら

 

精読力を鍛えよう

 

神戸大学の英語長文は、センター試験に比べて、1文1文の文構造が複雑になりますし、文章のテーマも難しくなります。

難しい英語長文を読めるようにするためには、「精読力」が必要。

精読力とは、文構造が複雑になっても、1文1文をしっかり読み取っていく力です。

センター試験レベルまでであれば、単語を拾ってなんとなく左から右に読み進めていけば、読めることもあります。

しかし一定のレベルを超えると、それでは通用しなくなってくるんです。

精読力を鍛えるためには、自分でペンを使って英文にSVOC等の構文を書き込むトレーニングが効果的。

英語長文ハイパートレーニングなど、全文に構文の解説をしている英語長文の問題集を用意しましょう。

問題を解いたら、全文に構文をペンで振って、構文を読み取るイメージを体で覚えていきます。

センター試験レベルから徐々にレベルを上げていき、神戸大学レベルまで行えば、神戸大学の英語長文が「読める!」という感覚が分かるはずです。

精読ができていれば、神戸大学で頻出の和訳問題にも、問題なく答えられるでしょう。

精読力を鍛えるための詳しいトレーニング方法は、「1文1文を読み取る!スラッシュリーディングのやり方」をご覧ください。

 

長文のストーリーを理解しよう

 

神戸大学の英語長文では、指示語を明確にして和訳させる問題や、日本語で内容を説明させる問題が出題されます。

英文が読めているだけでなく、頭でストーリーがしっかり理解できていないと、答えられないでしょう。

コツは「1文1文のつながり、そしてパラグラフごとのつながり」を理解すること。

つまり文章を、1本のストーリーとして理解していかなければいけないんです。

ストーリーとして理解できるようになれば、多少分からない部分があっても、前後の内容から推測できるようになります。

そして筆者の主張をとらえられるようになりますし、神戸大学の内容一致問題や穴埋め問題も楽々答えられるようになるでしょう。

詳しい説明は、「論理的に文章を読む!パラグラフリーディングのやり方」をご覧ください。

>>神戸大学の英語長文が読めるようになる方法、知りたくないですか?

 

会話表現も覚えておこう

 

大問3は、長文の中に会話文が入っているケースが多いです。

さほど難しいわけではありませんが、基本的な会話表現を覚えておくと良いでしょう。

「会話問題のストラテジー」と言う参考書には、別冊で会話表現をまとめた冊子がついています。

こちらを覚えておけば、会話表現はバッチリです。

 

大問4:自由英作文の対策法

 

大問4は近年、自由英作文が出題されています。

議題に対して、40~60words程度で自分の意見を述べる問題が2問。

内容が難しいので、3つのステップを踏んで書いていきましょう。

 

ステップ1:日本語で文を書く

ステップ2:自分が英語で書けるレベルの、簡単な日本語に直す

ステップ3:英語に訳す

 

自由英作文のコツは、意見をできる限り簡単な英文で書いていくこと。

難しい表現を使う必要はないので、減点されないように書いていきましょう。

また「意見を述べるための定型句」も覚えておいてください。

「私は~に賛成です」、「~な理由から、~に反対します」、「結論は~です」など。

こうした定型句を英語で書けるようにしておくと、自由英作文がかなり書きやすくなります。

英作文ハイパートレーニング 自由英作文編」で勉強すると良いですね。

 

近年では自由英作文が出題されていますが、和文英訳問題が出題されることもあります。

有名どころの構文を含んだ日本語を、英語に直す問題です。

この形式はとにかく、典型的な構文を含んだ例文を、ガンガン暗記してしまうのがおすすめ。

例文ごと暗記してしまえば、該当の構文を使った英文を書くのは難しくありませんからね。

詳しい和文英訳の対策については、「例文暗記がカギ!英作文の対策法」をご覧ください。

典型的な構文を含んだ英文が書けるようになれば、自由英作文で表現できる幅も広がりますよ。

 

神戸大学の英語の対策&勉強法まとめ

 

神戸大学の英語は、センター試験と難易度も形式も大きく変わります。

センター試験の対策しかしていないと、たとえセンターの英語で170点以上取れても、太刀打ちできない可能性が高いです。

センター試験の前から、二次試験を見据えた、ワンランク上の勉強をしていきましょう。

 

>>安定して合格点を取る!最強の過去問演習法はこちら

>>神戸大学の英語長文がどうしても読めない方はこちら

>>英語の偏差値が40から70に上がる方法、知りたくないですか?

>>60秒でできる!あなたの勉強センス診断はこちら





⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡
大和@受験講師
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。
開発した「英語長文専用勉強法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。


⇒【天才?凡才?】60秒勉強センス診断はこちら!
⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら➡

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡



無料で、英語 長文の読み方を公開中


無料メールマガジン:英語 長文専用勉強法

たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める方法



単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値70.4、全国22位まで登りつめました。
その具体的な「英語 長文の読み方」を、無料でお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。







1:05 PM