【大学受験エバースタディ】~大学受験の勉強法~

人気記事 大学受験 古文の対策と勉強法

古典文法(古文文法)の勉強法と覚え方のコツ!助詞&助動詞は替え歌で【センター&早稲田】


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

57秒で読めます。

古典文法(古文文法)の勉強法と覚え方のコツ!助詞&助動詞は替え歌で

 

古典文法(古文文法)の勉強法と覚え方のコツ!助詞&助動詞は替え歌で

 

古典文法って、覚える量が本当に多いですよね。

そして頑張って覚えても、実際にどう使えばいいのかが良く分からない・・・。

覚えようとはしているけど、何のために古典文法を勉強しているのか、イマイチわかってない・・・。

そんな古典文法を、バッチリ攻略しちゃいましょう。

 

古典文法は、とにかく大切!

 

大学受験の古文では、古典文法の出題がとにかく多いんです。

古典文法は暗記がメインになりますから、絶対に落としてはいけません。

早稲田大学や国公立など、難関大学であっても古典文法は高い確率で出題されます。

 

古典文法は、古文を読むうえでも超重要。

文を構成する骨組みになりますから、古典文法をマスターしていないと、古文は呪文のように見えてしまうでしょう。

「古文が読めない」と悩んでいる受験生は、まずは古典文法をしっかりと勉強しましょう。

 

古典文法は、想像以上に大変

 

古典文法はテキトーにやれば、簡単に終わらせられます。

しかし難関大学の古典文法でも得点できるように、完璧にマスターするのはとても大変なんです。

応用力が必要だとか、そういうことではありません。

覚える量が多いうえに、それを使いこなせるようにしなければいけないからこそ、難しいんです。

「古典文法なんて楽勝だー」なんて思っている受験生は、甘い。

自分では暗記したと思っていても、穴だらけになっている可能性が高いでしょう。

 

古典文法は、出来るだけ時間をかけずに乗り切ろう!

 

大学受験は複数の教科を勉強しなければいけません。

国語のうちの1分野にすぎない古文は、出来る限り時間をかけずに乗り切りたいところです。

では難しい古典文法を、時間をかけずに乗り切るにはどうしたらよいのでしょうか?

古典文法を短時間で攻略する勉強法をお伝えしていきます。

 

古典文法の勉強法と覚え方のコツ

 

勉強法ステップ①まずは全体像をつかもう

 

今まで学校の授業や予備校で勉強した古典文法の内容は、抜けてしまっている部分もかなり多いでしょう。

まずは講義の参考書で、予備校の授業を受けているような感覚で古典文法を学びましょう。

おススメの参考書は、「古文教室」や「富井の古典文法をはじめからていねいに」です。

有名な古文の先生が、語り口調で書いてくれている参考書なので、古典文法の内容がスッと頭に入ります。

まずは必死に覚えようとせず、「古典文法とはどんなものか」を一通り勉強しましょう。

 

>>古文教室の正しい使い方はこちら

>>富井の古典文法をはじめからていねいにの使い方はこちら

 

勉強法ステップ②助詞・助動詞を暗記しよう

 

一通り古典文法を学んだら、助詞・助動詞を暗記していきましょう。

ゴールは「活用表を自分で書けるようにする」ところです。

これは大げさではなく、まっさらな紙に自分で活用表をかける力がないと、古典文法をマスターしたとは言えません。

細かいところを突かれたら、答えられないでしょう。

 

とは言え、力技で全部覚えようとしたら途方もない時間がかかってしまいます。

おススメは、替え歌で覚えてしまうことです。

歌で覚えれば時間を短縮できるうえに、記憶にも残りやすいですよね。

「富井の古典文法をはじめからていねいに」にはCDがついているので、そちらを活用してもOK。

YouTubeにある覚え歌を2つ紹介しますので、ぜひ使ってくださいね。

 

助詞・助動詞覚え歌 ヨドバシカメラ編

 

助詞・助動詞覚え歌 崖の上のポニョ編

 

