超効率大学受験独学勉強法まとめブログ

大学受験 生物の対策と勉強法

生物基礎ゴロゴの評判と使い方&勉強法【20時間でセンター生物攻略】

投稿日:


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

333秒で読めます。

生物基礎ゴロゴの評判と使い方&勉強法【20時間でセンター生物攻略】

生物基礎ゴロゴの評判と使い方&勉強法【20時間でセンター生物攻略】

 

色々な教科を勉強しなきゃいけないし、なかなか成績が上がってこないし・・・

勉強時間が足りないよー!!

 

そんなあなたにおススメなのが、「生物基礎ゴロゴ」です。

なんとセンター試験の生物を、20時間で攻略できちゃうすぐれもの。

暗記科目である生物を、短期間で一気に攻略できるので、英語や数学といったメインの教科に、より多くの時間をかけられるんです。

生物基礎ゴロゴで20時間で生物を攻略して、どんどんほかの教科の偏差値を上げていきましょう!

 

生物基礎ゴロゴって、どんな参考書?

 

生物基礎ゴロゴは、大人気の古文単語帳「古文単語ゴロゴ」の生物バージョンです。

大人気の秘密は、「楽しく覚えられること」「ゴロ暗記で高速で覚えられること」の2点です。

 

ゴルゴ13をはじめとする、数々のヒット作品を生み出した「さいとう・たかを」氏がイラストを描いているため、漫画を読んでいるような気分で勉強できるんです。

私も受験生の時、古文単語ゴロゴを勉強する時間は、息抜きの時間と考えていました。

勉強であることを忘れてしまうくらい、楽しく勉強できるんですよ。

 

そして覚えるべきことが、「ゴロ合わせ」になっているんです。

ゴロ合わせで覚えることで、地道に覚えていくよりも圧倒的に早く、インプットできるんです。

ゴロ合わせで覚えたものは、印象に強く残るので、記憶にもガッチリと定着します。

 

ゴロだけで覚えたら、丸暗記になっちゃわないの??

さすが大人気シリーズ、そんなことはありません。

ゴロの後には、しっかりとイラスト付きで、詳しい解説が書かれています。

ゴロで暗記したうえに、理解も深まれば、記憶から抜けてしまう可能性は、格段に少なくなります。

「楽しく」、「高速で」、「深く」、生物を勉強できるのが、生物基礎ゴロゴなんですね。

 

生物基礎ゴロゴのレベル

 

生物基礎ゴロゴを一冊完璧にすれば、センター試験で8割以上を狙えます。

そのあとでセンター試験の過去問や、問題集をどんどん演習していき、足りない部分を補っていけば、満点だって取れちゃいます。

 

生物基礎ゴロゴは暗記をする部分に特化した参考書なので、生物を初見で勉強するような受験生には、少し不足している部分があります。

「センター試験 生物が面白いほどとれる本」など、講義の参考書と並行で勉強していくことで、補っていきましょう。

講義の参考書で生物を体系的に理解し、生物基礎ゴロゴで暗記していけば、最速で力をつけられますよ。

 

生物基礎ゴロゴで、センターで満点を取る使い方&勉強法

 

生物基礎ゴロゴの使い方①講義の参考書と並行で進める

 

「センター試験 生物が面白いほどとれる本」などの、講義の参考書を1分野勉強したら、すぐに生物基礎ゴロゴを1分野、暗記しましょう。

1つの分野を理解し、その直後に暗記を行うことで、記憶への定着スピードがグッと上がります。

 

★暗記のポイント

 

1つのゴロに対して、そのゴロを表したイラストが1つあります。

ゴロの内容とイラストを組み合わせ、そのゴロの情景をイメージしてください。

そしてそのイメージの中に、自分を登場させて、よりリアルに味わってください。

匂いや感触、感情や気温などを感じ、本当にその場にいるようなイメージをすると、より記憶に定着しやすくなりますよ。

 

また覚える量も多いですから、どうしても苦手なゴロが出てきます。

なかなか覚えられないゴロにはチェックをつけ、重点的に覚えましょう。

それでもどうしても覚えられないようであれば、その部分はゴロではなく、正攻法で覚えてしまいましょう。

 

生物基礎ゴロゴの使い方②語句をアウトプットする

 

生物基礎ゴロゴのインプットを終えたら、次はアウトプットです。

「生物基礎早わかり 一問一答」などで、センターレベルの語句をアウトプットしていきましょう。

この際に大切なのは、「問いに該当するゴロを思い出せるようにすること」です。

ゴロを頑張って覚えていても、いざ問題になると、どのゴロを使えばよいか分からないことがあるでしょう。

ゴロと知識をしっかりと連動させて、入試問題の形式になっても、対応できるように意識しましょう。

 

生物基礎ゴロゴの使い方③センター試験の過去問を演習する

 

語句のインプットとアウトプットが終わったら、問題演習です。

センター試験の過去問を、どんどん解いていきましょう。

その中で、「あれ、これは知らなかった」という発見がどんどん出てくるでしょう。

新しく発見した知識は、生物基礎ゴロゴに書き加えていきましょう。

そうすることで生物基礎ゴロゴは進化していき、入試本番には無敵の参考書になっているでしょう。

 

生物基礎ゴロゴで、センターで満点を取る使い方&勉強法まとめ

 

・生物基礎ゴロゴは、「楽しく」、「高速で」、「深く」、生物を勉強できる

・講義の参考書と並行で進めることで、理解を深める

・苦手なゴロにはチェックをつけ、重点的に覚える

・ゴロと知識をリンクさせ、問題に対応できるようにする

・問題演習をする中で発見した新しい知識は、生物基礎ゴロゴに書き込んでいく

 

大和@受験講師
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で
誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法
を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。

開発した「英語長文専用勉強法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。

人気記事一覧

人気記事一覧

⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら



無料で、英語 長文が読める勉強法を公開中


無料メールマガジン:英語 長文専用勉強法

たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める勉強法



単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値77.7、全国4位まで登りつめました。
その具体的な勉強法を、100名限定・無料でお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。













-大学受験 生物の対策と勉強法
-, ,

人気記事一覧