和歌山大学の英語の対策&勉強法!二次試験の傾向と難易度も【和歌山大英語】






33秒で読めます。

和歌山大学の英語で合格点を取る対策&勉強法

 

和歌山大英語

和歌山大学の英語の傾向と難易度

 

和歌山大学の英語は大問が2題。

そして2題とも文章量の多い長文です。

長文の文章自体はさほど難しくありませんが、文章量が多めで設問は記述式の問題がメイン。

国公立大学の二次試験に多く見られる形式で、十分に慣れておかなければ苦戦することになるでしょう。

また長文しか出題されないからと言って、語彙や文法・語法、構文と言った知識をおろそかにしてはいけません。

長文の中の設問で、単語や熟語、文法、構文も問われていますからね。

>>和歌山大学の英語で合格点を取る方法、知りたくないですか?➡

 

和歌山大学の英語長文の対策法

 

和歌山大学の英語長文は文章量が多いので、文章の全体像をとらえていかなければいけません。

1文1文をただ訳していくだけでは、文章の内容が頭からどんどん抜けていってしまいます。

 

・文章のテーマを理解する

・長文の中の重要なメッセージ・主張を探しながら読む

・1文1文のつながり、そしてパラグラフごとのつながりを理解し、長文をストーリーとしてとらえる

 

上記の3つを常に意識しながら、日ごろから英語長文を読むようにしましょう。

そうすれば文章の流れを追っていけるようになるので、長文を論理的に理解できるようになります。

和歌山大学の英語長文では長文の内容について論述させる問題が頻出ですが、こうした問題にも対応できるはずです。

また本文の要約に関する問題も出題されますので、上記3点を意識した読み方がとても大切です。

 

和訳問題の解き方

 

和訳問題を解く際には、ここまでお伝えした文脈の理解がとても大切になります。

下線部だけで訳そうとせずに、文脈に沿った自然な訳を書けるようにしましょう。

また下線部の中に分からない単語や訳せない部分があった場合は、それ以外の部分をまずは訳してください。

そしてそれらをヒントにして分からない部分を推測すると、正答率が上がります。

下線部には難しい箇所があるケースが多いので、推測するトレーニングをしっかりとしておきましょう。

 

整序問題の解き方

 

和歌山大学の英語長文の中には、英文の整序問題も含まれています。

整序問題は配点が高いので、しっかりと対策しておきましょう。

以下の3つのステップに沿って解くと、意外と簡単に解けるものです。

 

STEP①文法のルールに沿って、まとめられる選択肢をくっつける

STEP②問題文の最初と最後をヒントにして、埋められるものから埋める

STEP③最後まで残った選択肢を並び替え

 

まずはこのステップに沿って、たくさんの整序問題を解いてください。

そうするとこの解き方が自然と身についていって、無意識に解けるようになっていきます。

こんなに簡単に解ける!並び替え問題の解き方」でもっと詳しい並び替え問題の対策についてお伝えしているので、ニガテな受験生はぜひ読んでくださいね。

 

同じ意味の語句を選ぶ問題の解き方

 

和歌山大学の英語長文では、下線が引かれた語句と同じ意味の語句を選ぶ問題が出題されます。

下線が引かれた語句はかなり難しいものも多く、知らない単語である可能性が高いでしょう。

そのため難しい語句を覚えるよりも「推測力」を鍛える方が、得点につながります。

下線が引かれた語句が出てきた場合、まずは前後の文章をしっかりと読みましょう。

その上で下線部の意味を選択肢を見る前に推測します。

そして推測した内容と一番近い語句を選ぶことで、精度の高い推測ができます。

 

内容一致問題の解き方

 

和歌山大学の英語長文では、内容一致・不一致問題が出題されることがあります。

数多くの選択肢の中から選ぶ問題になっているので、オーソドックスな4択問題と比べると難易度が高いです。

長文をすべて読んでから解こうとすると、正解と不正解の見分けがつきにくくなってしまいます。

そこで1つパラグラフを読むごとに選択肢に目を通し、判別できるものからチェックをつけていきましょう。

長文を読みながら問題を解けるので、正答率もスピードも上がりますよ。

 

和歌山大学の英語の対策法まとめ

 

和歌山大学の英語は日ごろから長くて難しい長文を解き、慣れておくことが何よりも大切です。

「自分は長文が得意だ!」と胸を張って言えるようになれば、和歌山大学の英語もバッチリ攻略できるでしょう。

>>和歌山大学の英語長文がどうしても読めない受験生はこちら


⇒センター試験が廃止!3分でわかる共通テストの解説はこちら

⇒時間がない!合格を諦めかけている受験生はこちら

⇒【1カ月で】英語の偏差値が30上がった勉強法はこちら

⇒早稲田大学の合格者が語る!最強の英語の勉強法はこちら

>>早稲田大学の合格者が語る!最強の英語の勉強法はこちら

受験エキスパート
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。 英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。 浪人期に図書館にこもって研究し、 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発券し、偏差値を73まで上げ、早稲田大学に合格。 通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。 自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。 開発した「独自の英語長文読解法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。 センター試験の英語の対策法も研究し、無料で公開している。


⇒知らなきゃマズい!新しい英語の勉強法はこちら

























センター試験廃止で、全ての大問が英語長文に変更!


旧センター試験が廃止され、大学入学共通テストでは全ての問題が英語の文章を読む問題に変わりました!


模試や過去問を解いても、英語の長文が全然読めない・・・。
英語長文の重要度がさらに上がった今、長文を攻略できなければ志望校には合格できないといっても過言ではありません。

私が受験生の時に、1ヶ月で英語長文をスラスラ読めるようにしたトレーニング方法をお伝えしています!
1ヶ月で40前後だった偏差値が、70を超えるようになり、模試の全国ランキングにも掲載されました。
その勉強法を詳しく解説しています!
勉強や受験に関する相談も受け付けています!



Copyright© 大学受験の偏差値上がる勉強法 , 2020 All Rights Reserved.