今は色々な替え歌があって、GReeeeNのキセキや、アナ雪のメインテーマバージョンもありました。

ぜひYouTubeで検索して、自分の好きな替え歌で覚えましょう。

 

勉強法ステップ③アウトプットしよう

 

古典文法をインプットしたら、これで終わりではありません。

入試で問われたときに、正しい知識を引っ張り出せるようにトレーニングしましょう。

基礎から学べる入試古文文法」や「ステップアップノート30古典文法基礎ドリル」です。

「あれ、覚えたはずなのに出てこない・・・」という知識がたくさんあることが分かるでしょう。

この時に、「もっとここを覚えなきゃいけなかったんだ」、「もっとこうやって覚えなきゃいけないんだ」というのが見えてきます。

ここで覚え方を見直して、もう一度覚えなすことが大切なんです。

どちらの参考書を使ってもOKですが、必ず全ての問題をマスターしましょう。

一問たりともミスしない状態になったら、次のステップへ進んでください。

 

>>基礎から学べる入試古文文法の使い方はこちら

>>ステップアップノート30 古典文法基礎ドリルの使い方はこちら

 

勉強法ステップ④実践的な問題に挑戦しよう

 

古典文法を覚えたら、入試問題で問われても答えられるようにしましょう。

古文の文章の中で文法が問われるので、難易度がアップします。

おススメの参考書は「古文上達基礎編読解演習45」です。

易しい入試問題の中で、古典文法を実践的に演習できます。

今まで学んだ古典文法の知識をフルに活用して、問題を解いていきましょう。

 

>>古文上達基礎編読解演習45の使い方はこちら

 

勉強法ステップ⑤古典文法を読解に活かそう

 

古典文法がマスター出来たら、学んだ古典文法を読解に活かせるようにしていきましょう。

「古文が読める」という感覚が分かるようになるはずです。

ここまでには一通り、古文単語は暗記しておいてください。

 

古文解釈の方法」や「吉野のパワーアップ古文読解入門編」です。

「古文の読み方」を詳しく教えてくれるので、覚えた古文単語や古典文法が、読解にそのまま活かせます。

古典文法の問題も答えられるようになり、古文も読めるようになれば、古文という教科はバッチリです。

 

>>古文解釈の方法の使い方はこちら

>>吉野のパワーアップ古文読解入門編の使い方はこちら

 

勉強法ステップ⑥過去問演習をしよう

 

志望校の過去問で、古典文法の問題を演習しましょう。

そうすると「こうやって聞いてくるのか」という傾向を知り、志望校特有の聞き方をされても、答えられるようにトレーニングしましょう。

また「あれ、これは知らなかったな」という新しい古典文法の知識も出てくるでしょう。

新しく学んだ知識は全て、ノートにまとめておいてください。

今まで学んだ知識に加え、さらに細かい知識を1つ1つ追加していくことで、また少しずつレベルが上がっていきます。

入試本番には、誰にも負けない古典文法力が身に付いているでしょう。

 

古典文法(古文文法)の勉強法と覚え方のコツ!助詞&助動詞は替え歌で!まとめ

 

ここまでお伝えした通りに古典文法を勉強すれば、難関大学でも十分に余裕を持って攻略できる力が身に付いています。

ただしほとんどの受験生は、「覚えたつもり」で終わってしまうんです。

自分では覚えたつもりでも、入試本番で問われると全く答えられない。

逆にこの壁を乗り越えられれば、古典文法は間違いなくあなたの自信となり、武器となってくれます。

自分に甘くならず、完璧に古典文法をマスターできるよう、気合を入れて頑張っていきましょう。

 

>>古文はこう勉強する!早稲田教育で満点を取った古文の勉強法はこちら

>>5倍速暗記!古文単語を最速で覚える方法はこちら

 

大和@受験講師
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で
誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法
を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。

開発した「英語長文専用勉強法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。

人気記事一覧

人気記事一覧

⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら



無料で、英語 長文の読み方を公開中


無料メールマガジン:英語 長文専用勉強法

たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める方法



単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値77.7、全国4位まで登りつめました。
その具体的な「英語 長文の読み方」を、無料でお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。













人気記事一覧