【大学受験エバースタディ】~大学受験の勉強法~

【英熟語の覚え方】覚えられないイディオム暗記のコツは、語呂合わせ?


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

76秒で読めます。

英熟語の覚え方】覚えられないイディオム暗記のコツは、語呂合わせ?

 

英熟語/イディオムの覚え方!暗記のコツは語呂合わせ?覚えられない人必見

 

難関大学に合格する為には、英熟語の勉強は避けて通れません。

とはいえ英熟語って、大学受験の勉強をするまで、あまり触れてこなかったですよね。

なじみがない分、英単語に比べて覚えにくいと感じる受験生も多いようです。

私も受験生の時は、英熟語の暗記に苦しまされました笑

 

そして英熟語は、文法や長文の問題の中でも問われるケースがとても多いです。

つまり英熟語は、入試本番の得点に直結するということですね。

 

・英熟語の最速暗記法

・入試本番の得点に直結する、英熟語の覚え方

 

の2点をお伝えしていきます。

どうせ英熟語を勉強するなら、偏差値アップにつなげたいという受験生は、ぜひ読んでくださいね。

 

>>【たった1カ月で】難関国公立・早慶の英語長文がスラスラ読めるテクニックはこちら

 

英熟語の参考書の選び方

 

まずは、英熟語の参考書の選び方からです。

有名な英熟語の参考書と言えば、「速読英熟語」、「システム英熟語」、「解体英熟語」、「英熟語ターゲット」などがあります。

どの英熟語帳も、1000個程度の英熟語を網羅しているので、どれを使っても難関大学の英熟語をカバーできます。

 

ただし英単語に比べると、英熟語の出題頻度は低いので、優先順位はやや低くなります。

1000個もの英熟語をいきなり覚えようとすると、「うわ、大変すぎる・・・」と嫌になってしまうかもしれません。

たくさんの熟語に触れたは良いものの、どれもうろ覚えになってしまうことも。

そうならないためにも、まずは最重要の英熟語を、ピンポイントで覚えていきましょう。

おすすめは、合格英熟語300です。

難関大学でなければ、合格英熟語300の英熟語でカバーできるケースも多いでしょう。

 

さらに上を目指すのであれば、最重要の英熟語と英単語を完璧にしてから、有名どころの英熟語帳に取り組みましょう。

英熟語帳には、それぞれ特徴があり、どれが必ずしも良いということはありません。

自分に合った英熟語帳を1冊選び、その1冊を入試本番まで使い続けてください。

 

>>これでもう迷わない!英熟語帳の選び方はこちら

 

英熟語/イディオムの覚え方①まずは英単語を覚えよう

 

「英単語を覚えましょう」というのは、これまでに何度も言われたことでしょう。

しかし「英熟語を覚えましょう」とは、あまり言われてこなかったのではないでしょうか。

これは英熟語に比べて、英単語の方が出題頻度が高いからです。

英語長文の中に出てくるワードも、単語の方が熟語より間違いなく多いですからね。

英熟語と英単語、どちらが大切かと言われればもちろんそれは英単語です。

基本的な英単語を完璧に覚えることがまずは最優先です。

 

とは言えもちろん、英熟語を覚えなくて良いというわけではありません。

大学のレベルが上がれば上がるほど、英熟語は当然のように出てきます。

基本的な英単語をマスターしたら、英熟語の暗記へと進んでいきましょう。

 

英熟語/イディオムの覚え方②暗記の負担を減らそう

 

英熟語をできる限りスピーディに覚えるコツは、まずは前置詞を理解することです。

例えば[for]という前置詞は、この場から、何か先のものを目的とするような場合に使われます。

日本語にするのであれば、「~のために ~に向けて」という使われ方が多いです。

 

例えば、[left for~]という英熟語は「~へ出発する」と言う意味です。

left=出発する

for=~のために ~に向けて

の2つが組み合わさって、「~へ出発する」という意味の、[left for~]という熟語になっているんです。

 

[for sale]という英熟語は、「売り物」という意味です。

sale=販売

for=~のために

の2つの意味が合わさって、「売るためのもの」つまり「売り物」となるわけです。

 

基本的な英単語と前置詞を覚えていれば、推測できる英熟語は結構多いんです。

「推測できる英熟語」を覚えないようにすることで、英熟語の暗記にかかる時間を減らせます。

この点から見ても、先に基本的な英単語を覚えておくと、英熟語の暗記がしやすくなるんです。

基本的な英単語を覚え、前置詞を理解してから英熟語を覚えることで、スピーディに英熟語を覚えていきましょう。

 

英熟語/イディオムの覚え方③音声から入るのもあり

 

英熟語がどうしても覚えられないという受験生は、音声を聴きましょう。

目で見るだけでなく、耳から音を入れ、それを自分で発音することで、自然と体を英熟語に触れさせます。

そうすると「英熟語って覚えにくそうだなー・・・」という英熟語に対するアレルギーが薄れていきます。

また色々な角度から覚えておくと、記憶に定着しやすくなります。

もちろんリスニングで英熟語が流れてきたときにも、反応しやすくなるでしょう。

 

速読英熟語や英熟語ターゲットなどのCDを使うのが効果的です。

費用が気になる場合は、インターネットの無料の辞書の発音機能を活用しましょう。

全部の音声を聴いているのが大変だという場合は、苦手な英熟語のみ、音声を聴きましょう。

 

