超効率大学受験独学勉強法まとめブログ

人気記事 大学受験 政治経済の対策と勉強法

政経受験は不利?有利?政治経済のメリット&デメリット【MARCH&早稲田志望必見】

投稿日:


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

324秒で読めます。

政経受験は不利?有利?政治経済のメリット&デメリット【MARCH&早稲田志望必見】

政経受験は不利?有利?政治経済のメリット&デメリット【MARCH&早稲田志望必見】

 

政治経済で受験すると、不利になるらしいよ!

いやいや、政経受験はすごく有利らしいよ!

 

色々な噂が流れていますが、実際のところどうなのでしょうか。

政治経済を選択して、早稲田大学に合格した私が、政治経済のメリットとデメリットをお伝えします。

これで変な噂に流されて、不安になることもなくなりますよ。

 

>>政治経済で偏差値80、早稲田に合格した勉強法はこちら

 

政治経済の勉強時間について

 

政治経済は日本史や世界史に比べて、圧倒的に暗記量が少ないです。

日本史や世界史は、参考書が何冊にも分かれているケースが多いですよね。

「原始~古代編」、「近現代編」など。

 

それに対して政治経済は、1冊にまとまっています。

それだけ暗記する量が、少ないという事ですね。

その分勉強時間は、日本史や世界史に比べて短時間で済みます。

これは政経受験の大きなメリットですね。

 

私の場合は、英語8,国語1,政治経済1の比率で勉強を進めていきました。

それでも政治経済の偏差値は常に70を超えていましたし、一番の得意教科でした。

そして選択科目に時間をかけずに済んだので、英語の偏差値もぐんぐん上がっていきました。

日本史や世界史を選択していれば、英語にこれだけの時間はかけられなかったでしょう。

勉強時間の観点から言えば、日本史や世界史に比べて、政治経済は明らかに有利だと言えます。

 

政治経済で受けられる大学・受けられない大学

 

政治経済で受けられない大学リスト

 

・慶應義塾大学

・早稲田大学の文学部/文化構想学部/政治経済学部/国際教養学部

・上智大学

・立教大学

・関西学院大学

・甲南大学

 

上記のような有名大学は、政治経済では受けられないんです。

結構な人気大学が、政経受験ができないんですね。残念。

なのでこれらの大学を目指している受験生は、そもそも政治経済を使うという選択肢はありませんね。

 

政治経済の選択者のレベル

 

慶應や早稲田大学の一部の学部、上智、立教大学といった人気の難関大学では、政経受験ができないとお伝えしました。

逆に言えば、政治経済の受験生は、若干レベルが低くなる傾向にあるんです。

慶應や上智を目指すハイレベルな受験生は、政治経済を選ばないわけですからね。

 

・早稲田大学の法学部・商学部・社会科学部・人間科学部を志望する受験生

・立教大学以外のMARCHを狙う受験生

・関学以外の、関関同立を狙う受験生

・MARCH・関関同立より下の大学を狙う受験生

 

上記のような受験生には、政経受験がとても有利になります。

 

政治経済の時事問題について

 

政治経済のデメリットとして1番に上げられるのが、時事問題です。

時事問題対策が難しいから、政治経済は不利なのでしょうか?

しかし実際のところ、早稲田大学以外では、政治経済の時事問題はあまり出題されません。

出題されても2~3題程度で、合否を大きく左右するようなポイントにはなりません。

ですので早稲田大学以外の大学であれば、時事問題を対策しなくても、合格できる可能性は十分にあります。

 

逆に早稲田大学では、政治経済の時事問題が頻出です。

配点の25%程度が、時事問題から出題されるなんてこともあります。

ですから早稲田大学を目指す受験生は、時事問題を必ず対策しましょう。

 

時事問題は入試直前に、大手予備校の時事問題対策講座を受けてしまうのが、一番手っ取り早いです。

予備校に通っていなくても、講座だけを受講することもできますので、お金もさほどかかりません。

 

>>早稲田大学の時事問題の対策法はこちら

 

政治経済は、教科書に載っていないような問題が出る??

 

政治経済は、予想もできない、教科書にも載っていないような問題が出るから、不利だ!なんていう噂も良く耳にします。

たしかに、1~2題くらいは、そんな問題が出てくることもあります。

ただしそれは政治経済に限ったことではなく、日本史や世界史でも難問奇問はもちろん出てきます。

そしてそんな問題は、誰も解けませんから、そこでの差はつかないんです。

あなた以外の受験生は、教科書に載っていないような問題も解けてしまうでしょうか?

そんなことはあり得ないですよね。

誰もが同じ条件で勉強していますから、教科書に載っていないような問題をみんな解いてしまうなんてことはないんです。

 

政経受験は有利?不利?メリット&デメリットまとめ

 

・政経は、日本史や世界史よりも勉強時間がかからない

・政経で受けられない大学を志望しない受験生には、政経受験は超有利

・早稲田大学を志望しない受験生は、さほど時事問題対策は必要ない

・難問奇問も出題されるが、誰も解けないので気にしなくてよい

 

大和@受験講師

現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で
誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法
を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。

開発した「英語長文専用勉強法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。

人気記事一覧

人気記事一覧

⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら



無料で、英語 長文が読める勉強法を公開中


無料メールマガジン:英語 長文専用勉強法

たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める勉強法



単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値77.7、全国4位まで登りつめました。
その具体的な勉強法を、100名限定・無料でお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。













-人気記事, 大学受験 政治経済の対策と勉強法
-, ,

人気記事一覧