【大学受験エバースタディ】~大学受験の勉強法~

センター英語長文は読まずに解く?「全部読まない」の真相とは


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

342秒で読めます。

センター英語は読まずに解く?「全部読まない」の本当の意味

センター英語長文は読まずに解く?「全部読まない」の真相

 

センター試験英語長文は、全部読まなくても解けるって、本当ですか?」

センター試験が近くなるにつれて、このような質問が増えてきます。

「センターの英語長文は、全部読まない」の真相について、お話していきます。

 

なぜセンター直前になると、こんな質問が増えるのか

 

なぜセンター直前になると、「英語長文は全部読まなくても解けるの?」なんて質問が増えるのでしょうか。

答えは簡単です。

センター試験の英語の点数が上がらない受験生が、何とかするために「裏技」を探し始めるからです。

英語長文が読めない受験生が、必死に抜け道を探しているということですね。

 

私は現役時代にセンター英語が105点、日東駒専を含む12回の受験に失敗しました。

その一番の原因は、「英語長文が読めない」ことでした。

だからこそ、直前になると「英語長文が読めなくても、点数が取れる方法はないか」なんて探してしまう気持ちも、すごくわかるんです。

実際私も、色々な裏技と呼ばれる方法を、試しました。

 

センター試験の英語は、ちゃんと作られている

 

結論から言うと、センター試験の英語で、「長文を読まずに正解する」なんて裏技は存在しませんでした。

裏技を聞いたときには、「これで点数が上がるんじゃ!?」なんて期待するんですけど、実際に模試過去問で解いてみると、そんな裏技は一切通用しないんです。

 

センター試験は長い時間かけて、多くの人が関わって作られています。

そして問題の作成者は、受験生が裏技を探し回っていることも知っています。

ですから小手先のテクニックで解けてしまうような、穴だらけの問題は出題されないんです。

もっと言えば、小手先のテクニックで解こうとする受験生を、引っ掛ける選択肢も見られます。

私も現役時代に、「裏技」に頼ってしまった結果、点数を大きく落としました。

 

センターの英語長文は「全部読まない」の本当の意味は?

 

センターの英語長文は「全部読まなくて良い」というのは、なにも選択肢だけを見て、サクっと解けてしまうとか、そういうことではないんです。

メリハリをつけて読みましょう、ということなんです。

センター試験の英語は時間制限が厳しめですから、全ての文を丁寧に読んでいたら、読むスピードが遅い受験生は、間に合わなくなってしまうかもしれません。

そこで重く丁寧に読むところと、軽くサラッと読むところを見分けることで、長文を読むのにかかる時間を短縮するのが効果的です。

 

ただしそれも同じで、「具体例は必ず飛ばす」とか、「逆説の前は読まない」とか、そういうパターンがあるわけではありません。

大切な具体例もあれば、サッと読んでも良い具体例もあります。

それは長文を読んでいく中で、文章の流れから判断することです。

 

例えば、話の内容がわかりにくいからこそ、筆者が具体例を挙げてくれていることがあります。

その時は具体例が大きなヒントになって、文章を読むカギになるでしょう。

逆に説得力を高めるために、いくつも具体例を挙げている場合は、「同じ種類の例が挙がっているな」ということさえわかれば、OKですよね。

 

このように長文においてしっかり読む部分と、軽く読む部分は、自分で読み進めていく中で初めて判断できるんです。

「ここは飛ばす」、「ここは読まない」なんてパターンを作っていると、ハマった時以外は大崩れしてしまいます。(ほぼハマらないわけですが・・・)

そうならないように、自分でしっかりと長文を理解して、なおかつ速く読める力をつけておきましょう。

 

結局センター英語は、英語長文が読めないと話にならない

 

ここまでお話しした通り、結局のところセンター試験の英語は、英語長文が読めなければ高得点は取れないということです。

裏技があるわけでもなければ、魔法のようなテクニックがあるわけでもありません。

私は現役時代の失敗からこのことに気づき、「英語長文の読み方」を考え続けました。

英語長文の読み方をマスターしただけで、たった1カ月で、センター試験の英語は9割以上、偏差値で言うと70を安定して超えるようになりました。

最終的には、早稲田大学に合格

他にもMARCHは3校受験しましたが、全ての大学から合格通知が届きました。

つまり裏技はないけれど、「正しい英語長文の読み方」をマスターすれば、短期間で英語の点数・偏差値はグンと上げられるんです。

そしてその力は、ちょっと傾向を変えられたくらいでは揺るがない、絶対的な力になるんです。

 

>>たった1カ月で、英語長文がスラスラ読めるようになった「長文の読み方」はこちら

 

東大/京大/早 慶の英語 長文の読み方・解き方のコツを大暴露 この文章はかなり長く、ほとんどの受験生は途中で読むのをやめてしまうんです。 最後まで読

 

センター英語長文は読まずに解く?「全部読まない」の真相まとめ

 

・センターの英語は、テクニックで解けるほど甘くない

・自分で読みながら、重く読む部分と軽く読む部分を見分ける

・「長文を読む力」を身につければ、簡単に9割以上が取れる

 

センター英語の並び替え/整序問題の解き方のコツ!難しい! センター試験の英語で出てくる、並び替え問題、なかなか難しいですよね。 そのうえ配点も高いので、絶対に間違え

 

センターリスニングの難易度と、満点を取る対策&参考書勉強法【大学受験】 センター試験のリスニング、結構手ごわいですよね。 今までリスニングなんか、や

 

センター英語の時間配分!解き終わらないなら解く順番を見直そう Q.センター試験の英語が解き終わりません。どうすれば良いですか? センター試験

 

センター英語の不要文の削除/選択問題の対策と解き方のコツ(大問3) センター試験の英語の大問3のBで出題される、不要文の削除問題。 「解けません!」という受

 



⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら




大和@受験講師
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。
開発した「英語長文専用勉強法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。
⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら



無料で、英語 長文の読み方を公開中


無料メールマガジン:英語 長文専用勉強法

たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める方法



単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値77.7、全国4位まで登りつめました。
その具体的な「英語 長文の読み方」を、無料でお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。










5:23 AM