>>速読英熟語の正しい勉強法はこちら

>>英熟語ターゲットの正しい勉強法はこちら

 

英熟語/イディオムの覚え方④一回で覚えようとしない

 

人間は覚えたものの60%以上を、次の日には忘れてしまうと言われています。

6日後には、8割近くを忘れてしまうとのこと。

ただでさえ馴染みがなく、覚えにくい英熟語ですから、何回か覚えただけではすぐに忘れてしまうでしょう。

大切なのは「何回も目に入れること」です。

1回の暗記にかける時間を短くして、何度も目に触れることで、長期記憶としてインプットしましょう。

そうすれば記憶に定着するだけでなく、思い出すまでにかかる時間が短縮されます。

英語長文を読むスピードの向上にもつながるでしょう。

 

英熟語/イディオムの覚え方⑤セットの前置詞は書けるように

 

入試問題では、英熟語を出題する際に、セットの前置詞を問うことが多いんです。

よくある形式としては、前置詞の部分が空欄になっていて、そこを埋めさせるような問題です。

 

ですので入試本番で英熟語を得点源にするためには、「セットの前置詞が何であったか」を明確に覚えておく必要があります。

英熟語を見て、訳を言えるようになるだけでは、まだまだ不十分ということです。

特にセットになる前置詞によって、大きく意味が変わるような英熟語は、狙われやすいので要注意です。

 

おススメは、英熟語を書いて覚えることです。

そうすれば入試本番で前置詞を問われても、バッチリ答えられますよね。

また英熟語は英単語に比べて覚えるのが難しいですから、目で見るという作業に加えて、書くという作業を追加してやることで、覚えやすくもなります。

 

英熟語/イディオムの覚え方⑥例文を活用しよう

 

英熟語を覚える際には、文中でどのように使われているかを確認することが大切です。

例えば[bring home to A B]が「AにBを痛感させる」という意味だと覚えようとしても、なんとなくイメージがわきませんよね。

Aってなんだ、Bってなんだ、痛感させるって、どういうものを痛感させるんだろう・・・。

イメージがつかめていないと、覚えるのが難しいですよね。

 

The movie brought home to me the realities of the war.

その映画は、戦争のリアリティを私に痛感させた。

 

という例文を見れば、「なるほど、こういう風に使うんだな」というイメージがつかめますよね。

そうすると覚えやすくなるのはもちろん、英文の中に紛れてても、難なく訳せるでしょう。

 

英熟語/イディオムの覚え方⑦英熟語を使って文を作れるようにしよう

 

英熟語は、並び替え問題や英作文和訳問題でも問われます。

例えば、[as if ~]という英熟語を覚えるときに、

まるで~かのように…まるで~かのように…

と覚えていると、英作文並び替え問題で問われたとき。

 

あれ、as if~って結局どの部分に入れればいいんだっけ??

となりかねません。

英熟語は英単語と違って1語でないため、丸暗記では対応できない可能性が高いんです。

 

そこで目指すゴールは、1つ1つの英熟語で、文を作れるようにすることです。

He teach English to us as if he were a teacher.

このように例文が作れれば、並び替え問題でも英作文問題でも、和訳問題でもバッチリ得点できます。

ちょっと大変ですが、自分で例文を作れるようにして、丸暗記ではなくイメージできる状態で暗記しましょう。

 

>>並び替え問題の勉強法はこちら

>>英作文の対策法はこちら

>>和訳問題の解き方はこちら

 

英熟語/イディオムの覚え方⑧過去問模試、問題集で問われた英熟語を覚えよう

 

過去問模試、問題集で問われた英熟語は、入試本番でも問われる可能性が高いです。

自分で英熟語ノートを作って、1つずつ追加していきましょう。

ただし英語長文に出てきた英熟語を、すべて覚える必要はありません。

文中に出てきた英熟語をすべて覚えていたらキリがないですからね。

二度と出てこない英熟語も多いでしょう。

ですから設問で直接問われた英熟語のみ、ノートにまとめておいてください。

そうすれば入試本番での得点力がグッと上がりますよ。

 

>>偏差値70を超える!模試の復習法はこちら

 

英熟語/イディオムの覚え方。暗記のコツまとめ

 

英熟語を覚えるだけでも、意外と奥が深いというのが分かっていただけたでしょうか。

入試の得点に直結する形で、なおかつスピーディに、そして忘れないように。

工夫しながら英熟語を覚えていきましょう。

 

・まずは最重要な英単語・英熟語を覚えよう

・基本的な英単語と前置詞を覚えることで、暗記の効率がグッと上がる

・1回で覚えようとせず、何度も目に入れよう

・セットの前置詞は、書けるようにしておこう

・例文を作れるようになれば、得点力がアップする

 

>>英文法もこれで完璧!大学受験の英文法の勉強法はこちら

 



⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら




大和@受験講師
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で 「誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法」 を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。
開発した「英語長文専用勉強法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。
⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら



無料で、英語 長文の読み方を公開中


無料メールマガジン:英語 長文専用勉強法

たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める方法



単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値77.7、全国4位まで登りつめました。
その具体的な「英語 長文の読み方」を、無料でお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。










5:19 PM