超効率大学受験独学勉強法まとめブログ

人気記事 大学受験 英文法の対策と勉強法

センター英語の並び替え/整序問題の対策と解き方のコツ!難しい!

投稿日:


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

449秒で読めます。

センター英語の並び替え/整序問題の解き方のコツ!難しい!

 
センター英語の並び替え/整序問題の解き方のコツ!難しい!

センター試験の英語で出てくる、並び替え問題、なかなか難しいですよね。

そのうえ配点も高いので、絶対に間違えられない。

センター試験の英語で高得点を取るためには、並び替え問題は徹底的に対策が必要です。

 

ここではセンター試験の英語の並び替え問題を解くための、すぐに使えるテクニックをお伝えします。

次に過去問を解くときや、模試を解くときには、並び替え問題で満点が取れるかもしれない、それくらい即効性のあるテクニックです。

そしてセンター試験だけでなく、私大や国公立の2次試験の並び替え問題でも、バッチリ得点出来ちゃいます。

ぜひ並び替え問題のテクニックをマスターして、点数を稼いでいきましょう。

 

センター試験で過去に、実際に出題された問題を例にして、一緒に解き方をマスターしていきましょう。

 

語句を並び替えて空所を補い、文を完成させよ。

 

Children of six ______ (______) ______ (______) ______ they are with an adult.

①are not prermitted ②and under ③to use ④unless ⑤the swimming pool

 

センター英語の並び替え問題の解き方①選択肢を減らす

 

並び替え問題を解く際、どこにどの選択肢を入れればよいのか迷い、頭がこんがらがってしまいがち。

逆に言えば、受験生を迷わせるために、できる限り選択肢を分解して、難しく見せているのです。

ですからまず初めに、選択肢同士をくっつけ、選択肢を減らしていきましょう。

 

例えば今回の問題。

 

「permit to  A(動詞)で、Aをすることを許す」

①are not permitted→③to use

 

これで選択肢が

①are not prermitted to use ②and under ③unless ④the swimming pool

と4つになります。

かなり難易度が下がったと思いませんか?

 

さらに

「use=~を使う」

ですから、useの後には「使うもの」、つまり目的語を置かなければいけません。

「~を使う」の目的語となるものは、もちろん名詞です。

今回の場合は、名詞は④the swimming poolしかありません。

 

①are not permitted→③to use→④the swimming pool

 

これで選択肢は

①are not prermitted to use the swimming pool ②and under ③unless

なんと3つになってしまいました!

3つの並び替え問題だと考えれば、かなり難易度は下がりますよね。

 

ポイントは、「文法的にこれしか考えられない」という選択肢をつなげることです。

 

センター英語の並び替え問題の解き方②最初と最後を埋める

 

語句を並び替えて空所を補い、文を完成させよ。

 

Children of six ______ (______) ______ (______) ______ they are with an adult.

①are not prermitted to use the swimming pool ②and under ③unless

 

選択肢を減らせるところまで減らしたら、空欄の最初と最後を埋めましょう。

空欄の最初と最後は、元の文とつながっているので、ヒントが多く与えられています。

逆に真ん中の部分は、ヒントがまったくないので、ここに選択肢を埋め込んでいくのは危険ですね。

 

今回の場合は、最後の空欄を見てみましょう。

空欄の後ろが[they are]

つまり、主語述語があるので1つの文が成り立っています。

1文の途中で主語述語が出てくるのですから、この前には「接続詞」が入りますよね。

今回の場合は③unless(~でない限り)しかありません。

 

すると残る選択肢は、

①are not prermitted to use the swimming pool ②and under

の2つだけになりましたよ!

 

ここでのポイントも、「空欄の最初と最後に、文法的にこれしかありえない」選択肢を入れることです。

 

センター英語の並び替え問題の解き方③選択肢を並び替える

 

語句を並び替えて空所を補い、文を完成させよ。

 

Children of six ______ (______) ______ (______) unless they are with an adult.

①are not prermitted to use the swimming pool ②and under

 

ここまできたら、やっと選択肢を並び替えていきます。

ここで大切なのは、「すべての選択肢、文を訳す」ことです。

やってみましょう。

 

Children of six=6歳の子供

unless they are with an adult=彼らが大人と一緒でない限り

①are not prermitted to use the swimming pool=水泳用のプールを使うことは許されない

②and under=???。

 

こんな感じです。

②and underは、文脈によって訳し方が変わりそうなので、「???」としておきます。

 

ここまでの要素をつなげると、

「6歳の子供は、水泳用のプールを使うことは許されない、彼らが大人と一緒でない限りは。」

となりますね。

 

ここに残った②and underを入れてみましょう。

 

Children of six ②and under

とするのか

the swimming pool ②and under

とするのかのどちらかしか選択肢はありません。

 

自然な訳を考えてみると、

6歳の子供に②and underをつなげて、

 

「6歳以下の子供は、水泳用のプールを使うことは許されない、彼らが大人と一緒でない限りは。」

となりますよね。

 

Children of six and under are not permitted to use the swimming pool unless they are with an adult.

この文が正解になります。

 

センター英語の並び替え問題/整序問題の解き方のコツまとめ

 

①選択肢を減らす

②最初と最後の空欄を埋める

③選択肢を並び替える

 

この順番で解いていけば、難しい並び替え問題の難易度が、ぐっと下がります。

今までは、いきなり選択肢を並び替えて、頭がこんがらがっていた受験生も、ぜひこの解き方で挑戦してみてください。

配点の高い並び替え問題が、得点源になりますよ。

 

大和@受験講師
現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で
誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法
を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。

開発した「英語長文専用勉強法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。

人気記事一覧

人気記事一覧

⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら



無料で、英語 長文が読める勉強法を公開中


無料メールマガジン:英語 長文専用勉強法

たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める勉強法



単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値77.7、全国4位まで登りつめました。
その具体的な勉強法を、100名限定・無料でお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。













-人気記事, 大学受験 英文法の対策と勉強法
-, ,

人気記事一覧