超効率大学受験独学勉強法まとめブログ

センター試験を受けないのもOK。私大志望がセンターを受ける意味


⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

325秒で読めます。

センター試験を受けないのもOK。私大志望がセンターを受ける意味

センター試験を受けないのもOK。私大志望がセンターを受ける意味

 

私大に行きたいなら、センター試験って、受けなくてもいいんじゃないかな??

でも周りのみんなはセンター試験受けるし、やっぱ受けた方が良いのかな

 

一人でそんな悩みを抱えている受験生も、少なくないのではないでしょうか。

受験生の時に、センター試験を受けなかった私が、あなたのその悩み、今すぐ解決します。

これで今日から、迷いなく勉強に集中できますよ。

 

私大志望者は、センター試験を受けない方が良い

 

あくまで持論ではありますが、私大志望者はセンター試験を受けない方が良いと考えています。

私はセンター試験を受けませんでしたが、無事に早稲田大学に合格しました。

滑り止めとして、MARCHも抑えられました。

これで、私大志望者は、「必ずしもセンター試験を受ける必要はない」ということは、わかっていただけたでしょう。

ではなぜ、「私大志望者は、センター試験を受けない方が良い」のでしょうか。

 

私大志望者が、センター試験を受けるデメリット

 

デメリット①センター試験の対策に時間を取られる

 

センター試験は本命じゃないと分かっていても、大きな試験を前にすると、やはり対策をしたくなってしまいます。

周りの受験生もセンター試験の対策をし始めるので、なおさらその気持ちも強くなっていきます。

そうすると、本命である志望校の対策がおろそかになってしまいがちです。

また目の前の試験で1点でも多くとることに気を取られて、その場しのぎの勉強をしてしまい、勉強のペースが乱れてしまうこともあります。

長い目で見ると、センター試験の対策をすることは、本命の合格率を下げることになりかねないのです。

 

デメリット②点数が悪かった時に、かなり落ち込む

 

本命でない分、中途半端な対策になり、思った以上に点数が悪くなるということも珍しくありません。

この時、ものすごくショックを受け、しばらく勉強が手につかなくなることもあります。

そして「あれ、志望校の入試でも失敗するんじゃないかな」、なんて思い、自信を失っていくケースも。

 

学校や予備校では、センター試験の点数暴露大会が始まります。

その時に自分の点数が悪いと、誰にも会いたくなくなることも。

中途半端な対策でセンター試験で失敗すると、取り返しのつかないことになるかもしれませんよ。

 

デメリット③2ランク下の大学しか、合格できない。

 

国公立を目指すハイレベルな受験生は、毎日センター試験の対策をしています。

彼らとの勝負に勝って、滑り止め校を抑えるのは、至難の業です。

そのため、難易度は高くなり、2つ下のランクを抑えられればOKという感じです。

MARCHに合格する受験生であれば、成城あたりは難しいけれど、日大あたりなら何とか滑り込めるといった具合ですね。

逆に言えば、センター試験で抑えられる滑り止め校なら、一般試験で合格できる可能性は極めて高いわけです。

そう考えると、あえてセンター試験で滑り止めを取りに行く意味は、あまりないんですね。

 

じゃあ、私大志望者は、絶対にセンター試験を受ける意味はないの?

 

私大志望者が、センター試験を受けるデメリットばかりを上げてきましたが、メリットもあります。

このメリットとデメリットを比較して、あなたがセンター試験を受けうるか、受けないかを選んでもらえればと思います。

 

私大志望者が、センター試験を受けるメリット

 

メリット①危機感がわく

 

私大の一般入試は、一般的に2月からがメインになります。

センター試験より3週間ほど後に、私大の一般入試が始まるという流れですね。

私大の一般入試はセンター試験より遅い分、「まだ時間があるな」と、エンジンのかかりが遅くなってしまう受験生もいます。

ですので、センター試験をまずは1つの目標において、受験までの危機感をあおるというのも1つの手です。

なかなか危機感がわかないという受験生にはおススメです。

 

メリット②受験に慣れることができる

 

センター試験を受ける前日は、きっと早く寝るでしょう。

そして朝早く起き、絶対に遅れないように試験会場に向かいます。

試験を受ける前はテキストで復習。

試験時間に間に合うように必死に問題を解きます。

 

この一通りの流れを終えると、「受験ってこんな感じなんだな」というのが分かります。

そうすると私大の一般入試が始まっても、少し落ち着いて試験に臨めますね。

「センター試験はあくまで場慣れするために受ける」

と、割り切れるのであれば、センター試験を有効活用できるでしょう。

 

私大志望者がセンター試験を受ける意味、まとめ

 

私大志望者がセンター試験を受けると、大きなデメリットがあることもわかっていただけましたでしょうか。

「周りが受けるから自分も受ける」

ということをすると、取り返しのつかないことになりかねません。

デメリットとメリットを比較して、あなたが納得する判断をしましょう。

 

現役時は大手予備校に通い、120万円を浪費する。
英語長文が読めないことが原因で、日東駒専を含む12回の受験全てに失敗。

しかし、浪人期にインターネット上で
誰でも難関国公立・早慶の長文がスラスラ読める読解法
を発見し、偏差値を77.7まで上げ、早稲田大学に合格。
通っていた偏差値55の高校からは唯一の早稲田合格者だった。

自ら東京に立ち上げた予備校や、当サイトでの指導を通して、勉強法に改良を加え続けている。

開発した「英語長文専用勉強法」で多くの受験生が飛躍的に成績を伸ばしている。

⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら



無料で、英語 長文が読める勉強法を公開中


無料メールマガジン:英語 長文専用勉強法

たった1ヶ月で、国公立・早稲田・慶應の英語長文がスラスラ読める勉強法



単語も文法もちょっとは勉強したのに、英語長文が全然読めない・・・
こんな悩みはありませんか?

私はこの状況を打ち破り、偏差値40から偏差値77.7、全国4位まで登りつめました。
その具体的な勉強法を、100名限定・無料でお伝えしています。
短期間で一気に偏差値を上げ、色々な人に自慢したいあなたはぜひ登録してください。













-センター試験の対策と勉強法

合わせて読みたい記事!



⇒【なぜ!?】単語や文法を勉強しても英語長文が読めない方はこちら

⇒【天才?凡人?】勉強センス診断はこちら

⇒【1カ月で】早慶・国公立の英語長文がスラスラ読める勉強法はこちら