【大学受験エバースタディ】~大学受験の勉強法~

センター試験英語大問4(グラフ・広告文)の傾向と満点取る対策&勉強法


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

233秒で読めます。

センター試験英語大問4(グラフ・広告文)の対策&勉強法

 

センター試験英語大問4

センター試験英語大問4(グラフ・広告文)の傾向

 

大問4は、A、Bの2パートで構成されています。

それらの特徴としては、

A:説明文とグラフの読み取り問題、

B:広告文読み取り問題という形式で構成されています。

2015年~2017年のここ3年間は、この形式で出題されております。

また、大問4から語彙数がAでは600語程度と多くなっており、いかに効率よく読み問題を解いていくかが高得点の鍵となっております。

>>英語の偏差値が40から70に上がる方法、知りたくないですか?➡

 

センター試験英語大問4(グラフ・広告文)の対策&勉強法

 

全体目標解答時間:「15分」で解けるように練習をしていってください。

大問4は以降に続く大問5・6と同様語彙数が多い大問となっています。

高い集中力を要するため、試験時間の前半に解くべき大問です。

語彙数が多く読むのも時間がかかるので、設問を先に読み、何について問われているのか把握してから本文を読み進めていきましょう。

また、見直しするときのためにどの文章を根拠に解答を選んだのかすぐにわかるよう、本文に線を引き問題番号を書いておくと良いです。

>>あなたは天才?凡人?「勉強センス診断」はこちら

 

英文を読む力を鍛えておこう

 

センター試験の大問4は、テクニックよりも英文の読解力が問われます。

しっかりと英文さえ読めていれば、解き方を難しく考えなくても安定して得点が稼げるでしょう。

大問4だけでなく、大問5や6も苦手としている受験生は、まずは過去問を解く前に英語長文を読む力を鍛えてください。

英語長文が読めるようになれば、後は過去問演習をしていけばOKです。

>>センター試験の英語長文がスラスラ読めるようになる方法、知りたくないですか?

 

A:説明文とグラフの読み取り問題の対策&勉強法

 

設問の前半は設問の順に本文でも答えが出てくることが多いので、1つ1つの設問の答えを見つけていくことに集中しても問題ないでしょう。

ただし、後半の設問で文章全体のテーマを聞かれる問題があるので、その設問は最初の設問と共に目を通しておき、どの趣旨で本文が繰り広げられているのか文章全体でテーマを捉える必要があります。

また、最後の段落に繋がるのに適切な選択肢を選ばせる問題も頻出です。

これは最後の段落で問題提起がされているか、これまでの話には出てこなかった新たな話題が出てきている場合がほとんどであり、それに繋がる選択肢が答えです。

この2つのどちらかが最後の段落に潜んでいますので、その文章を見つければ答えもズレなく選ぶことができます。

 

B:広告文読み取り問題の対策&勉強法

 

このパートBの問題は、近年、3パターンのいずれかの問題で構成されています。

1つ目は広告文中に出てくるワードについて問われている問題

2つ目は広告中の表などから設問で聞かれているものがどのカテゴリーに属するか選ばせる問題

3つ目は広告中の条件と合う選択肢を選ばせる問題です。

1つ目の問題では、広告中にも聞かれているワードが必ず出てきていますので、そのワードがある文章の前後をしっかりと読み、それに合った選択肢を選べば良いです。

2つ目の問題では、設問中に数字や条件が出てきていますので、そのキーワードをしっかりとチェックし、それらを満たすカテゴリーを表中から選べば正解できます。

キーワードは丸をつけるなど、見落としてはならない部分を一目でわかるようにしておきましょう。

3つ目の問題では、消去法で選んでいく場合がほとんどです。

正解の選択肢以外はどこかが広告中の条件と合わないものです。

各選択肢の数字や条件を読み、キーワードには丸をつけ、広告中から条件を満たさないものを消去していきましょう。

>>英語の偏差値が40から70に上がる方法、知りたくないですか?

>>60秒でできる!あなたの勉強センス診断はこちら





⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡
大和@受験講師
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。
開発した「英語長文専用勉強法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。


⇒【天才?凡才?】60秒勉強センス診断はこちら!
⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら➡

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら➡



無料で、英語 長文の読み方を公開中


無料メールマガジン:英語 長文専用勉強法

たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める方法



単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値70.4、全国22位まで登りつめました。
その具体的な「英語 長文の読み方」を、無料でお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。







11:50 AM